ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・
by saheizi-inokori
カレンダー
最新のコメント
> sweetmitsu..
by saheizi-inokori at 21:23
雨は夕刻には止んで晴れ間..
by sweetmitsuki at 20:50
> テイク25さん、もう..
by saheizi-inokori at 19:15
久しぶりの雨が嬉しいです..
by テイク25 at 17:57
> takoomesan..
by saheizi-inokori at 16:34
花盛りやねぇ、こっちはこ..
by takoomesan at 16:13
> ikuohasega..
by saheizi-inokori at 08:44
> ikuohasega..
by saheizi-inokori at 08:43
信州も花盛りですが富士山..
by ikuohasegawa at 07:37
献芹、覚えました。
by ikuohasegawa at 07:25
> j-garden-h..
by saheizi-inokori at 06:52
> soymedicaさ..
by saheizi-inokori at 06:48
たて続けにケチがつくと、..
by j-garden-hirasato at 06:42
最初(もしかして禁酒を)..
by soymedica at 00:02
> sweetmitsu..
by saheizi-inokori at 22:31
> jarippeさん、..
by saheizi-inokori at 22:27
「献芹」という言葉がある..
by sweetmitsuki at 21:44
アマニ油 どうなんですか..
by jarippe at 18:02
> j-garden-h..
by saheizi-inokori at 08:32
快晴とはいきませんでした..
by j-garden-hirasato at 06:40
梟仲間
Pushpin Diar...
春夏秋冬
酔流亭日乗
江戸川土手を歩く
まさかり半島日記
あぱかば・ブログ篇
HOME★9(ほめ・く)別館
あんつぁんの風の吹くまま
楽餓鬼
あじさい通信・ブログ版
Tangled with...
うろうろ、ごそごそ。
響の言葉
猫額洞の日々
tommy先生の「世相を斬る」
断想
空の下 歩けば
mitsukiのお気楽大作戦
季節の窓  Seaso...
八十代万歳!  (旧 七...
書をつま弾く、そして歌う。
流木民
963-7837
日本庭園的生活
新・クラシック音楽と本さ...
八王子便り
カラシニッキ
気ままな読書ノート、絵手...
無言歌      ...
Quel temps f...
三百六十五連休
イーハトーブ・ガーデン
ふくよかさんがゆく
隊長ブログ
なすびの花は無だばかり
楽なログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
+nao日記+
胡乱亭
幸せごっこ
芙蓉のひとりごと
easy-writer
ポーチ ド ポッチ(ブログ)
黒い森の白いくまさん
絵文字や顔文字は苦手です。
EL PAJARO
好都合な虚構
殿様の試写室
..., and trips
BOOKS WANDE...
私がローマで独りで始めたわけ 
一茶、二茶、三茶。
- Une phrase -
いけのさい~子育てと教育...
フランクフルトのロッテン...
新・はんきちのつぶやき
梨の木日記
喫茶はるねこ
BEAUTIFUL THING
時のしっぽ
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
吾亦紅の晴れ時々くもり
光と影をおいかけて
ゆっくり生きる
酒彩・食彩・たまに旅
ブロ友パソコン相談室
ちょんまげブログ
だるまさんが転んだ♪
シェーンの散歩道
四季折々に
舞台の備忘録
山歩路通信―さんぽみちつ...
おいしいは嬉しい
一人の時間を大切に
絵日記日和
お庭のおと
続・八曜社
時流れるままに
花の時 風便り
ルソイの半バックパッカー旅
あれこれ逍遥日記 Vol.2
くみこにっき
日記のような写真を2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
唐古呂春夢 ♯1
光さんの日常
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
世に倦む日日
野ウサギの足跡
66歳専業主婦の生活♪
霧島の森よりキルトととも...
シークレット・エージェン...
昨日より今日 今日より明...
風のとおる家から
元気ばばの青春日記 気持...
お転婆シニアのガーデニン...
ほぼ独り暮らしの日々。 ...
噺の話
介護する私
ヒロままの小さな部屋通信。
今が一番
春のよき日に vol.3
Live & let live
幾星霜
ないものを あるもので
老いの小文
心の万華鏡2
なんでもブログ
ひなたぼっこの時は主に背...
句集「山麓」
rin時日報3
四月の魚
霧島の森よりキルトととも...
暁橋のたもとから
NOEMI
春のよき日に vol.4
気の向くままに
mita2637のブログ
多良岳の仙人
Tangled with...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
多分駄文のオジサン旅日記...
マダムTAKA華麗なる日...
最新のトラックバック
カテゴリ
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
2018年 10月 16日

物語の面白さ、背景の愉しみ 映画「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」

きのうは週末銚子に行くための切符を買いに恵比寿駅まで行ったついでにガーデンシネマで映画を見た。



400年前のオランダアムステルダムの活気に満ちた喧騒と猥雑。
光と影が交錯するなかで人々の欲望が蠢きぶつかり合う。
久しぶりにドラマテイックな油絵のような映画をみた。
男女の出会いと運命に翻弄されるところなど落語で聴く圓朝の世界にも通じるかな。
e0016828_06305475.jpg
今日は長男の誕生日。
難産だったのに会津で仕事だからと東京の病院で初めて会ったのは生まれて三日目だった。
けさも仏壇にお詫びと感謝の手を合わせた。
”冷たい男”というのは死ぬまで治らない、バカと一緒だな。
e0016828_06301658.jpg
息子の誕生日とはまったく関係ないけれど、これからぶらっと旅に出ようかと思う。
行き先も決めていない、日帰りになるか泊ってくるか。
気が変われば一時間で引き返すかもしれない。



by saheizi-inokori | 2018-10-16 06:59 | 映画 | Trackback | Comments(6)