雨にも夏の暑さにも負けず

4時半に起きて、タオルケットなどの洗濯をして、7時過ぎに下北沢に向かう。
きのう、祝日開業のクリニックで、いちおう「帯状疱疹」との診断をもらい、薬も飲んでいるが、帯状疱疹の権威である我が皮膚科主治医の診たても聞かなければいけない、あわせて週に一回通えと云われている足の真菌の治療も。
雨にも夏の暑さにも負けず_e0016828_13161836.jpg
患部を診て、右と左にいろんな刺激を与えて感覚の違いがあるか?
表皮?の細胞を顕微鏡でみて、「まだ星?(といったかな)になってはいないが、刺激に対する感度の違いなどからも、帯状疱疹だ」渡された紙には「ウイルス性巨細胞 陽性」とあった。
10年前に罹患しているというと、「そろそろ再発するころか」ときのうの医師と反対のことをおっしゃる。

きのう貰った3日分の薬の続き4日分と、痛み止めに胃薬を処方して、「人にはうつらない」と言ってくれる。
そのあと、改まって「しかし、50歳を過ぎると治った後の神経痛が長引くことがある」、その予防にビタミンの注射を今日と明日、金土とくるようにと、有難いような大変なような。
雨にも夏の暑さにも負けず_e0016828_13165725.jpg
この先生を教えてくれたのは、歯科医。
「皮膚科の先生はピンキリ、頼りにならない、患部をろくすっぽ見もしない女医が多い」と不遜なことを言う僕に頷いて、「皮膚科は初期投資が少なくて済む」、「これは間違いないと思う先生はすぐに机上の顕微鏡を覗く」といった。
きのうの、若い先生が、患部をひとなでしただけで、僕の訴えをそのままに「帯状疱疹」と決めたのとは大違い。
クリニック待合室や診察室、HPの出来などは昨日のクリニックの方が立派できれいだったけれど。

とても早い段階で、帯状疱疹を疑い、即医師を見つけて走ったのは、ぐずな僕にしては上出来だった。
痛みで倒れたり後遺症が遺ったら自分だけの問題ではないもんね、連日雨と炎暑のなかを早朝から突撃した甲斐があったというものだ。
雨にも夏の暑さにも負けず_e0016828_13173479.jpg
帰りは三茶で豆乳ヨーグルトやトマトなど、いろいろ買った荷物が重く、ぎらぎら照り付ける日差しが堪えて、歩く距離を少しでも減らすべく、電車で桜新町へ出て、そこからバスで帰ることにした。
気を付けて急行を見送り各停で、降りると次のバスまで15分近い。
タクシーに乗ろうか、、。
こういうときに限って、目の前を、空車が何台も走っていく。
スマホを見たりして時間を稼ぐ、まだ3分しか経ってない。
暑さに忍耐が切れそうになって、、でもそれならさっき乗っていればよかったのだ、せっかく7分待ったのだから、、。

数年前に車を手放すときに、毎月の駐車場代や保険料、ガソリン代などのことを考えたら、タクシー乗り放題の方が安上がりになるという計算をした。
しかし、いざ車がなくなってみたら、そんなふうにタクシーを使うことはできない。
節約した車関連の費用は風と共に去りぬだし、精神的にもそういうことができない。

長野にいたころ、弟が帰郷したときに列車が遅れたかして、長野駅から家までの足がなくなって、タクシーに乗った。
カチャ、カチャ、とメーターが上がるたびに生きた心地がしなくて、途中で降りて歩いて帰ってきた。
似たもの兄弟だ。

けっきょくバスが来るまで我慢した。
700円、酒を飲んでいるときなど、平気で追加注文してしまうくせに。

国民の金だと思うと、節約しようなんて考えもしない政府に東京都や組織委員会。
責任は?
誰も取らない。
彼らには責任という観念はみじんもないのだ。
戦争のときもそうだった。


Commented by ikuohasegawa at 2021-08-10 15:54
だから・・・
私は「阿部マリオ」の時からオリンピック反対と言ってたのに、言わんこっちゃない。
Commented by hisako-baaba at 2021-08-10 19:33
痛そうですね。痛い病気だそうですね。
マッサージの女の先生はそのウイルスが目に入って激痛でたいへんだったそうで、田舎へ帰ってしまわれました。

気付いてすぐに医者に行かれ、翌日もかかりつけ医に診てもらわれたから、早く落ち着けるのですね。買い物してバスを待ってお帰りになれる程お元気なのですもの。
お大事になさって下さい。
Commented by doremi730 at 2021-08-10 21:00
名医のお見立てもさることながら、ご自分で帯状疱疹を最初から疑われたのが
素晴らしい!長引くと実に厄介ですので、、、
お大事になさってくださいませ。
Commented by rinrin1345 at 2021-08-10 21:38
良いお医者さんに巡り会うのが人生を変えますよね。母の時それを実感しました
Commented by at 2021-08-11 06:25 x
何に乗るべきか?交通機関の選択に悩む。
後半は令和版『男性自身』ですね。
自分にもあてはまる(今五十肩です)感もあり、身につまされます。
酒のときに無駄遣いをする(おつりはいいとか)というのも・・・
Commented by saheizi-inokori at 2021-08-11 09:37
> ikuohasegawaさん、私は石原の時から東京五輪反対でした。
スポーツを毒する商業主義は百害あって一利なしです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-08-11 09:39
> hisako-baabaさん、痛み、いまのところチクくらい、軽くてすんでいます。
きょうもクリニック、暑そうだなあ。
Commented by saheizi-inokori at 2021-08-11 09:40
> doremi730さん、我ながら素晴らしい!と思いました。
今倒れるわけにはいかないのです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-08-11 09:41
> rinrin1345さん、試してみる、ということが難しいですものね。
Commented by saheizi-inokori at 2021-08-11 09:45
> 福さん、ピーターの法則なんてのもありましたね。
人びとが、百円安い品物を探しながら、千億兆単位の無駄遣いに寛容なのは何の法則なんでしょう。
Commented by miyabiflower at 2021-08-11 12:09
皮膚科のよいお医者さんに出会えてよかったですね。

>皮膚科の先生はピンキリ、頼りにならない、患部をろくすっぽ見もしない女医が多い

全くそのとおり と思いました。
虫刺されの水ぶくれの前兆をトビヒと診断されて、ひどくなったことがありました。
女医でした。
別の皮膚科(男性医師)に行って治りましたが・・・。

別の人気のある皮膚科は女医さんは「かわいそうね こんなになっちゃって・・・」と
ひどく同情してくれるそうですが(これが人気の秘訣)
「原因はストレス」と言って保湿剤を出すだけだったり・・・。

何科にせよ、医師によってその先の人生が変わりますね。
母のことでいろいろ経験しました。
Commented by saheizi-inokori at 2021-08-11 13:10
> miyabiflowerさん、だいたい命に直接関わらないとはいえ、困りますね。
いいかかりつけ医師は財産です、いろいろ教えてくれるのがありがたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-08-10 13:23 | よしなしごと | Comments(12)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31