閏29日の意味って?

うるう年、29日。
不思議な日だ。
明日は3月1日、だけどいつもの年だと2日。
突然そうなったんじゃなくて、4年間毎年少しづつ積み立ててきた貯金を吐き出しているようなものか。

そうだとするといい加減に過ごしちゃもったいないね。
特別な一日にしよう!
ウンウン、うなって力瘤をいれてみたけれどどうもいつもと変わらないんだな。

来年の誕生日には今年の誕生日より前年比一日分年を取るんだろうか。
ジャア、訊くけど(誰に?)”年を取る”ってどういうことだい?
”過ぎた”ってことか。
過ぎることって何か意味があるのか?
いちんち遅く一年が過ぎることって何か意味あり?

閏29日の意味って?_e0016828_23454389.jpg


来年の誕生日に俺がどういう状態でいるかが問題じゃないか。
いちんち過ぎるごとに老いさらばえて366日分老いさらばえるんだったら365日で一歳年を取った方が”年の割には若々しい”ってことになるのか。
エントロピーの法則は不滅だからいずれは耄碌の極致に行くのだろうが、俺自身がどう生きていくか、とくに精神的に好奇心や挑戦する心を失わずにいるかどうかが問題だ。

そう考えると毎日が29日なのかもしれない。

それにしても29日を祝うイベントとかってあるのだろうか?
考えてみれば希少価値のある日付だものもっといろいろ騒いでもいいんだろうに。
4年に一度じゃ引き合わないってか。

写真は深川「みやこ」・深川めし。
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2008-03-02 10:58
タイトル : 月は変わったけど...
3月に入ってからは「狭心症」がきません。アレは2月29日だけの「狂信笑」だったのか。 しかし発作の最中に暴れて捻ったりぶつけたりしたらしい左の足首の痛みが増しています。 「痛みが増す」というのは捻挫より骨折を疑わせます。 週明け、月曜日に整形外科までソロソロ行ってきます。 車で行くような距離じゃないし...ブルに背負って行け、と言ってますが返事しません。 驚いたのは、僅か3日ばかりの内分泌腺機能低下の結果、体重が3キロ、ウェストが3㎝、体脂肪が10ポイント以上、一挙に膨らんだことです。長...... more
Commented by ginsuisen at 2008-03-01 00:28
私の友人は、この閏の29日生まれ。そのせいなのかなんなのか、いろんなことに達観しているところがあり、さめているところもあります。4年に一度の本当の意味のお祝いメールをさっきしましたー。しかし、来年のことは、本当にわかりませんね。お互いに大事にしましょう、毎日が誕生日と思って。
Commented by henry66 at 2008-03-01 03:58
深川めし、知ってます。門前仲町によく散歩に行きます。
あそこのお寺と、その隣の神社の横綱碑を見に行くのを楽しみにしています。佐平次さんともすれちがったことがあるかもしれませんね。お寺のそばの漬け物屋の筍の漬け物はちょっと高いけど好物です。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-01 06:17
ginsuisenさん、すべての人が参加できるオリンピックみたいなものですね。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-01 06:19
henry66さん、その店は「近為」ですか?
店先でちょっとした御飯も食べられる。
いい店ですよね。
Commented by 74mimi at 2008-03-01 08:03
今年は一日余分で「もうかった気持ち」になっています。
こちらは今日が29日なのですよ。

「深川めし」どんなお味なのかしらと色々想像しています。
テーブルが素晴らしいですね。お椀の色も。
Commented by 高麗山 at 2008-03-01 12:06 x
門前仲町で食べた深川飯、もう15年も前になる。
それはそうと、「深川飯」、「深川丼」どちら?
池波小説で調べてみたが、“梅安”が一人鍋で食べる、あさりの剥き身の大根鍋しか思い当たらない。“船頭飯”は、具材が蕪の味噌汁だし?
Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-01 14:47
高麗山さん、

>それはそうと、「深川飯」、「深川丼」どちら?

アサリの味噌汁をぶっかけたのが「深川丼」で、コレを上品に改良して炊き込みにしたのが「深川飯」でしたよね。

サラリーマン最後の職場が「モンナカ」だったので、思い出すとホロリとします。あれから20年か。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-01 15:40
>とくに精神的に好奇心や挑戦する心を失わずにいるかどうかが問題だ。

そう考えると毎日が29日なのかもしれない。

時計で正確に日付を特定すると、私は29日に生まれて初めての「狭心症」の発作を3回起こしました。

コレは2月29日だけの特異現象だったことにしておきたいのですが、毎日が29日だったら...

ま、それもいいか。話の種にはなる。原稿の種にできればゼニになる。
老いれば「好奇心」だけがエネルギー、エンジン駆動力ですよ。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-01 20:55
74mimiさん、さっぱりした味でした。深川鍋は結構味噌が濃厚でしたが。
そうか、鍋の後だったからそう感じたのかもしれません。
全体に関西とは違って濃い味付けですね。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-01 20:59
高麗山さん、Count_Basie_Bandさんのコメントのとおりです。
池波さんの本はあまり詳しくないのですが剣客商売のお春が作ったあさりご飯とは違うようです。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-01 21:01
Count_Basie_Bandさん、やっぱり!よきにつけあしきにつけ何かが起きる日なのですね。
無事に終わった事を感謝しなきゃ。
Commented by tona at 2008-03-02 09:05 x
うるう年の29日についての哲学的?考察が面白かったです。
今まで何回もあったのに、この日に生まれた人のことしか考えたことがなくて。オリンピックのようにイベントがあってもいいなあと思いました。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-03 08:57
tona さん、ね?ソウ思うでしょ!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2008-02-29 23:53 | よしなしごと | Trackback(1) | Comments(13)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori