ボッタルガ

志ん輔のブログによれば、菊之丞が志ん生を襲名したくてやっきとなっているという。
正蔵さんをヨイショしてつる子をオフィスMをヨイショしてわん丈をそれぞれ真打に推したのも全て自分の襲名披露興行の道筋を付ける為か。
菊之丞もここに挙げられた噺家も志ん生の芸とは真反対のイヤらしい芸風、お義理にも聴きたくない噺家だ。
そんな連中を担ぎ担がれて、志ん生になろうとは、情けないことこのうえない。

ボッタルガ_e0016828_11095185.jpg

毎晩のように志ん生を聴いているが、聴けば聴くほど、彼の芸は誰にも真似のできないものだと思う。
あの息子志ん朝が志ん生を襲名するように勧められたが、自分の芸がとうてい親の境地には至っていないからと固持しつづけたのは、さすがの見識だと思う。
へんな話だが、志ん生の噺を聴いていると、心地良く眠れるのに、息子たちのでは、耳に変な刺激があって、なかなか寝付かれない。
志ん生のしゃべり方には、なんともいえない優しさや包容力がある。
話し手が前にしゃしゃり出て、むりやり笑わせようとする、そんなところが微塵もないのだ。
好きだった小三治だって、さいきんは鼻につく、自然体であることを作為しているのが見えてしまう。
いやはや、僕の好きな落語はもうなくなってしまいそうだ。

ボッタルガ_e0016828_11113125.jpg

昨日は、娘夫妻とはあちゃんが来てくれて、イタリアンの腕をふるってくれた。
野菜サラダと漬物はカミさん、サザエさん通りに出来た店から生ハム・サラミやチーズの盛り合わせを買ってきたほかはぜんぶパパの手造りだ。

ボッタルガ_e0016828_11124080.jpg

カルパッチョは、赤エビ、タコ、ブリ、ツブガイにグレープフルーツなどをバルサミコソースで。

ボッタルガ_e0016828_11132584.jpg

ベビーコーンは、うぶ毛がうまい、大きな赤んぼだ。

ボッタルガ_e0016828_11140601.jpg

からいり生ウニは、出す間際にはあちゃんが「これは腸をよく洗って取らないと」といって、自分で塩水で洗ってくれた。

ボッタルガ_e0016828_11144728.jpg

メインは「ボッタルガとヤリイカとそら豆のパスタ」、初めて食べたが、さっぱりしているけれど、玄妙な奥深い味わいの傑作だった。
ボッタルガ(からすみ)は、別におつまみでも食べる。

ボッタルガ_e0016828_11153439.jpg

僕がサザエさん通りまであるいて買ってきたハムやチーズの盛り合わせも、いろんな種類のものがつぎつぎに出てくる魔法の塔のようだった。
僕は皆につき合って白ワイン、それがチーズやカラスミとなんともいえないハーモニーだ。

ボッタルガ_e0016828_11161744.jpg

ハアちゃんは、カミさんのサラダが好きで「なんでママのはこういう味にならないの」なんて小憎らしいお世辞をいう。
高校一年、サッカーの練習がきつすぎて、とても勉強なんかできない、だと。
タイキ兄が帰国すると、また(お説教で)うるさくなるとママと二人で今から楽しみなような、心配なような。

ボッタルガ_e0016828_11165555.jpg

さいごはケーキ。
僕がスプーンひとかけのあとの「もういちど食べたくなるチョコレートケーキ」をみんなでウマいうまい、みんなもお互いに少しづつ分け合って、またウマいうまい。

ボッタルガ_e0016828_11173512.jpg

心の休まる、美味しい一夜をありがとう。

Commented by rinrin1345 at 2023-06-11 11:48
ご馳走ですね♪。最近のお料理、食材もちろんですがソースが美味しいと嫌いな野菜やお野菜やお魚も食べられますね。羨ましいご馳走ですね
Commented by jyariko-2 at 2023-06-11 12:18
ご家族皆さんの
お腹もハートも幸せいっぱいになられたことでしょうね
優しさに包まれてぐっすり朝までお休みでしたでしょうね
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-11 13:48
> rinrin1345さん、私は何もかけない野菜も好きですが、うまいソースも好きです。
年になんどかの嬉しいご馳走でした。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-11 13:49
> jyariko-2さん、落語は志ん生の枕だけ、あとは朝まで寝ました。
Commented by jyon-non3 at 2023-06-11 17:47
素晴らしい御馳走ですね。豊饒な食卓風景。💐

お義理でも聞きたくない噺家のお話ですが、ヤレヤレですね。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-11 18:12
> jyon-non3さん、でも結構人気があるらしいのが私には解せません。媚びる芸です。
Commented by doremi730 at 2023-06-11 20:05
どれも絶品ばかりの楽しい食卓で、ワインもさぞ美味しかったことでしょう!
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-11 20:49
> doremi730さん、家族が笑顔で食べるのが何よりのご馳走ですね。
Commented by shinn-lily at 2023-06-11 21:47
うーんとうなって!おいしそう・・・とつぶやいています。
パスタのお皿はもしやチュニジア産ですか?
みなさまの笑顔、見えます!
Commented by at 2023-06-12 06:26 x
志ん生、圓生はワン・アンド・オンリー、止め名でよいと思います。
優しさや包容力。北野たけしも感服しておりました。

ご馳走ですね。しかも凝ったものばかり。
色彩の奏でる初夏のハーモニー。
Commented at 2023-06-12 06:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 09:18
> shinn-lilyさん、うまいから笑顔なのか、笑顔だからうまいのか、楽しいということが物の味わいを倍化します。
お皿がどこからきたやら、モロッコあたりかな。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 09:23
> 福さん、おお、我が同志!
それにつけても志ん朝のえらさがいまさらわかります。

色彩も味覚に訴えますね。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 09:24
> 鍵コメさん、いつもそちらのご馳走で私の腹がぐ~ぐ~、たまにはね。
Commented by yunko_life at 2023-06-12 09:58
どれも華やかな上、手作り!
お喋りしながら、聞きながら、こちらも朝からちょっといい気分になりました。
サラダ、とっても美味しそうですよ。どんな作り方なのか、わたしも知りたいです。
因みにヤングコーン食べたところだけ、同じです。
ヒゲのところ、おいしいですよね。
Commented by ikuohasegawa at 2023-06-12 10:16
菊之丞が志ん生を襲名したいってか。
酢豆腐食っちゃう若旦那みたいなアンタは無理だ。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 11:17
> yunko_lifeさん、きのうもヤングコーンをカミさんが買ってきてくれてアンコール上映でした。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 11:18
> ikuohasegawaさん、ね、そう思いますよね。
権太楼の意見はどうなんだろう。
ひとさまのことかな。
Commented by maya653 at 2023-06-12 11:22
私のご近所では数か所 落語が聞ける場所があるんですが
やたらと菊之丞の出演する落語会が多くて、そんなに人気なのか?
と思って一度聞きに行きましたが、全然うまいともなんとも思わなかったです
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 11:33
> maya653さん、客に媚びる芸、一つ覚えの女の色気、とうてい志ん生の名を継ぐ器量ではないと思います。
Commented by otebox at 2023-06-12 13:26
昨日書くべきところ農作業疲れで沈没でした。
暖かなファミリーの風景を堪能させていただきました。
昔米朝さんには通いましたが落語に近いわけでも深いわけでもありません。だけど好き嫌いはありますし、(話は違うけど)関西で爆笑王なんていわれ担がれてた方が大うけ狙いのネタを出すたびに痛々しい思いでしらけてたのを思い出しました。
Commented by saheizi-inokori at 2023-06-12 14:14
> oteboxさん、東京も笑いさえ取ればいいという「悪達者」な芸人が大勢をしめて、私は亡き人たちのテープを聴くだけになりました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2023-06-11 11:25 | 人生の御馳走帖 | Comments(22)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori