そりゃ聞こえません

耳が遠くなってきた。
音を聞き取りにくくなっただけでなく、聞こえている音を聞き分けることが下手になった。
老化したこっちのせいもあるけれど、音側にも原因がある。
やたらに早口や昔とちがうアクセントだったり、英語らしきものは流暢すぎて、何べん訊いても意味が分からない。
きゃはは、という笑い声だけは分かるけれど、なんで笑ったかが分からないのは、話の内容、面白さが分からないからだ。
そりゃ聞こえません_e0016828_10171958.jpg
亡母が、家族で食事をしているときに、みんなが他愛のないことで、笑ったのを「なに?なに?」と、笑いの訳を訊いてくることが、しょっちゅうあって、補聴器を買ってあげたことがある。
買ったけれど、母はほとんどつけなかった。
咎めると(交通事故が怖かった)病院で検査してもらったけれど、特に耳は悪くなっていないと言われた、とちょっと悔しそうにしていたのを思い出す。

いま僕も人の話が聴きとれなくなって、ああ、耳が遠くなるってことは耳だけでの問題でもなく、年をとって時代との折り合いが悪くなっているために、時代の発する音の意味を取れなくなっているってことでもあると判った。
そりゃ聞こえません_e0016828_10163377.jpg
吉村、二階、スガ、小池、、コロナ関連の発言、ヘンな格好をして松明を掲げて歩く人たち、、こういう人たちの意味も分からない。
目も見えなくなってきたようだ。
そりゃ聞こえません_e0016828_10573128.jpg
戦犯として巣鴨刑務所に3年間拘置されたが、米情報機関との関係を築き、岸信介や笹川良一らとともに釈放されて、戦争中に蓄えた莫大な資金(元は国民の税金)を力の源泉にして、政財界に暗躍した児玉誉士夫。
児玉はロッキード社とも「契約書等は一切作成しない秘密コンサルタント」として働いていた。
ロッキード社会計監査委員会から指示されてしぶしぶ作成した契約書は、年間コンサルタント料5千万円のほか、トライスター機販売毎の成功報酬など巨額な追加報酬も決められている。
ロッキード事件におけるチャーチ小委員会の集計では約21億円の資金が児玉に渡っているが、児玉がそれを何に使ったかは今に至るも明らかにされていない。

上記の契約書のなかに、「日本政府に対するP3C対潜哨戒機の売り込みに成功した場合、50機以上の確定注文で総額25億円」という約定がある。
民間機と違って軍用機は原資が政府予算(税金)である。
21億円の中にその金が含まれていることが明らかになったら、日米安保体制は大きく揺らぐ。
アメリカが、その情報を隠すのも当然だったかもしれない。
そりゃ聞こえません_e0016828_10160978.jpg
1972年、ロッキード社が社運を賭けてトライスターの全日空に対する売り込みを図り成功しかかっていたが、ライバルのマクダネル・ダグラス社の巻き返しにあってDC10に決まりそうになる。
ロッキード社長のコーチャンは、塚本素山ビルの児玉事務所に急行、児玉に窮状を訴えると、児玉は中曽根康弘(当時通産相)に電話し「中曾根氏があす一番に、この件で努力してくれると約束してくれた」と言った。
翌日、コーチャンに人を介して「中曽根氏が(陰謀)転覆に成功したと、児玉氏から電話がありました」と連絡があった。
ロッキード事件における嘱託尋問では、コーチャンは、中曽根がどのような政治ルートで動いたかについては、知りませんと答えている。

春名はコーチャンが作成した「人脈図」などをもとに、中曽根が田中と密議ののち、その結果を佐々木秀世運輸相に伝えて、既決定をひっくり返したという立花隆の見方を肯定している。
ローッキードからマグダネルへの変更の際、自民党幹事長の橋本登美三郎の差し金で、佐々木は外国出張をしていたのだが、コーチャンからの依頼で児玉が動いて、帰国予定を繰り上げて帰国し、決定を覆した。
児玉の「実力」の凄まじさ!
佐々木は灰色高官の一人で300万円を受け取っていたが「単純収賄」として時効で起訴は免れている。

田中は、三井物産からの陳情でマグダネル/DCに傾斜(じつは二度目)して、橋本を介して佐々木を出張させたものの、ふたたびコーチャン・児玉・中曽根の巻き返しにあって、ロッキードに決めている。
おそらく、カネ、カネ、カネだったのだろう。

もちろん中曽根はすべてを否定したまま大勲位だ。
Commented by maya653 at 2021-04-08 14:36
私も耳が悪くなりました。一番何を言ってるか分からないのが夫の話なので
最近はあまり口をききたくありません
もう少し分かりやすく話してって頼んでもダメです
優しくないのです
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-08 18:03
> maya653さん、途中を省略して話されると分かりにくいことがありますね。
しやべる側からすると、ついつい面倒なのではしょってしまうのですが。
私の話です。
Commented by wawa38 at 2021-04-08 22:18
私は、お笑い芸人と言われる人たちが、テレビ番組でおかしそうに笑っている意味が解りません。何がおもしろいのか・・・。すっかり耳が悪くなりました。

松明リレーは、校内運動会のように思えて仕方がないのですが。
長野県で松明が走る沿道、「オリンピック反対」と言う声を、NHKはネット生配信中に30秒ほど消したとか。まるで、自国に都合の悪い国際放送を遮断する中国みたいです。
日本の国のあちこちで感染の火が燃えている一方で、歓喜の火を燃やしていて、こんな妙な光景はないと思っています。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-08 22:27
> wawa38さん、校内運動会ならもっと真剣に走るのでしょうが、ちんどんやでもなし、コーラなどの宣伝の引き立て役にしても、冴えないですね。
芸人たちはもうちょっと「芸」を磨いてほしいです。
限られた仲間内だけのお約束みたいなやり取りで心身を磨り減らしているのは見るに耐えません。
Commented by baobab20_z21 at 2021-04-08 23:42
さへいじさん、こんばんは^ ^
ロッキードの最後の部分、まさにドロドロですね。
耳が聞こえていてもスガやアベの滑舌の悪さには、何言ってるかわかりません。
でも、聞こえないほうが余計なこと聞かなくていいから楽かも(^^)くだらないことだらけだもん。お笑いゲーニン嫌いな私はバラエティ見ないので。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-09 09:05
> baobab20_z21さん、あいつらのヘラヘラ発言、あれは分かってもらおうとしているのではなさそうです。
単に読み上げている、子供の頃にサボっていた読み方の練習じゃないでしょうか。
Commented at 2021-04-10 02:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2021-04-10 02:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-10 10:42
> 鍵コメさん、人間の勝手で、いろんなものを食べさせると、人間がどういう動作をしたら、それが食べられるかを学び、一心に観察してますね。
カミさんがリンゴを切って私の書斎にもってくると、ぴたっとついてきて、きれっぱしを食べて帰ります、その真剣なこと!
それがいじらしくて、またやってしまうのです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-04-10 10:44
> カギコメさん、内容のないことばかりね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-04-08 12:26 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(10)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori