プロ野球がおもしろい

今朝も炎熱もゆる朝となった。
資源ごみを出しにいって、ガラスと缶をわけている後頭部がカアッときて、ちょっと身の危険を感じるくらい。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10302432.jpg
でも野球は、炎熱燃ゆるがいいなあ。
ドームなんてなんか別のスポーツという感じだ。
高校野球、上半身裸で「かっちゃり(かちわり氷)」を頭や脇につけてみる甲子園、大学野球だって、外野の芝生でみる神宮がいいのだ。

とかなんとかいっちゃって、きのうはまたもやグータラ、寝転がってスマホアプリで、一球ごとに「外角変化球を空振り1-2」という文字によるヤクルト対巨人戦を最初から最後まで「観戦」、かたずをのんで観戦したのだ。
大勝、大敗の後を受けての第三戦、序盤に4点差がついたが、第二戦との違いは二番手の小沢が巨人に傾いた流れを切り替える快投だった。
ソフトバンクを戦力外になって、トライアウトを経てヤクルトと育成契約をした「地獄を見た男」のみごとな復活だ。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10330398.jpg
シーソーゲームの末に、きのうは鳴かず飛ばずだった村上のスリーランが飛び出す。
会津坂下駅の助役をしていたMさんの息子に似ているのだ。
「駅長さん、遊びましょ」とひとりで遊びに来てくれたH君、今は中学の先生をしていて、過疎地の教師を続けたいからと上にいく試験をうけないのだという、そのH君に似ている村上が待ってました!値千金の大ホームラン!
そのあと巨人も意地を見せて1点差に追いつくが、力尽きて11対10、双方14本のヒットを打った4時間の熱戦は、その前の第一戦、第二戦とともに長く語り伝えられるのではないか。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10342023.jpg
ラジオの中継は子供のころからよく聞いたが、文字による中継をこれだけ真剣に見たのは初めてだ。
もっとも子供の頃は、ラジオで聞かなかったゲームは翌日の新聞の記録だけ見て、、ああ、あの頃は巨人フアンだったのだ。
汚れを知らぬ子供だったものなあ。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10352665.jpg
一年に一度、長野市営球場で巨人対国鉄が行われた。
長野電鉄・善光寺下駅から炎天下を歩いて善光寺の裏手にあるおんぼろの市営球場に行くと、すでに長蛇の列だった。
やっと席についても、試合が始まるまではタップリ時間があって、国鉄の金田投手の奥さんだという榎本美佐江の歌なんかを聞かされた。
ダブルヘッダーもみたような気がする。
投手が一塁ランナーを牽制すると「気にすんな」とアドバイスし、エラーが出ると「ドンマイドンマイ」と力づけたりもした。
ラッパや太鼓などを使った応援はなかったように思う。

プロ野球がおもしろい_e0016828_10373038.jpg
大学から社会人になって、ずっとプロ野球に対する興味はそれほどではなくなって、ヤクルトの社長と仲良くなって、しょっちゅう送って来るヤクルト対巨人戦のチケットは、社員たちに早い者勝ちであげていた。

去年の日本シリーズを全試合、テレビ観戦したのは、クライマックスシリーズで巨人を蹴散らしたヤクルトを愛でる気持からだったが、オリックスとの理屈に裏付けられた見事な試合運びに、プロ野球好きの気持ちが目を覚まされたようだ。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10384081.jpg
思えば、ラジオで聞き友人から借りてくる「野球界」「ベースボールマガジン」「大相撲」で知識を補充し憧れを育てる大相撲とプロ野球、ハガキでリクエストを書いた軽音楽、たまに行く映画くらいしか「遊ぶ」ということのない若い頃だったもの、眠っていた「遊びの魂」が目を覚ますのも当然かもしれない。
そうそう、野球と相撲はまいにち自分たちでやって遊ぶものだったしね。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10401128.jpg
寝る前に2チャンネルで山本東次郎の狂言「月見座頭」、「通圓」に魅入られたのは、日本人の血の甦りだったか。
プロ野球がおもしろい_e0016828_10405265.jpg
万作さんの「釣り狐」も素晴らしいなあと思いつつも、眠気に勝てず、、。

Commented by jyariko-2 at 2022-06-27 12:07
夕べヤクルトが勝ち決着がつきましたね
今年もヤクルト強いですねー 高津監督の現役時代カッコいいなーって思っていました
野村克也さんのニヤッとした笑顔も浮かびます
子供の頃 兄と母がラジオの野球放送を聴きながら
あれこれ騒いでいた情景まで思い出してしまいました
Commented by saheizi-inokori at 2022-06-27 18:29
> jyariko-2さん、野村野球が花開いているようで、そこも巨人ザマア見ろです。




Commented by saheizi-inokori at 2022-06-27 18:32
> りんごさん、しかしこの座頭は晴眼者の見ないものを見ているのですね。
能楽堂で観るとしみじみとします。
Commented at 2022-06-27 19:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りんご at 2022-06-27 19:18 x
そうなんですね きちんと能楽堂で観てみたかったです 
ご縁がなかった 
晴眼者という言葉 初めてです
Commented by at 2022-06-28 06:37 x
ヤクルトは清宮を外して村上を指名。
その村上が器用な打ち方(ほんとなんですよ)でHRを量産しています。
清宮の奮起が待たれます。
Commented by saheizi-inokori at 2022-06-28 09:15
> 鍵コメさん、スマホでコメントを見ていると、何かと不便です、きのうはTwitterで「日曜討論」を検索して茂木の恫喝を知りました。お気になさらずに。
Commented by saheizi-inokori at 2022-06-28 09:16
> りんごさん、山本家のお家芸らしいですよ。
晴眼者、東次郎が使っていました。
Commented by saheizi-inokori at 2022-06-28 09:19
> 福さん、素質もあったのでしょうが、ヤクルトの選手の育て方が秀でているのではないかとも。小沢怜史の復活もそれあってのことではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2022-06-27 10:45 | よしなしごと | Comments(9)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori