あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」

「三体」の注で知った、フェルミのパラドックスに関する本。
あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」_e0016828_10221365.jpg
エンリコ・フェルミ、20世紀でもっとも理論と実験の両道に秀でた物理学者。
今は、どちらの分野も大きくなりすぎて、そんな人はでてこない。
マンハッタン計画でも大きな役割を果たした。
1945年、アラモゴードで原爆実験爆心地から15キロ離れたところで、爆弾とは反対側に顔を向けて伏せていたが、閃光が見えると、立ち上がり、手にした何枚かの紙を落とし、爆風によって水平に飛んだ距離を測り、「すぐに」爆発のエネルギーを推定した。
あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」_e0016828_10193701.jpg
「世界中の海岸にある砂粒の数」とか「カラスは止まらないでどれくらいの距離を飛べるか」とか「人が呼吸するたびに、ジュリアス・シーザーが最後に吐いた原子のうち何個を呼吸していることになるか」などの答えを推定する「フェルミ推定」、学生たちは世界を日常の経験についての理解に基づいて、大雑把な近似をしなければならない。

フエルミは、「発達した通信能力をもった地球外文明は銀河系にいくつあるか」という、典型的なフェルミ推定の問題の答えを数式で表した。
それは、
銀河系で一年に星が生まれる率(R)、恒星のうち、惑星を持つ割合、惑星を伴う恒星について、生命が維持できる環境を持つ惑星の数、生命が維持できる惑星のうち、実際に生命が育つ割合、その惑星のうち、生命が知的能力を発達させる割合、そのうち星間通信ができる文化が発達する割合、そのような文化が通信を行う期間(年数)
これらのすべてをかけたものが、求める答えだ。
式は簡単なものだけれど、それぞれの数値はRのようにかなり確かなものから、「いったいぜんたいどう考えればいいものか」まで、さまざまであり、人類の知識の増大によって変化もする。
1950年当時に、フェルミが楽観的に考えていたとして、その数は百万と推定されるのではないか、と筆者は書いている。
百万もの進んだ地球外文明、「みんなどこにいるんだろうね」。
あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」_e0016828_10200140.jpg
なぜ、今に至るも地球外文明は姿を見せないのか?
その問いに答えようとする75の理由。
天文学といったら、野尻抱影の子供向きの本で読んだだけ、SFも嫌いじゃないけど、理屈になるとめんどくさくなってすっ飛ばす、旧暦とか太陰暦などのことを何べん訊いても振り出しに戻る。

でも、星や月を見るのは好きだし、星をめぐる物語にも惹かれる。
カイパーベルト、なんだっけ?そのたびにググりつつ、海王星のあっち、太陽から30~50天文単位あたりから広がる、1000個以上の天体が見つかっていて、ぜんぶで10万以上の天体があると信じられている、そのほとんどは小さく、最大のものが冥王星、なんてことを図解込みで知っては、遠い目をしてみる。
冥王星がまだ惑星の地位にいたころ、その軌道が変則的なのは、宇宙土木工事の結果だとデーヴィッド・スティーヴンソン(誰?その人)は言ったそうだ。
あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」_e0016828_10180260.jpg
ことほどさように、どの理由も、それに対する筆者の評釈も面白いのだが、なんせ細かい字の注釈を含めて600頁もある。
こういう本は、図書館でなく、自分で買って枕頭の書とすべきなのかもしれない。
あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」_e0016828_10183753.jpg
イギリス王室の人たちは宇宙から来たという説もある。

ぼくはスガとか小池とか吉村とか、みんな謎の天体からきたインベーダーのように思えてならない。
バッハなんてのもそのタグイだろう、その妖術に操られている官僚やメデイア、ふらふらとトーチを振って走る聖火ランナーも正気を失っている。
シュッと一吹きでスガコロリ、そんな薬が見つからないものか。
あん人たちゃ、宇宙人かの 「広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由」_e0016828_10190686.jpg

Commented by eblo at 2021-04-22 12:59
日にちは忘れましたが、こちらの記事を読んだ後で変なことを考えてしまいました。
地球上の全てはたかが引力なんていうもので繋がっているだけ、そう思ったら何となく足元がフワフワした感じになって。
科学がどんどん進歩して核兵器や原発よりもっともっと威力が大きい物も出て、実験するにも保管するにも深く深くとなっていって、あるとき引力と最高に近くなって引力を破壊する、太陽も月も地球上のすべての物がテンデンバラバラに散らばっていく、そんなイメージが浮かびました。(科学なんか全く分かりませんが)。
たかが1㎝、1g、・・他人より余分に欲しがって喧嘩し合う、こういうのを本物のバカと言うんだろうな、と。考えているうちに人間がアホらしくておかしくなりました。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-22 13:11
> ebloさん、私もこの種の本を読んでふわふわと実在感をなくすときがあります。
それが楽しくて読むのかもしれない。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-22 13:13
> りんごさん、人間「生命」すべてが宇宙からきたという説もあります。
Commented at 2021-04-22 13:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-22 18:56
> 鍵コメさん、コロナ反抗期、コロナ鬱になるよりいいのでは?
Commented by kuroguly18 at 2021-04-22 20:09
バッハって正統派だよね~、なんて思っていたらあちらのバッハですね。
私のおつむもおめでたくなっています。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-22 22:25
> kuroguly18さん、権力構造のてっぺんで貪欲に懐を肥やし続ける悪党です。
Commented by okanouegurasi at 2021-04-22 23:49
サンチに出会えると嬉しくなる。たとえ写真でも。
小さいけれど心の支えになっているサイドキック君。さへいじさんがうらやましい~。
なんかバカなコメント。だけどせっかく書いたので...
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-23 09:57
> okanouegurasiさん、ありがとう。
そういって頂くと私も嬉しいです。
親ばかな写真でも。
Commented by baobab20_z21 at 2021-04-23 12:38
さへいじさん、こんにちは^ ^
物理やる人は変人、宇宙飛行士の末路は自殺するか、農業するかのどっちか。(私見ですが)
 三体読んでます。初めから面白いですww
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-23 13:48
> baobab20_z21さん、そういえば高校のアイツは授業に遅れるのが当たり前だったなあ。
今何をしてるか。
Commented by reikogogogo at 2021-04-23 18:00
皆謎の天体から来たインベーダー!!ーーー75のフェルミ推定面白い!
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-23 18:16
> reikogogogoさん、いろいろ考えたり学んだり、面白いです。でも厚いのでボチボチ読みます。他の本も読みながら。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-04-22 12:00 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(13)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31