饅頭こわい

カミさんにつきあって大河ドラマ「光る君へ」を見ている。
紫式部が母を殺した相手との対面で、取り乱しもせず、琵琶を弾じ、仇に問われて母が死んだのは病気によると答える。
よくこらえたなあ、芯の強い人だ、僕ならギャッと叫んで組み付いていくかもしれない。

饅頭こわい_e0016828_11142111.jpg

あのドラマに限らないけれど、とうじの人たちの暮らしは、寒くて暑くて、うまいものも食えず、遊びも少なく、貴族と言えども、今の僕からみたら、きつく辛いものだったとおもう。
まさに、往時の王侯貴族もかなわないような暮らしをしている僕。
それなのに、欲望には果てがない、もっともっと、と。
あの人に比べて、あれよりも、これよりも、比較することがよくないのだ。
ついに64キロを超えてしまった!
貧しかった子供のころの食生活に戻そう、そう思っているのに、ああ、それなのに!

饅頭こわい_e0016828_11151059.jpg

北海道産あずき 福井産きなこ 北陸産餅米 使用「おはぎ よもぎ」。
ああ、饅頭怖い!

饅頭こわい_e0016828_11155463.jpg

歯科医のあと、いつもと違う道を歩いてみた。
以前、歯科医に来る時に、いつもと違うバス停で降りてみて、途中で迷った場所にでて、カードゲームの神経衰弱の謎が解けた。

饅頭こわい_e0016828_11172160.jpg

帽子が、いや、体ごと吹き飛ばされそうな強風に抗ったり、後ろから押されたりして、それが心地よい。
心地よいけれど、問題はトイレ、句読点のようにトイレを探しては用を足す、そうやって一万歩あるいた。

まったく本を読まない日、酒を飲まない日より希少な一日だった。

饅頭こわい_e0016828_11184832.jpg
(前に、トリミング中のワンちやんが神妙に座っている、その頭の上でスマホをしていた人と同じかな)

「塩を食う女たち」(藤本和子)から。
「とうもろこし畑に寝ころんでりゃ 黒人どもは しあわせ」、
「おれたちゃ、、」とは歌わず、「黒人(nigger)どもは」と自分たちを客体化して、その「黒人ども」は労働が神聖であったり、神から下された大罰だとは考えていないぞと歌っている。
白人たちは黒人を怠け者、運命論者、無感動に蝕まれた者などと呼んだ。
しかし、ひたすら労働を忌み嫌ったり、無感動に蝕まれていたら、苦難の中で人間らしく生きのびることはできなかった。
フロレタンス・フエルナンデスという学者はブラジルの黒人の、無感動に見える生活態度について、
無感動とは潜在的な起動力をひめた状態と見ることもできる。最後まで身体の力を抜いたままでいるというテクニックを使うのだというあらかじめの選択として。
、、、つまり黒人やムラトーに許された唯一の抵抗の形式を意識的に意志的に使うわけである。黒人とムラトーの極端な無感動は個人的な自己主張の方法として現れたのだが、同時にそれは集団的抵抗の手段でもあるという意味合いをひめていた。(『流れよ、ヨルダン河』)
デモにも投票にも行かない、政治的無関心(アパシー)は、集団的抵抗の手段にはならない。
Commented by 20070707open at 2024-02-27 18:40
「光る君へ」期待はせず録画が溜まっていました。
最近晩酌の時のテレビがあまりにも面白くないので「光る君へ」の録画を観始めたら面白くて二人ではまって観ています。
あの時代は今より寿命がかなり短いと思います。
そんな一生の中で好きな人への情熱を燃やす様子が胸を打ちます。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-27 18:55
> 20070707openさん、耳が遠くなってセリフが聞き取りにくいのが、ちょっと難ですが、面白いですね。
我が家もいつもは録画が多いですが、これはそのまま見ます。
コマーシャルがないからね。
民放の番組は録画してコマーシャルを飛ばしてみるのです。
Commented by ginsuisen at 2024-02-28 09:40 x
あらら、体重増!ご飯やパンを減らして、その分タンパク質増やせば、残り糖質が脂肪になりませんよ。無理なく、美味しく!カロリー神話さよならしてください。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-28 11:45
> ginsuisenさん、甘いものと煎餅などのお菓子と全体に食べすぎ、胃が広がっているみたい、それでも昨日は3キロ台にもどしました。
Commented at 2024-02-29 23:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2024-03-01 10:02
> 鍵コメさん、よろしく^^。
Commented by tanatali3 at 2024-03-04 08:32
小さい頃、ヨモギを摘んでお袋がヨモギ饅頭を作ってくれたのをおもいだしました。店のと違い、ヨモギの香りが立っていたなぁという記憶があります。^^
Commented by saheizi-inokori at 2024-03-04 09:21
> tanatali3さん、ヨモギ饅頭、ヨモギ餅、大好物です。
台所からも香ってきましたよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2024-02-27 11:28 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Trackback | Comments(8)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori