久しぶりの一日

きのうは皮膚科、だいぶ収まってきたので、プレドニンを3ミリ/日とする。
収まったと思うと、またひどくなったり、月の満ち干のように症状が変る。
なぜなんでしょうね?原因がこれと特定できない、ちゃんとわかったら患者にとってはノーベル賞もんですね、ハハと笑う医師。

久しぶりの一日_e0016828_11291072.jpg

小雨のなかを歩く。

久しぶりの一日_e0016828_11305253.jpg

久しぶりの一日_e0016828_11313719.jpg

しずくをつけた草花が美しい。

久しぶりの一日_e0016828_11301207.jpg

河津桜が満開、こんなのを見られて、とても得をした思い。

久しぶりの一日_e0016828_11323423.jpg

どこで、ランチにすっぺ、バスの中からみたラーメン屋に行ってみたが、並んでいるのに、嫌気がさして三茶にでる。

久しぶりの一日_e0016828_11340213.jpg

三角地帯の路地を歩くと、訳アリのような店があって、入ってみたくなる。
昼から、日本酒の利き酒をしている店、若い女性がなにやら講義みたいなことをしていた。
小雨、裏道、美人、、利き酒の誘惑を断ち切って前進。

久しぶりの一日_e0016828_11345262.jpg

いぜん見てそそられたタイ料理の店にはいる。
中は満員なので、ベランダに坐ると、タイ人らしき女性がストーブをつけてくれた。

久しぶりの一日_e0016828_11360948.jpg

オール千円のメニュー、写真があって料理の内容がわかるのはいいが、みんなうまそうなので目移りがする。
カミさんが、今夜は焼肉屋に連れて行ってあげるから、ランチは軽くにしといて、と言われたが、どれが軽いのか、迷ったあげく、未知との遭遇で「イサーン地方の鍋 チムチュム」というのを頼む。

久しぶりの一日_e0016828_11364203.jpg

あっという間に出てきて、スープを一口、むせそうになるほど酸っぱくて辛い。
レモングラスとパクチー、白菜、春雨、生の玉ねぎ、牛肉などを少しづつ食べると、もう慣れてきて、なかなかいける、タイの味イイね。

久しぶりの一日_e0016828_11380148.jpg

ビニールシートの向こうが雨で煙って、歩く人の影がぼんやりして、これもなかなかいける。
白いご飯にスープを垂らしてみる、いいじゃないですか。
またこよう、そしてこんどは何を食おうか、楽しみができた。

久しぶりの一日_e0016828_11385220.jpg
(昔なんども入った千代の湯、もうやつてないようだ)

バス停の前のカフエで、「黒い海」を読み終える。

久しぶりの一日_e0016828_15591901.jpg

やはり、第58寿和丸を沈没させたのは、潜水艦らしい。
ドン、ドスンバキッ、二度の衝突音がしたのも、さいしょにセイルにぶつかり、次にぐっと潜ろうとして艦尾が上がり、縦舵が浅くなって船底に衝突したと考えられる。
調べていくと、2001年の「えひめ丸」と米軍原子力潜水艦「グリーンビル」の衝突、1981年「日昇丸」と米原潜「ジョージ・ワシントン」の衝突を始め、1970年以降で判明しているだけで30件もの潜水艦の事故があるのだ。

「ジョージ・ワシントン」のときに顕著なように、加害側が当て逃げをしようとしたり、分かっていて救助活動をしない事例が少なくない。
軍事機密のなかでも、とくに原子力潜水艦の機密保持は別格で、自軍の兵士を犠牲にしても外国の救助を断るくらいだ。
だからか、日本政府が弱腰だからか、けつきよくまだ犯人は見つからない。

それにしても、アメリカのNTSB(国家運輸安全委員会)は、400人からの職員を抱える巨大な組織で、研修施設も持ち、事故調査の内容も「えひめ丸」事件で、ファイル108件、実名入りの供述調書を含む全部で3400頁の調書が、黒塗りなしで、世界中のどこからでもアクセスできるというのは、日本の「今後の調査に差しさわりがある」との理由で一切の調査資料を公開しない運輸安全委員会とは雲泥の差がある。
筆者は運輸安全委員会を相手どつて、訴訟を提起している(係争中)。

久しぶりの一日_e0016828_11413753.jpg
(ウインターコスモス)

本書のもう一人の主人公は第58寿和丸と大事な漁師たちを失った、酢屋の社長・野崎哲さんだ。
彼はこういう不幸に遭いながら、さらに東北大震災によって、残りの船もやられ、それでも福島漁協の会長として、東電や政府との交渉の任に当たるのだ。
苦しみのなかで、野崎さんは新聞に載った石牟礼道子の「花を奉る」という詩に心を打たれる。
、、苦しいんだけど、だけど、泥の中で頑張りなさいよと言ってるわけでもなくて、ケツを叩くんじゃなくて、、、。いいなあ、石牟礼さんの言葉。どろどろの中で立つって言うんだろうな。頑張るって言うんじゃない、、、何て言ったらいいか、、

久しぶりの一日_e0016828_11424440.jpg

夜は、カミさんが近所の焼肉屋に連れて行ってくれた。
引っ越してきてすぐに行っていらい、20年近くのご無沙汰、そもそも焼肉屋に行くのも、前にいつ行ったかも覚えていないくらい、たまには、ということ、ほんとに大たまには、だ。

久しぶりの一日_e0016828_11432034.jpg

タン、ザブトン、アカミ、カルビ、どれもこれも、おお!これが焼肉だった!お久しぶり、相変わらずお主なかなかやるのう!しつこさがなく、口の中で溶けていくようだった。
こんなにうまいのなら、また来年も、、というのはちょっと欲が深すぎるってものか。

久しぶりの一日_e0016828_11445301.jpg

一日雨の中をよく歩いて、一万歩をこえたのも久しぶりだった。
81年の人生はかく過ぎていった。

Commented at 2024-02-22 12:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jyariko-2 at 2024-02-22 13:02
今日はsaheiziさんの日ですね
立派な焼き肉屋さんで スタミナ満載ですね
おめでとうございます 新しい一年がますます良い日が続きますように
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-22 14:04
> 鍵コメさん、有難う。
ランチは何を召し上がりましたか?
私はブログ友にいただいた「牡蠣ラーメン」を作って食べました。
白菜を炒めていれて、ネギはチョキチョキハサミで切ってそのまま、うまかったです。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-22 14:08
> jyariko-2さん、ありがとう。そう猫や忍者じやなく、私の日です。昨日より寒く感じられる道を歩いて図書館に行ってきたところ、途中で誘惑に負けて家から三百メートルのカフェでコーヒーを飲んでいます。
Commented by Solar18 at 2024-02-22 18:05
チュムチュム、作り方を知りたいです。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-22 18:22
> Solar18さん、私も知らないのです。
グーグルで調べました。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-22 18:32
> Solar18さん、https://thailand-navi.com/introduce/thai-hot-pot
参考までに。
Commented by doremi730 at 2024-02-22 18:58
saheiziさん、おめでとうございます。
素敵な1年になりますように♪
Commented by koro49 at 2024-02-22 19:44
おめでとうございます♪
これからも健康な日々(時々カイカイはあっても良し)でありますように。
後を付いて行きますので^^。

私も今日はランチの後、アイスコーヒーを飲みながら読書を少し。
空いていたから、もっと居れば良かったと、次回の課題。
Commented by tanatali3 at 2024-02-23 00:46
佐平次さん、成熟の歳を重ねた佐平治節、また一年、渋い味わいを期待しております。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-23 07:17
> doremi730さん、ありがとう。
もう生きてるだけで、けっこうです。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-23 07:17
> koro49さん、ありがとう。しっかりついてきてね。
二人仲良く!
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-23 07:19
> tanatali3さん、成熟とはほど遠いけど、たしかに渋くはなつてきたかな。もつと華がほしい。
Commented by Solar18 at 2024-02-23 20:06
お手数をおかけして、すみません。ぜひ作ってみたいと思います。
Commented by saheizi-inokori at 2024-02-24 06:42
> Solar18さん、きつと美味しいと思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2024-02-22 11:52 | よしなしごと | Trackback | Comments(15)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori