手の移植

静岡県知事の「職業差別発言」、そんなにひどい発言なのだろうか。
報道されている発言を、文字どおりに解釈すれば、公務員に比べて農業などを知的職業じゃないように貶めているようにも、読めないこともない。
後に、本人がそういう差別的意図で云ったつもりはない、公務員が公僕であることを云いたかったと弁明、6月には辞職すると云ったのにも関わらず、執拗にテレビ(記者)はおいかけてとうとう撤回に追い込んだ。
そんなにムキになるほどヒドイのか。
まず、知事の発言の全文を読んでみよう。


いささか長すぎて、新人諸君は最後までちゃんと聞いたのかどうか、気になるけれど、「野菜を売ったり、あるいは牛の世話をしたりとか、あるいは物を作ったりとか、ということと違って」をカットしてしまうか、「これら民間の職業とは異なる能力や気構えが必要になる」といえば、何の問題もなかったと思う。
「公僕、パブリックサーバントである」「人の役に立つ、社会の役に立つ」「素直で嘘を言わない」「困っている人を助ける」「上にへつらわず、下に威張らない」「勉強する」「知性を磨く」「感性を豊かにする」などはなかなかいいこと、むしろ霞が関の役人や政治家に読ませたいくらい。
もっとも、これらの教えのほとんどは、鹿児島県出水市に伝わる薩摩藩の「出水兵児修養掟(いずみへこ しゅうようおきて)」が元になっているのは御愛嬌。

手の移植_e0016828_12552442.jpg

朝鮮人虐殺の記念碑を撤去させた群馬県知事が「知事とはあんなひどい発言をする者と思われるのが許せない」とヒステリックに喚くほどのことではない。
それを云うなら、「自民党議員とはあんなひどい発言や行動をするのか」と思われることが枚挙に暇がないことを、元アベの側近として怒るべきだ。

手の移植_e0016828_12101825.jpg

「あなたの燃える左手で」読了。
題名だけ読んだら、絶対読まない小説、しかも作者の朝比奈秋も知らなかった。
それを図書館に予約したのは、きっと何かの書評を読んだからだ。

ロシアのクリミア支配後、ウクライナ侵略前のハンガリーの病院に技師として勤めていた日本人が主人公。
医師の誤診によって、左手を切断され、ない筈の左手がみえたり(幻肢)、脳が左手があると信じているために動かそうとする信号を送ってくるために起る、烈しい幻肢痛に悩まされる。
なぜか日本では行われない、手の生体移植をうける。
ポーランドの肉体労働者の白い手の移植手術は成功するのだが、、。
移植された手の記憶や習慣が主人公のそれと戦い、奇態なことも起きる。
落語の「犬の目」、犬の目を移植されて、目がよく見えるようになったのはいいけれど、塀をみると片足上げたくなる、という噺を想いだす。
作者は医師でもあるというから、医学的に変なことは書いていないと思う。

手の移植_e0016828_12563308.jpg

異なる手の侵略を抑え込もうとする気力が足りないのは、国境を意識せずに生きている島国・日本人の特徴なのか。
左手と腕からこっちの争い、左手の存在の大きさが、ウクライナとクリミアの関係に重ねられる。
腕からの移植より、手からの移植が少ないのは、それが難しいからだ。
手だけのほうが移植する量は少ないはずなのに、と島国日本人は思うが、
近代に限れば、大国同士が真正面から戦ったことすら一度もないんだ。なぜなら、お互い潰滅的なダメージを負うとわかってるからさ。

移植片の量が多いほど、拒絶反応は起こりにくくなるのさ。逆に指一本だけを移植した日には、拒絶反応で一瞬のうちに指は焼け落ちる。
と移植医師はいう。
あのね。免疫とは他者に対する寛容性のことなのだよ。持論になるがね、免疫の寛容性は常に自我の容認性と密接に関係している。人種による自我の違い、とくにヤパァナの自我の在り方は我々とはまったく違うんだ。移植後の腫れぐあいから、リハビリの進みぐあいから、まったく違う。
とも。

さて、日本人の自我の容認性は?
クリミアに住んでいたウクライナ人の妻はプラスティック爆弾で自爆テロを敢行、胴体が吹っ飛ぶのだ。

Commented by nanamin_3 at 2024-04-08 08:21
なんか、あおり運転ならぬ、あおり報道ってのを取り締まる方法はないんでしょうか。
そんなことを思ったりする今日この頃です。
みんなあっち向いてホイ、みたいに簡単に向かされすぎる気がしています。
Commented by saheizi-inokori at 2024-04-08 10:42
> nanamin_3さん、ジャーナリスティックって、どこかそういうものかもしれないですね。
でも大事なことをスルーしすぎていると思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2024-04-06 13:01 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Trackback | Comments(2)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori