魂の八球

昨夜のヤクルト対阪神の試合は凄かったなあ。
村上の52号もでたけれど、エラーも出るしファインプレーも出るし、両チーム総力戦で点を取ったり取られたり、延長に突入する頃にはザンザン降りのなかで、必死の攻防に、まさに手に汗を握った。
とくに印象に残ったのは、10回二死からセーフティバントで出塁した丸山(それまでノーヒット)がすかさず二盗を決めて、それが勝ち越しに繋がった展開、それもまた同点に追いつかれて6対6で迎えた11回に無死満塁の好機に村上の三振で「あ~あ」とため息の後、このところ三試合連続ノーヒットと絶不調だった塩見が前進守備のショートの横を抜ける二点打を決めたこと、そしてその裏、またもや阪神の猛烈な粘りでヤクルトの大西から連打で無死一、二塁のピンチを招くと、田口が登板、きょう3安打の佐藤を三球三振、糸原を初球ストレートでショートフライ、ロハスを三振、「魂の8球」で5時間17分の熱闘にけりをつけた。
ぎゃあ!とも聞こえる雄叫びをあげて後ろをむいてガッツポーズをする田口にほれぼれ。
解説の伊東が、11回に7人目の大西投手が出てくると「ここを抑えれば勝利ですね」というアナウンサーの言葉に「その、ここを抑えれば勝てる、がね、なかなか難しいのです」と言ったとおりこのところいい投球をしていた大西が一人もアウトを取れずに、絶体絶命の局面を田口に後を託さざるを得なかった。
伊東の解説はその一球ごとの選手たちの心理とあるべき姿を分かりやすく説いてみせて面白かった。
魂の八球_e0016828_12481462.jpg
(病院の庭)

きのうは朝から心臓(ペースメーカー)とCOPDの定期診断、循環器の先生にこのごろちょっと気になっていることについて他の診療科を紹介してもらった。
当日の申し込みなのに、長い待ち行列への割り込みで、エコー検査もしてもらって、異常なし、気にしなくてもよいとのこと、ありがたかった。
帰途、いつもの用賀のカレー屋で、チキンカレーとコーヒー。
「黄金虫変奏曲」を読んだ。
魂の八球_e0016828_12492725.jpg
類まれなる天才青年・スチュアート・レスラーはイリノイ大学のポスドクとして遺伝子の謎を追いかけるチームの一員となる。
たった四つの塩基、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)のどれか三っつが組になったコドン、そのひとつが一個のアミノ酸をつくる。
そのアミノ酸は20種類だ。

たった四つの塩基がどのようにして複雑極まりない遺伝情報を運び指令を下すのか。
ポウの「黄金虫」に描かれる暗号のような暗号を遺伝子は作るのだろう。
その暗号の文法はどういうものか。

レスラーは心惹かれる美しい研究者(人妻)からもらったバッハの「ゴルトベルグ変奏曲」を繰り返して聞く。
音楽の素養がなかったから最初は楽譜を読めなかったのに、いつの間にか楽譜を見ると音楽が心に響いてくるようになった。
レコードをかけなくても、ページから頭の中へアリアを転写できたのだ。
さらに聞きこんでいるうちに、ただ一つの、単純な、三十二音からなる固執低音に基づいた変奏の集まり、オリジナルの和声構造を保ちつつ、それを思いつくかぎりのデザインへとふくらませていく巨大なパッサカリアであるバッハの和声進行のあり方が、遺伝の仕組みのアナロジーであることを発見する。
しかし、そこから還元して遺伝の秘密そのものを明らかにすることはできなかった。
魂の八球_e0016828_11222799.jpg
ようやく三分の一を過ぎたあたりまで読んだ。
ストーリーの進行が遅い。
饒舌であること自体は嫌いじゃないが、秋の到来というだけのために、長々しく詩のイメージの様な言葉を羅列するのにはやや閉口する。
大事なことが含意されているのか、と読みなおしても、単に「秋になった」ということしか書いていない。
羅列された言葉に俳句を読むような喜びがあるなら、いくら長くてもいいのだが。
でももう少し読みつづけてみよう。

Commented by 20070707open at 2022-09-07 19:30
定期診断、異常がなくて良かったですね。
安心を一つ一つ積み重ねて思い煩うことのない日々を過ごすのが幸せだと思います^^
Commented by saheizi-inokori at 2022-09-08 09:51
> 20070707openさん、ありがとう。安心が一つ、不安も一つ、プラマイゼロをめぐる綱引きの日々です。
Commented by koro49 at 2022-09-08 12:43
プラマイゼロでも、今日一日を元気で過ごせることが嬉しいですよね。
このカレー、いつか食べに行きたい。

saheiziさん、又青空の下の芋煮会を是非!!!
Commented by saheizi-inokori at 2022-09-08 18:55
> koro49さん、ことしも恒例の房総パーべキューを中止しました。
芋煮となるともうやるところまで行けるかどうか、でも望んでいれば、、。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2022-09-07 12:54 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(4)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31