なぜ女性が行列なのか? 「かもめ食堂」

かもめ食堂、大人気。特に女性が行列。ゆったりした清潔な映画だ。なぜこんなに女性がつめかけるのか考えてみた。
なぜ女性が行列なのか? 「かもめ食堂」_e0016828_22491662.jpg
まず”脱出願望”。なにか”今”から抜け出したい。脱出して自立。本当の自分はこんなはずじゃない。とまで言うといいすぎかな。「やりたいことをやってるっていいなあ」といわれて「やりたくないことをやらないだけよ」と答える主人公。いいねえ。しかも成功するんだ。見終って幸せを感じるためには成功しなきゃ。

脱出先はフインランド。これはもうこの映画の急所だ。NYでもパリでもない。まして東京や弘前でもない。沖縄ですらない。北欧フインランドの港と森、市場もきれいだった。白夜。ヘルシンキだからこそ店の名前がドンピシャで泣かせる。かもめ食堂。それっぽくなくてそれしかないネーミングだ。
なぜ女性が行列なのか? 「かもめ食堂」_e0016828_2245792.jpg
そしてやることはレストラン。食。イタリアン?フレンチ?違うんだなあ。日本の家庭料理の店。オニギリ、鮭の塩焼き、とんかつ、、。スローフードです。主人公はプール通いと合気道の訓練を欠かさない。なんといっても健康を軸にしたライフスタイルが素敵。ロハスです。レストランと彼女のマンションの調度・インテリアのデザインが又なんともかっこいい。上等な家具の情報誌のグラビアだ。素敵だけれど料理だってなんだってやろうと思えば私たちにも出来そうなことばかり。オリンピックで優勝しろってんじゃない。手の届く仕事だよね。
なぜ女性が行列なのか? 「かもめ食堂」_e0016828_22461573.jpg
新劇を見るようなユーモラスな登場人物のやり取りが日常の中の非日常感を強める。あまりにリアルでは”憧れ”とはなりえないもんね。フインランド、白夜、そうそう森の中のキノコ狩りや呪いのわら人形という童話を思わせるエピソードもチャンとあって、個性的な主人公たちのスローテンポなやり取りがゆったり感を強める。
なぜ女性が行列なのか? 「かもめ食堂」_e0016828_22471181.jpg
フインランドのいろんな人々と日本人相互と、これは”理解しあう”物語でもある。日本食に対する理解でもある。分かり合う、分かってもらう。
そして”あいさつ”と”許し”がスパイスとなって映画の味を引き立てている。

思いつくことをあげてみたがこれらがなぜ”女性”に特に受けるのか?と聞かれれば「さて」というしかない。男の俺も面白かったんだから。
トラックバックURL : https://pinhukuro.exblog.jp/tb/3144435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 平気の平左 at 2006-04-03 23:12
タイトル : ハラゴシラエしてから観るのだ 「かもめ食堂」
評価;70点 かもめ食堂 オールフィンランドロケ!と言う割には、フィンランドっぽいロケ場所ではないなぁ。 と最初は思ったんですが、 雰囲気はなんかのんびりとしていて、あちこちに鮮やかな色も見られ、フィンランドらしい映画でした。 売れない食堂をアイデアを出して人気の食堂にするサクセスストーリー! というのとは少し違います。 雰囲気がゆったりした中で特にオチもすごい盛り上がりもなく進む映画。 でも、なんか癒されますし、雰囲気は独特でよいです。 だいたい役者が濃すぎ! 小林聡美、片桐は...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2006-04-03 23:45
タイトル : 【劇場鑑賞30】かもめ食堂(ROUKALA LOKKI)
いらっしゃい(o゜▽゜)ゝ♪ ハラゴシラエして歩くのだ。 かもめ食堂。 それはフィンランドの ヘルシンキにありました。 ... more
Tracked from こばけんdays at 2006-04-04 01:08
タイトル : 【観た映画】かもめ食堂/原作:群ようこ
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこが、北欧の国フィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、 ゆったりのんびりなんとなく交流を繰り広げていく脱力ムービー、観てきました。 この『かもめ食堂』、原作はこの企画のために群ようこさんが書き下ろしたとのことで、 単行本が1月に刊行されていますが、 こちらを読む前に映画『かもめ食堂』を観る機会を得たのでした。 なんか、ほゎあ~んとして、良かったですよ。... more
Tracked from マダム・クニコの映画解体新書 at 2006-04-04 15:04
タイトル : かもめ食堂 /ガラスの壁 
道路に面した食堂の大きなガラス窓と合気道・・・。この映画のエッセンスはそこに詰まっている。  滅多にないのだが、至福の映画がある。できることならいつまでも観ていたい・・・。本作は、そんな気分にさせてくれる貴重な逸品だ。 かもめ食堂  このところ、女性ならではの視点で撮った若手監督の作品が注目を浴びている。この映画もその一つ。荻上直子(「バーバー吉野」「恋は五・七・五!」)の第3作だ。フィンランドの首都ヘルシンキへ来て、たった一人でおふくろの味の和食堂を営む、30代の日本人女性サチエをめぐる人間模...... more
Tracked from cinnamon&#39.. at 2006-04-04 23:35
タイトル : 『かもめ食堂』
『かもめ食堂』 を観に銀座まで。 予想外に混んでいる館内に驚きつつもゆったりと鑑賞。 たくさんの笑いがちりばめられていて、観終わったあとは晴れやかな気分に そして、美味しそうな食堂メニューにおなかがペコペコになってしまいました。 おにぎり・鮭... more
Tracked from ライターへの道。女32歳.. at 2006-04-05 23:35
タイトル : かもめ食堂
         かもめ食堂(2006年、メディア・スーツ) http://www.kamome-movie.com/   監督・脚本:荻上直子  原作:群ようこ 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マクルス、    マルック・ペルトラ、他          夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。 店主は日本人で、名前はサチエ。 誰もが気軽に入れて、思い思いに自由で楽しい時間を過ごしてくれる食堂が作りた...... more
Tracked from 万歳!映画パラダイス〜京.. at 2006-04-08 22:14
タイトル : ナイステイスト!!「かもめ食堂」
 笑って泣かせる。これはチャップリン以来の映画の王道だが、話題の「かもめ食堂」(萩上直子監督・脚本)はこれをさらっとやってのけた。予想をはるかに超える傑作だった。前評判を知らず、単にいつも参考にしている「MovieWalker」の「見てよかったランキング」で、3位に...... more
Tracked from ザ☆乙女部 at 2006-04-08 23:07
タイトル : かもめ食堂を味わう
かもめ食堂を味わう為に銀座へ行ってきました。 突然、火曜日の夜“あ、かもめ食堂が観たい!”と思い出し、ネットで検索! その後リンクさせて頂いている皆様のブログを巡回していたらなんとsaheizi-inokoriさんが既に鑑賞済みだったようでブログに感想が書かれていました。 奇遇、奇遇☆ 余計に観たさに拍車がかかりました(w もぉ、楽しい!の一言☆ 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこと出ている人があまりにも個性的なので余計に笑えます! 本当におかしいんです! 映画館で映画を観てい...... more
Tracked from ロハスな生活で健康ライフ at 2006-04-12 14:43
タイトル : ロハスの意味はご存知ですか?
今の私たちと未来の子どもたちの為に「エゴでエコなロハスな生活」を考えています。安心で安全な地球のためにも…... more
Tracked from やっぱり邦画好き… at 2006-04-13 01:33
タイトル : 『 かもめ食堂  』
 公式サイト 映画 『 かもめ食堂  』  [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日 本   【2006年春ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:荻上直子 脚 本:  〃 原 作:群ようこ [ キャスト ] 小林聡美 片桐はいり もたいまさこ ヤルッコ・ニエミ タリア・マルクス マルック・ペルトラ ハラゴシラエして歩くのだ。 かもめ食堂。 それはフィンランドのヘルシンキにありました。 「ここならできると思った...... more
Tracked from 団塊世代のロハスな日々 at 2006-04-13 11:10
タイトル : 団塊とロハスつながりでヨロシク!
健康に留意して、環境にも配慮しながら、ゆったりとマイペースに人生を楽しむことがブログのテーマです。肩を怒らせ、まなじりを決したロハスではなく、「なんちゃってロハス」「いい加減ロハス」「プチロハス」的生活をしようと思っています。... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-04-17 22:34
タイトル : 『かもめ食堂』
それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ□オフィシャルサイト  『かもめ食堂』 フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。 店主は日本人女性のサチエさん(小林聡美)。 メインメニューはおにぎり。 でもお客さんはなかなかやってきません。 サチエ...... more
Tracked from カノンな日々 at 2006-04-18 10:40
タイトル : かもめ食堂 /小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
ヨカッタぁ、最高ォォ!コレ、絶対チョーオススメですッ!めっけもんの当たりクジって感じでとっても気分いいです。監督は「バーバー吉野」「恋は五・七・五!」の荻上直子さん。この監督の力量はやっぱり本物ですね。「バーバー吉野」を気に入った方ならまず大丈夫、基本的....... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-04-18 16:48
タイトル : 『かもめ食堂』
ほのぼの優しく居心地のいい かもめ食堂。 食べることは生きること。 オリジナリティをもって、マイペースでいこう! フィンランドのヘルシンキに日本人のサチエがオープンした食堂の物語。アイドル映画もあふれ、メインに置かれるのはもっぱら華のある女優というのがスタンダードな中、片桐はいりや もたいまさこを準主役に据えての個性的な味わいがスバラシイ。 純愛!だとか泣ける!だとか、押しつけがましい邦画が多い中、このかもめ食堂の押しつけがましくないところは、ヒジョーに魅力的。 その魅力が凝縮されて...... more
Tracked from 黒猫のうたた寝 at 2006-04-18 23:22
タイトル : かもめ食堂☆独り言
映画のお友達のさとうさんが絶賛♪ それは小林聡美主演の『神はサイコロを振らない』のドラマ最終回後のお話 『かもめ食堂』のサイトを覗いてみたら・・・なんか空気感が好きかも・・・ タイミングよく4月になってちょっと近場で公開決定(*^_^*) 1時間かけて越境鑑...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-04-19 02:25
タイトル : ★「かもめ食堂」
小林聡美主演。 全編フィンランド・ロケで作ったらしいね。 共演は、片桐はいり、もたいまさこ・・・すんごいオバサン・トリオ。 ... more
Tracked from 田舎暮らし@スローライフ.. at 2006-04-20 22:15
タイトル : 田舎暮らし@スローライフ情報局
田舎暮らし関連ブログです。 ご挨拶まで・・・。 ... more
Tracked from soramove at 2006-04-27 07:14
タイトル : 「かもめ食堂」おいしいコーヒーのおまじない
「かもめ食堂」★★★☆ 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ主演 荻上直子監督、2005年 フィンランドのヘルシンキの街の 「かもめ食堂」が舞台。 2度満席で入れず、3度目にしてやっと 席に座る、 こんなに情熱を傾けるような映画じゃなく 「脱力系」な...... more
Tracked from 団塊世代のロハスな日々 at 2006-05-04 15:59
タイトル : マイペース
ゆったりマイペースに人生を過ごすことこそ、ロハス的生活だと思っています。だから、団塊世代の生活はロハスです!... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-05-10 06:10
タイトル : かもめ食堂
 フィンランドを舞台にした日本映画。  日本人がフィンランドのヘルシンキで和食を売りものにするかもめ食堂を開業したものの、1ヶ月しても客が寄... more
Tracked from アンディの日記 シネマ版 at 2006-05-20 21:59
タイトル : 『かもめ食堂』
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]        (公式サイト) (公式ブログ) 癒し度 [:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】荻上直子 【脚本】荻上直子 【原作】群ようこ  『かもめ食堂』(幻冬舎刊) 【出演】 小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ/ヤルッコ・ニエミ/タリア・マルクス/マルック・ペルトラ <ストーリー> ...... more
Tracked from ラムの大通り at 2006-05-24 17:35
タイトル : 『かもめ食堂』
「この映画は映画館で観て大正解!」 ----うん。どういうこと? 「映画の中の世界が ほんとうに、のんびりゆったり。 そう、この映画は休みの日に、 ふだんの煩わしいことをすべて忘れて、 のんびり平和に過ごす……そんな感じの映画なんだ」 ----でも、それって環境ビデオと同じじゃ? 映画であるからには、なにか監督のメッセージとかあるんじゃないの? 「う~ん。そうだね。 思うに、監督の荻上直子は現代のぎすぎすした日本にあって、 みんなが忘れているもの失っているものを 映画の中で思い出してもらおうとしてるん...... more
Tracked from PLANET OF TH.. at 2006-05-30 01:07
タイトル : かもめ食堂
これも先月に見た映画。 父がたまたま原作を読んで、誘われたので見に行きました。 見に行く前日に、テレビで取り上げられたこともあり、ミニシアターが超満員。 大変な盛況ぶりでした。 ストーリーは・・・    フィンランドで日本食をメインとした"かもめ食堂"の店主のサチエ。    初めてのお客さんは日本かぶれの青年だった。    その青年に「ガッチャマンの歌を教えて」と言われて、    仕事が終わった後も思い出そうと考えていると、    偶然、日本人を見つけた。    ミ...... more
Tracked from Shoulder.jp at 2006-05-31 22:59
タイトル : ネーミング発想法
<a href... more
Tracked from 園長の♪のたりのたり♪な日記 at 2006-08-07 23:52
タイトル : 念願の「かもめ食堂」
ありがとう、長野ロキシー。{/dogeza/}{/dogeza/}{/dogeza/}{/abanzai/} シネコンができて、閉館が相次ぐ中、 頑張ってくれている長野ロキシーと松竹相生座。 古い映画館です。決しておしゃれでもなく、 見目麗しくもないけど、昔ながらのたたずまい。 そのロキシーが、封切りものだけじゃなくて、 ミニシアター系の映画を積極的にやってくれるようになった。 私のようなひねくれ映画ファンにはうれしい。 で、あの、念願の、「かもめ食堂」かもめ食堂公式HPが 土曜日から上映されている。...... more
Tracked from 雪華と、うふふ at 2006-10-03 18:08
タイトル : DVD「かもめ食堂」見たよ。
 はい、こんばんは。 日本食の中で何が一番好きですか? このフィンランドにある和食堂の一押しは、おにぎりだそうです。 ヒロイン曰く、ソウルフードなんですって。 ほんわかほんわかした、3月頃の春の日差しを発見した頃みたいな、 映画でしたよ。・・・... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2006-10-15 15:08
タイトル : かもめ食堂−(映画:2006年127本目)−
監督:荻上直子 原作:群ようこ 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) ああ、たまらない、なんて素晴らしい映画なんだ。 幻のコー....... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2006-12-06 22:59
タイトル : 真・映画日記『かもめ食堂』2回目
12月4日(月) 朝、ものすごく寒い。 眠い。 それでもなんとか繋げる。 午後6時20分に終業。 まずは渋谷へ。 TSUTAYAに行き、前の週から借りたDVDを返却。 新宿に着き、8時半から魅惑のクニオ氏と歌舞伎町で飲み。 昨日、ボクの誕生日だったのでプレゼントをいただく。 話はボクの今後の展望について。 いろいろと参考意見を聞く。 途中、大越よしはる氏が登場。 花束をいただく。 物凄く話が濃密な時間だった。 気がついたら11時を回っていた。 やばい!! ...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2006-12-07 00:20
タイトル : かもめ食堂
この映画も評判いいですね。 奮発して、ビデオ屋で準新作で借りました。(笑) DVDで鑑賞。 フィンランドのヘルシンキ。 日本人女性のサチエが一人で営んでいる開店休業状態の「かもめ食堂」に ついに初めてのお客さんの青年トンミがやってくる。 日本かぶれの彼に「ガッチ... more
Tracked from やっちんがゆく!! at 2010-02-21 17:31
タイトル : 「かもめ食堂」レビュー
かもめ食堂観たよ。 この映画はフィンランドが舞台やったとね。 しかし北の果ての異国の地で女性が一人で食堂を開くなんざ無理やろうと 思いつつも、映画を観終わった今は一人でもなんとかなるのかもしぎ..... more
Commented by Roko at 2006-04-04 00:28 x
saheizi-inokori さん☆トラバありがとうございます
力がすぅっと抜けていて、クスクスっとおかしくて、心がホンワカするような映画とでも申しましょうか?
ありそうで無かった感じの映画でしたね。
「普通にご飯をおいしく食べられる幸せ」みたいなところが大好きです。
北欧へ行ってみたくなりました。
Commented by こばけん at 2006-04-04 01:17 x
はじめまして。TBありがとうございました。

> いつくことをあげてみたがこれらがなぜ”女性”に特に受けるのか?と聞かれれば「さて」というしかない。男の俺も面白かったんだから。

激しく同意です!
男の私が観てもおもしろかった!
が、どうやら世の女性たちには非常にウケているようです。
私のブログのアクセス数とか、他の記事に比べると、とんでもないです。
検索の数もとてつもないです。

じゃ、世の女性たちが感じているものと、われわれ(と括っていいのか?)男性が感じるものにどんな違いがあるのか、と考えてみたりしたのですが、良いものに対する評価って最終的には同じところに収斂されるのじゃないかな、って気もします。

つまるところ、昔なつかしスネークマンショーじゃないですが、
「いいものはいい!」てことでw
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-04 08:25
ROKOさん、ホントに!行きたいなあ。ちょっと遠いけれど。そんなところを彼女たちが代わりに普通に_肩の力を抜いて_見せてくれたんだと思います。
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-04 08:26
こばけんさん、でも、こういう感覚を受け付けない典型は男性に多いかもね。違いが分からない男。
Commented by マダムクニコ at 2006-04-04 14:57 x
>新劇を見るようなユーモラスな登場人物のやり取りが日常の中の非日常感を強める

そうなんですね。これというものが何も無いのに、観ていて至福に浸れる・・・。
こんなに不思議な魅力にあふれた作品、滅多にありませんよね。
TBに感謝です。
Commented by tona at 2006-04-04 19:28 x
この映画内容を知りませんでした。「脱出して・・・」でノルウェーのイプセンの「人形の家」を思い出してしまいました。
自立とか食べ物とかユーモアとか外国が舞台とか女性は好きです。
Commented by mashiro30 at 2006-04-04 23:24
これ、みたいんですよ。
行列ですか?!
のりのおにぎりがとてもおいしそう・・・。おなかが空きそうな映画でもありますね。
Commented by cinnamon at 2006-04-04 23:35 x
TBありがとうございました!
私も女性にしかウケない映画だと思ってましたが、男性から観てもやはり面白いのですね♪
特別なものは何もないのに日常でもない・・・絶妙なバランスがとても良かったですね。素晴らしい映画に出会えて幸せを感じています☆
あっ、私はトンミの笑顔もお気に入りの1つでした(笑)
こちらもTBさせてもらいますね。
Commented by bekino8 at 2006-04-05 00:16
わぁ~明日見に行こうと思ってます。
見てからゆっくり読みにきまーす!
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-05 07:52
マダムクニコさん、おはよう。そういえば又みたくなりました。手法は違うけれど小津映画の味?
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-05 07:52
tonaさん、イプセンとは違って明るいですよ。透明感もあります。
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-05 07:54
mashiroさん、観てから食べるか、食べてから観るか?そこがモンダイ。両方食べる?観ながら食べる?
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-05 07:56
cinnamonさん、タヒチとは違った楽園ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-05 07:57
bekino8さん、早めに行って並ばないと・・でも今は隣もこの映画にしたから少しは良くなったかな。感想お待ちしています。
Commented by みい at 2006-04-05 16:49 x
ヘルシンキ、北欧のきれいな澄んだ空気のような映画ですね。皆さんの感想を読んで、そう思いました。3人の個性的な女性の演技も期待して、美味しそうな料理の数々も。見にいこうっと。
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-05 20:05
みいさん、今晩は。そうです、澄んだ映画です。観てください。オススメですよ。
Commented by pompu at 2006-04-07 19:57 x
saheiziさんもご存知の西麻布の「PIN」という女性だけでやっている和食のお店がこの映画のイメージ店だそうです(今は一寸お休みしているようですが)。あ~あ、おにぎり食べたくなった・・・
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-09 08:30
pompuさん、PINの方が先なのですか?そうですよね。でもかなり違うけれど・・。ヒントにしたということかな。
Commented by 園長 at 2006-04-12 21:47 x
こんちは!
これ、見たいんですぅ~!予告編を観てからずっと観たかった。
職場の映画痛tamariさんがこの週末に見てきたんですが、
第一声「おにぎりたべたくなりますよ」。
もたいまさこさん大好きなんですよ。観たいなぁ~・・・・。
長野でやって欲しいなぁ~・・・・。イジイジ。
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-12 22:44
園長さん、こんばんは。長野でもやるんじゃないですか?東京も今はかなりいろんなところでやってますよ。
Commented by 園長 at 2006-08-07 23:52 x
佐平次さんこんばんは。
ついに長野でもやったんです。
観に行ってきました!
予想通り、よかったです。感激!
TBさせてくださいねー・・。
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-08 07:36
園長さん、お久しぶりです。あつ~い長野でしょう。でも朝晩涼しいかな。長野などはかもめ食堂長野支店ができても良いですね。おいしい野菜を使って。
Commented by 園長 at 2006-08-11 00:34 x
いいですねー、かもめ食堂の支店!
職場のナリキリストさんの将来の夢は、
コミュニティレストラン。
そこで、カレーと餃子を作るのが私の夢。
メニューにおにぎりも加えましょう!
うーん、本当にいいかもぉ~~!
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-11 08:45
園長さん、私はもう少し若いときにホントに小さな料理屋をやろうと思ったことがあります。やっていたらどうだったかなあ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2006-04-03 23:00 | 映画 | Trackback(30) | Comments(24)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori