旨くても嬉しくなかった食事

きのうは眼医者(ほんとに医者ばっかり)に行って、異常なしを確認してもらい、乾燥を防ぐ薬を処方してもらった。
帰りに目黒川に行ってみようと、スマホをチエックしたら、けっこう人混みが出ているというので、やめて呑川緑道などをぶらぶらして帰った。
旨くても嬉しくなかった食事_e0016828_10200725.jpg
小さな公園の桜の下で幼稚園児がお座りして、おやつの時間だったのかな、先生の声にあわせて「ごちそうさま!」。
旨くても嬉しくなかった食事_e0016828_10185207.jpg
春休みに入ったらしく、あちこちに子供たちの声が響いて、気分を明るくしてくれる。
旨くても嬉しくなかった食事_e0016828_10194665.jpg
きのう、学生時代のアルバイト先で食べたもののことを書いたら、家庭教師先で食べたもののことも思いだした。
家庭教師は売り手市場だったから、ゲルピン学生としては、食事付きを選んだ。
雪が谷大塚の女子高生の家では、まずキッチンで、西洋皿にナシの形に盛り付けられた白いご飯とそのわきにハンバーグとか豚カツとサラダという、デパートのお子様ランチの学生版みたいなのを出された。
どんなにゆっくり食べたつもりでも10分はかからない。
女の子が「先生、もう食べたの!」と、蔑んだように不満そうにいうのが嫌だった。
旨くても嬉しくなかった食事_e0016828_10210812.jpg
池の上のクリーニング屋の小学生の兄弟のときは、一時間やってとちゅうで家族と一緒に食事、牛肉をジンギスカン鍋で焼くことが多く、僕にもお酒が一合つくのだった。
後半の一時間を済ませると、駅の近くのバーで飲んで帰ることが多かった。

振りかえると、ろくすっぽ役にも立たなかったのに、大卒初任給が1万6千円の頃に、週2回、二時間我慢して月5千円ももらって、飯付き税抜きとは文句は言えない。
クリーニング屋は週三回(7千5百円)、どうしてもその気に慣れないときは、さぼったから、それが溜まって毎日行くことも多かった。
子供にしてみれば困った先生だね。

それだけもらえば、特別奨学金(7千5百円)と合わせれば、仕送りなしでもやっていけた。
きのう本を読みながらFMで聴いた曲です。
Commented by maya653 at 2021-03-24 11:30
「祭りの花を買いに行く」初めて聞きましたがいい曲ですね
昔の歌は聞いていてなんだかほっとします
Commented by saheizi-inokori at 2021-03-24 11:37
> maya653さん、ちあきなおみってしみじみ良いなあと思いました。
Commented by tona at 2021-03-24 14:46 x
桜がそちらは満開近くなりましたね。
私もあの頃の家庭教師のお食事は我が家と違ってとても美味しかったです。
今再現しようとしても無理ですが、何とも言えない美味しさだったのです。
あと、盲腸で入院したときや産院での食事もです。
Commented by saheizi-inokori at 2021-03-24 18:03
> tonaさん、我が家では食べなかったようなものを出してくれました。
でも、でも、でした。
Commented by doremi730 at 2021-03-24 23:20
自分も家庭教師の先生をお願いしていましたが、
大学生になったら、母が勝手にご近所の中学生の
家庭教師のバイトを引き受けてきてしまって
週に1回なのに時間を拘束されるのがとても嫌で、
月1くらいでサボっていました。
どちらの場合も食事は無しでした(^^;
料金がいいのは、やはり大学の(デキの)差ですね、、、
Commented by saheizi-inokori at 2021-03-25 09:16
> doremi730さん、そうそう、短い時間でも拘束されるのがつらかったです。
私はサボるとしわ寄せで毎日いかねばならないことになり、それはそれはツラかったです。
Commented by silku928 at 2021-03-25 09:24
おはようございます。
昨日は買い物帰り近くの川沿いを散歩しましたが、桜も満開でした。
目黒川に負けてないくらい(^-^)
私のころは、家庭教師のことをチューター?なんて呼んでいましたが、結構高いバイト代でしたね。
そうそう!食事もおやつもついていましたね。
昭和がよみがえります。
Commented by saheizi-inokori at 2021-03-25 11:12
> silku928さん、下駄やサンダルで参上するのではチューターなんてしゃれた呼称は似合いません。
大平総理の娘の家庭教師をしていた一年先輩は、しょっちゅう到来物のおすそ分けをもらってきて寮生を喜ばせました。
一家といっしょに軽井沢に逗留したりしてうらやましがられましたが、本人はどうだったのかなあ。
Commented by hanamomo60 at 2021-03-25 21:05
こんばんは。
家庭教師をしていた頃のsaheiziさんの様子を想像しました。
やっぱり家族と一緒の食事って緊張するでしょうね。

夫も大学生の頃2軒に伺っていたそうです。
後でどうだったか聞いてみます。

そちらは春爛漫ですね。
ミツマタも咲いていますね。
待ち遠しいなあ~
Commented by saheizi-inokori at 2021-03-25 22:27
> hanamomo60さん、あてがわれるような感じは嫌でした。
緊張はしなかったけれど。
まいにちコースを変えて歩くたびにいろんな花を見つけるのが楽しみです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-03-24 11:04 | 人生の御馳走帖 | Comments(10)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori