ばか負け、なんかしてたまるか

昨日の夕刊から。
ひとつは東京新聞「芥川賞を受賞して」(石沢麻依)、(たとえば被災地の)痛みの記憶を抱えた人たちは、その記憶について、それぞれ自分なりの距離で相対していた。
そして、その人たちの言葉に対して、私たちはうまく距離がとれないでいるのではないか。
痛みの経験を共有しようと熱心になるあまり、他者の言葉を無理に引きずり出すことにもなりかねない。語るのも沈黙を続けるのも、それは個人が決めることである。(略)
過ぎた時間にかかわらず、どれほど時間がかかろうとも、相手の語りの時機、その時に溢れる言葉を待つべきだと思っている。沈黙もまた、ひとつの言葉である。同時に、沈黙が熟した時にこそ、ようやく言葉の形が現れてくるのかもしれない。
亡母は、その言葉の多くを発しないままに亡くなってしまった。
無理に引きずりだしてはいけないが、聴こうという姿勢を見せなければならなかった。
ばか負け、なんかしてたまるか_e0016828_11023180.jpg
もうひとつは、毎日新聞「特集ワイド」で、「肩すかし」の菅氏に「ばか負け」、という見出しで、能町みね子の話。
森田健作の番組に出た菅、20年以上の付き合いだというから、あまり語られていない本音、せめて人間味のあることをいうのではないか、と期待して聞いたら、「人を動かしたり、良くしてもらったり、権力と人間関係の話ばかり。やりたいことがあるとはどうしても思えないし、本人の実像もあまりにも見えない」。
秋田出身一本やり、「どんなに嫌なことがあっても、我慢をしていれば必ず春になると雪が解ける。そこは私なんか小さいころから身についている」とスガは言ったそうで、能町は「果てしなく打たれ強いわけがわかりました」。

「『安全安心』なんて、本来当たり前ですよね。あまりにもそればかりだから、周囲はばか負けしてしまうんです」、「ばか負け」とは相撲界の隠語、相手にあきれてこちらがばかばかしくなり、根負けする、という意味。

河野太郎は、親しみを感じさせる演出ができる反面、批判的な一般利用者のツイッターは、(能町も含めて)、どんどんブロックし、気に入らない報道は「フェイクニュースと決めつけ、間違った内容でもスパッと主張し、「論破」などと云い張るいまどきのインフルエンサーに似ていて、危うさを感じるし油断できない。

丸川珠代については「自分探しのために政治家になったものの、やはりやりたいことが何もない人」。
数少ない女性閣僚の橋本聖子や丸川を「誰がやっても損する役回り。自民党はこういう『敗戦処理』に女性を配置するのが得意ですね」。

コロナ禍のこの一年半、
これほどのピンチの時でも、特に政治家は利己的だとはっきりわかりました。そちらがそこまでなりふり構わないなら、こちらも本気で反対すべき時は、反対して、対抗するぞという気持ちになっています。
ヒヤヒヤ!いいぞ、能町、がんばれ能町!
ばか負け、なんかしてたまるか_e0016828_10110550.jpg
読み終えた、ジョン・ル・カレ。
イギリスが英領ジブラルタルで、テロリストの捕獲作戦を展開する。
エリートではあっても凡庸な官僚を極秘裏に引き込む、うさんくさい大臣。
疎んじられていた正義感と野心に燃える秘書官が、その行動の謎を探る。

ル・カレワールド、あの世界の匂いはする。
話と時制が、あちこちするのが、爺には面倒ではあるが。
1931年生まれ、巨匠健在、と敢えて言っておくか。
ばか負け、なんかしてたまるか_e0016828_11031246.jpg
雨のなか、リュックを背負ってこれから皮膚科と買い物。

Commented by doremi730 at 2021-09-03 11:42
能町さん、夜中のトーク番組でスパッと本音を
小気味よくおっしゃるので、好きな方です。
ドンドン発言して欲しい、応援します。
「ねえねえ尾身さん」を開設された尾身さんも
情報発信や意見交換して、ダメな政府へ切り込むようですね。
出してもダメと「ばか負け」せずに、皆で声を出さないとね!
Commented by jyariko-2 at 2021-09-03 14:57
沈黙もまた 一つの言葉 沈黙が熟した時に・・・・・
母が「いいものは黙っていても いつか見つかる見つけてくれる・・・・」って言いました
私は「だって 発信しなくちゃ存在すら分からないじゃん」って思いました
今の時代は我先に私が私がーってアピールアピール
どちらが良いのわからないけれど 拝見して思い出しました
そして今だったら母の短歌集を作ってあげられたのにって せめて形にしてあげたかったです
Commented by 20070707open at 2021-09-03 16:02
能町みね子さん、私も好きです。
主に相撲についての語りが好きなんですけど、そっか~、相撲だけでなく政治の見方もう~ん、なかなか^^
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-03 22:10
> doremi730さん、ばかが負けたようですが、自民党という大馬鹿が活性化しているので油断できません。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-03 22:15
> jyariko-2さん、私の亡母の句集は没後に俳句仲間が編んで下さったのです。本人は生前、私が句集を作ってあげようかというと、真っ平ごめん、句集貧乏になると拒絶していました。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-03 22:17
> 20070707openさん、ばかも度が過ぎると自ら負けるのですね。
能町さんもそこまでは読めなかったかな。
Commented by jyon-non at 2021-09-04 14:17
ヒヤヒヤ!いいぞ能町、頑張れ能町!・・さへいじさんの興奮したお顔が‥目に浮かびます。(^^♪

お会いしたことがないのであくまで想像ですが。

私も同感!この異常な政権にレッドカード!

湿疹何とか早く治るといいですが。・・

御身体も大切に。🌸
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-04 14:39
> jyon-nonさん、興奮まではしませんでしたが、さっさと自爆しましたね。
あとをちゃんと見守りましょう。
Commented by ikuohasegawa at 2021-09-04 16:49
能町みね子氏は相撲の評論でもなかなかの切れを見せます。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-04 19:27
> ikuohasegawaさん、この切れ味いいですね。
注意して追いかけます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-09-03 11:06 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(10)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31