ふつうの町でふつうに生きてゆく 「無月の譜」

夕べも晩酌しながらヤクルト対広島を見た。
会津坂下のH君に似た村上は、四打数四三振だったけれど、延長12回でまたもやヤクルトの勝ち。
村上は去年がいちばんH君に似ていたのだが、ことしは一挙に大人っぽくなって凄みがでてきた、、
と思ったら、それはバッターボックスにいるときで、ベンチにいる顔はやはり童顔、H君だ。
延長戦になったので、二合の酒では足りずに、お~い缶ビール!
晩酌、テレビでプロ野球、思えば中学高校のころの近所のオジサン、我が憧れの親父像だ。
あれから苦節60年、ようやく憧れを実現したのだ。
白黒テレビの代わりに(ちょっと古くなった)カラーテレビ、ステテコの代わりにパジャマ、団扇の代わりにエアコンだけど。
ふつうの町でふつうに生きてゆく 「無月の譜」_e0016828_10502595.jpg
「無月の譜」を読了。
奨励会を年齢制限で退会して、敗北感やら喪失感に打ちのめされて、二度と将棋なんかするものか、と思っていた竜介。
それから20年以上を閲して48歳になった竜介は、藤井聡太少年の破竹の29連勝を伝えるテレビを見て、その29戦の棋譜を辿り直してみる。
退会するときに師匠から、「これからは将棋を楽しんでくれ、将棋は楽しいものだ」という言葉を添えて、餞別にもらった駒を見ていて、そんな気になったのだ。
数日かけて29局を並べてみて、藤井聡太少年の凄さを知る。
そして、ようやく竜介は師匠の言った「ただひたすら楽しんで将棋を指す」気持ちになったのだ。
ふつうの町でふつうに生きてゆく 「無月の譜」_e0016828_10561046.jpg
そうなるまでに、若い失意のどん底で、大叔父の遺した「無月」の駒を探して、シンガポール、バトウ・パハ、ニューヨークと憑かれたように歩き、いろんな人に会い、人生とか世界とか歴史とそこに生きる人などについての見方を広め、深めることによって、自分の挫折を相対化することができた。
その旅を描いた小説だ。

新聞連載小説のせいかなんども同じ説明や描写が繰り返され、その描写自体も冗長だ。
かなり長い叙述の後で、「次のようなことが起きなければ」と、その叙述以前の出来事をかなり長く説明するのも、その日その日の記事を「読ませる」ための工夫なのかもしれないけれど、単行本を一気に読んでいると、引っかかるのだ。
さらに、↑の旅が竜介に及ぼした意味と、それから20年以上経て達観にいたる空白との関連が分かりにくい。

そういう欠陥があるけれど、主要な部分をなす旅は、その前段の国内で遭遇する人物たちとのエピソードも含めて、楽しく読むことができた。
ふつうの町でふつうに生きてゆく 「無月の譜」_e0016828_10581460.jpg
ふつうの町でふつうに生きて死んでゆく―ひょっとしたらそれが、一人の人間が手に入れることのできる最高の幸せ、あるいは贅沢なのかもしれない。だとしたら、この「ふつう」を人に禁じ、それを不可能にしてしまうのが、戦争という人類の犯す最大の愚行の、もっとも残酷な本質なのに違いない。
これが、もう一つのテーマのようだ。
すでに起きてしまったことの意味をどう考えるかは、その人次第だ。
こんなことも言ってるのかも知れない。
Commented by 佐平次ファン at 2022-07-01 12:44 x
おっしゃるような連載小説は作者の技量不足か準備不足ですね。
まともな小説家は一話一話にヤマを作って引っ張っていきます。
もう一つのブログを私は連載小説のように読みましたよ。
Commented by りんご at 2022-07-01 17:21 x

いつもの木や町や人と生きる ふつうの幸せを心から望みます❣

真珠湾攻撃と強制収容所の日系アメリカ人を描くミュージカル「アリージャンス」
それをやりたい。ここではっきり言うと書き三十歳の若さで逝った俳優の回忌が
巡くる夏 片やキャピタルフライトし円安を望む若い富裕者達の夏 人の業の深さよ 
Commented at 2022-07-01 19:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2022-07-01 21:35
> 佐平次ファンさん、一話一話を面白くするために、敢えて前に書いたことも繰り返すのでしようね。
単行本化するときに直せばいいのに、手抜きですね。
それにしてもあまり出来のよい小説とは言いがたいと思いました。
Commented by saheizi-inokori at 2022-07-01 21:43
> りんごさん、三浦春馬ですね。
おや?三回忌ですか、もつと昔のことだと思っていました。
Commented by saheizi-inokori at 2022-07-01 21:45
>鍵コメさん、あすパソコンで拝見します。ありがとう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2022-07-01 11:02 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(6)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori