温泉に行きたいなあ

テレビのCMで、「朝起きたばかりなのに、もう寝ころびたい」みたいなのがあったが、あれだね、なんもする気が起きない。
いつもより多い洗濯物をパンパンしながら、座り込みたくなる。
なんでこんなことばっかりやってなきゃいかんのか。
そう思いながら、これは乾きにくいから浴室乾燥、こっちはここ、これは扇風機をあてよう、などと洗濯爺さんは、変わらない。
いつまで続けられるのか、わからないけれど。
温泉に行きたいなあ_e0016828_10310211.jpg
こういう雨降りの気持ちが鬱積したときにしばしば、学生時代、戸田の寮で遊んで帰る途中、熱海の海岸べりにある喫茶店で、雨に煙る海やカモメを見ていたことを思い出す。
あのとき一緒だったT君は、どうしているのだろうか。
僕より二つ三つ上だった。
生きているのだろうな、もっとも音信不通だから、ずっと生きていると思おうか、覚えている限り。
沼津からの船酔いはきつかったなあ、帰るのが怖かったのに、帰りは平気だった。
温泉に行きたいなあ_e0016828_10314530.jpg
上げ膳据え膳、後片付けも買い物もしないで、ぐーたら温泉に入って降る雨を眺めていたい。
貧乏性だから、じっとしてられないかもしれないが、動きたくて動くなら悪くなかろう。
温泉に行きたいなあ_e0016828_10110550.jpg
図書館の予約本を取りに行って、ついでに借りてきたスパイ小説。
半分読んで面白くなり始めたら、夕方のもろもろが始まった。

おとといは、「凡人伝」が載っている佐々木邦全集第二巻の、長編「次男坊」を読んだ。
岡保生が解説で「トウェインの作品の主人公、トム・ソーヤーやハックルベリー・フィンのような自由な野性味にみちみちた少年を成長させて、日本の現代社会に異端者として行動し、行く先ざきで波瀾を巻き起こすような青年を主人公として」描いたというが、さして自由な野性味にみちみちているとは、思えない。
田舎の地主の、頭脳明晰なお坊ちゃん、むしろ僕と比べたら礼儀正しい正義漢、登場する小学校の先生と中学の校長(のちに高校の教授)の、それこそ自由で野性味を感じさせる個性のほうが愉快だった。
なんにせよ、こういう食うに困らないお坊ちゃんが、社会性のほとんど感じられないヤンチャをする小説は、もうこれで食傷だ。

Commented by koro49 at 2021-09-02 11:14
私も文庫本一冊持って温泉でのんびりしたいです^^。
上げ膳据え膳で♪
Commented by unburro at 2021-09-02 11:41
最近、佐平次さんが、お洗濯や買い物など、主婦っぽい愚痴を書かれると、
妙に、嬉しくなるから不思議(笑)

「嗚呼、やっと分かってくださったか!」

と、ニヤニヤしています。

結婚してから、衣食住の家事や育児、雑用や介護に追われながら
ずう〜っと毎日毎日、「温泉行きたいなぁ」と、思っています。
(時々は、行ってますけど♨️)
家の仕事って、外で仕事をするのとは違う疲れ方をするんですよね…
Commented by doremi730 at 2021-09-02 13:01
あ~ぁ、、、、温泉に行きたい!!!!
saheiziさんは降る雨を眺めていたいのですね。
想像も文学青年。。。

晴れ女の私なので、雨は想定にない(^^;
Commented by reikogogogo at 2021-09-02 16:25
saheiziさん歯の痛みはおさまりましたか?
読書続いていますね、中村哲さんの本、私も何冊か読んでます、saheiziさんの読書は日常、私は思い出してみたら、中村哲さんの著書は自身が落ち込んでる時に読むことが多かった気がします。
「医者よ信念がいらないまず命を救え」も、「辺境で診る辺境から見る」もそうだった気がするの。100もの診療所や1000もの井戸を掘り用水路を作るその医師の姿映像でも目に焼き付いてます。Saheizi さんの読書ーーー刺激は大きいです。


Commented by rinrin1345 at 2021-09-02 19:21
私もこんなに近くにあるのに行きにくいです。温泉に使ったらこの夏バテ良くなりそう
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-02 21:24
> koro49さん、もしかすると3日で飽きるかもしれないけれど。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-02 21:31
> unburroさん、一見意味のないような、名前のない細々としたことをやってもやってもやらなければならない、そこが疲れます。
77の喜寿を過ぎて急にそうなりました。このまま一生を終えるのかという虚脱感徒労感が肉体の衰えと相携えて襲ってきます。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-02 21:34
> doremi730さん、買い物にも何にも行かなくてよい、雨雨降れふれ!その気分、いいと思いませんか。ちっとも文学的ではありませんが。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-02 21:40
> reikogogogoさん、歯の痛みは収まりましたが、噛み合わせの不具合を飼い慣らしつつあります。
老後は読書三昧と考えたことがありますが、まさに本が今の私を助けてくれています。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-02 21:42
> rinrin1345さん、車もあるのでしょうから、ひとっ走り!
Commented by jyon-non at 2021-09-04 14:35
良く分かります。

やってもやっても次から次に家事は終わることなく、ここまでという区切りがありません。

ほんとに良く働かれるなぁ。。。といつも思いながら読ませて頂いていました。

そしてこのまま一生を終えるのかという虚脱感疲労感が‥・・襲ってくるの下り・・・

私はまだ70にはなっていませんがしかし、最近フッと来し方を振り返り、遠くに行って・・旅し

てみたいと思うことがあります。・・

サヘイジさんは、少しゆっくりなさるといいかなと思いますが。

それこそ古里で。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-04 14:40
> jyon-nonさん、ありがとう。チャンスを窺っています。
Commented at 2021-09-05 09:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-09-05 12:03
> 鍵コメさん、八ヶ岳なら引きこもりでもいいなあ。
近くの散歩でもいろんな発見がおありでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-09-02 10:50 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(14)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31