読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」

きのうは小雨もよいのなかをバスに乗って魚屋に行ったら、財布を忘れてきたことに気づいた。
出直そうと思ったけれど、やめて駒沢公園を散歩してきた。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10252940.jpg
いつもの木がまずまず元気そうなのを喜ぶ。
いろんな花にスマホの焦点を合わせると、その名を教えてくれるグーグル。
そのときは分かっても、すぐに忘れる、忘れても一瞬でも名を知ると嬉しい。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10263732.jpg
これが柊、ほんとかい。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10241575.jpg
離れてみると、黄色の花が咲いているようだ。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10245955.jpg
大江戸温泉ならぬ、オオエドなんとやら。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10234751.jpg
コメダ珈琲が空いていたので、一休み。
「ヘンリー・ライクロフトの私記」(ギッシング)、貧乏文士が思いがけない遺産を手にして、田園で閑雅な隠居暮らしをしながら、極貧だけど志を持していた過去を回顧し、政治や読書などについての感慨を述懐する。
四季の移ろい、草花の名を知る事の喜びも語る。
読みたい本は山とあって数えきれない。飽きずに読んで、やがてはすべて忘れて終わる。はてさて、何とも嘆かわしい。生涯を通じて吸収した知識を残らず自在に駆使できたら学者を名乗ってよかろうものを。記憶に長く留まる心労、焦燥、恐怖は何よりも始末が悪い。読んだことのほんのわずかしか覚えられないが、これからもなお倦まず弛まず、喜びをもって読み続けると思う。先々役に立つ学識が身につくだろうか。もしそうなら、忘れることを気に病むには及ばない。読めば束の間の快楽に恵まれる。死ぬる定めの人間として、この上、何を求めることがあろう。
古典や歴史を読むヘンリーから見たら、なんでそんなものを読むのか、と呆れるような読書ではあるが、いちおう形だけは似ている隠居の暮らしだ。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10225764.jpg
けさは黄砂がやってくる前にと思い、早起きして大掃除。
毎週やっていると、タンスの下のホコリなどがあまりたまらない。
ラクチンだけれど、ちょっと張り合いがないようでもある。
これから魚屋にリベンジだ。
読めば束の間の快楽 「ヘンリー・ライクロフトの私記」_e0016828_10272648.jpg
魚屋の斜前にある焼き鳥屋、ここは現金はダメなのよ。

池央耿 訳
Commented by baobab20_z21 at 2021-05-08 12:21
さへいじさん、こんにちはw
束の間の…っていうのがいい。儚くて。
チキン野郎っていうのもいい。強がった感じが。
Commented by rinrin1345 at 2021-05-08 12:53
優雅な散歩。メチャ羨ましい!
Commented by saheizi-inokori at 2021-05-08 14:07
> baobab20_z21さん、看板倒れ?
Commented by saheizi-inokori at 2021-05-08 14:08
> rinrin1345さん、膝をいたわりつつ、ね。
Commented by りんご at 2021-05-08 20:12 x
いつもの木がご機嫌ですね 豊かな緑が美しいです 
「これから魚屋にリベンジだ」あの魚屋さんですか いいな
守るべき大切な日々の暮らしを感じます 

何処かに潜む強欲な異星人群が世界をカオスにしませんように❕

米がワクチンの特許権の放棄を提案して経済政治問題として話題ですね
ファイザーや欧州は「ワクチン生産制限は製造能力や高品質基準維持の為で
特許が焦点ではない」 物理学博士のメルケル首相は「 知的財産の保護は
イノベーションの源泉であり今後もそうでなければならない」と反対を表明
米の政治的動機による発表を非難。何だか嫌な予感がします 
Commented by saheizi-inokori at 2021-05-08 21:30
> りんごさん、惨事便乗は資本主義の十八番ですね。
Commented by tona at 2021-05-08 21:37 x
>読めば束の間の快楽に恵まれる。死ぬる定めの人間として、この上、何を求めることがあろう。
本を遍歴してまさにそう考えていた所でした。が現実はいろいろな方向に行ったり来たりで落ち着きません。
でも5歳年上の夫がこの境地にいます。あわてず騒がず、ちょっとした病魔にも負けずに羨ましいような感じでいます。
Commented at 2021-05-09 05:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikuohasegawa at 2021-05-09 06:24
そんなものと呆れるような読書でも、こんな気持ちで本を読めばいいのですね。

「読んだことのほんのわずかしか覚えられないが、これからもなお倦まず弛まず、喜びをもって読み続けると思う。先々役に立つ学識が身につくだろうか。もしそうなら、忘れることを気に病むには及ばない。読めば束の間の快楽に恵まれる。」
救われます。
Commented by saheizi-inokori at 2021-05-09 09:34
> tonaさん、落ち着かないからこその束の間の読書の愉楽、逃避と云わば言えです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-05-09 09:36
> 鍵コメさん、どんなことにも利益追求、法律やら倫理など知ったこっちゃない、ですね。

Commented by saheizi-inokori at 2021-05-09 09:37
> ikuohasegawaさん、束の間の快楽を味わえる身の幸せ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-05-08 11:10 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(12)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31