いつまで生きるつもり? 「血管をよみがえらせる食事」

夜中に目が覚めて米朝の「二人癖」を聴いていたら、火鉢をいたずらする癖の話がマクラ。
火箸で灰をかき回していろんなゴミを蒐集したり、炭をいろいろに積み重ねてみたり、、みんな身に覚えのあることばかりだ。
大学3年から古い木造の二階建ての寮に暮らした。
三畳ほどの個室、押入れがあって弟が大学を受けるときに部屋に泊めたときは、そこで僕が寝た。
破れ障子にスリキレ畳で、暖房は火鉢と、それだけでは我慢できずにスリッパ型の足温器を机に向かうときに使った。

深夜、万年床の上に電気スリッパを履いた足を伸ばし、かけ布団をかけ、綿のはみでたドテラを肩にかけ、床をまたぐように置いた台の上で本を読んでいたのだが、退屈すると脇においた火鉢で悪戯を始める。
ヘビースモーカーだったので、煙草の吸殻を燃やしもうもうたる煙を上げて、そのうちチリ紙や箸袋、ストローの袋、、だんだん夢中になってそこらにある紙屑を次々にくべて、、小さな焚火になって、ぼうっと火の手があがって、慌ててヤカンの水をかけて灰神楽なんてこともあった。
危険な火遊びをしたのよ。
いつまで生きるつもり? 「血管をよみがえらせる食事」_e0016828_08550048.jpg
90%塞いでいた動脈が、食事を変えるだけで再生!
血管形成術やバイパス手術は一時しのぎで、再発する心臓病。
発病の仕組みを説き、それを予防・治療するのは食事療法しかないと理論と実例で攻めて来る。
その食事とは?
・母親、あるいは顔のある食べ物は食べないこと。すなわち肉類や魚介類は食べないこと。
・乳製品は食べないこと。
・どんな種類のオイル(油)も使わないこと―一滴たりとも。(もちろんオリーブオイルがか欠かせない地中海ダイエットの信奉者であってもだ)
・ナッツやアボガドは食べないこと。
僕が毎日トーストにかけて食べるアマニ油は、油で摂らずに生のフラックスシード(亜麻仁)で摂るべきだが、日本では愚かにもシアン化合物があるという理由で食用のものは市販されていないので「スプラウツ(発芽)用」のモノ(北米やヨーロッパ。オセアニアなどで食用として売られているものと同じ)を食べてオメガ3脂肪酸を摂取せよ。
そうして、総コレステロール値を150mg/dl以下に保つこと。

209種のレシピ、パントリーにそろえておくと便利な食材一覧がついている。
翻訳と監修の松田麻美子が、日本人向けに丁寧な注釈をつけている。

読んでいると、「まあ、その方向で少しづつ努力してみようか」という気持ちになる。
するとすかさず「ほどほどに、は身を滅ぼす」と雷がおちる。
脂肪摂取量をほどほどに減らした患者は病気の進行の速さをやや減らしはしても、さいごは発病するのだと。

さてさて、さいごに近づきつつある御年78になろうとするジジイは、どうしよう。
やっぱり、ほどほどに、かな、とおもいつつ今朝もタクパンのうまいトーストとヨーグルトを食べた。
いつもの野菜スープを食べなかった分、ほどほど以下だった。
いつまで生きるつもり? 「血管をよみがえらせる食事」_e0016828_08553214.jpg
2008年1月23日の記事から、駒込しもふり銀座。
引きこもりで外の写真も撮れないので、むかしの記事を訪ねては懐かしがっている。
いつまで生きるつもり? 「血管をよみがえらせる食事」_e0016828_08552230.jpg
こんな銭湯にも入ったのだなあ。

スガ―リンの「自助の政治」の本音が出た「最終的には生活保護がある」発言。
これを機に、生活保護申請の壁となっている資産売却とか親類縁者への照会、窓口の水際作戦などを撤廃するなら、瓢箪から駒、それとも嘘から出た真?


「コロナに打ち勝った証し」とは「日常生活ができるようになること」と答えてしまったスガ―リン。
世界に日常生活が戻るなんて、いったいいつ五輪をやるつもりだい?


Commented by haru_rara at 2021-01-28 22:19
78歳、さいごに近づきつつある、なんて、まだまだですよ!
わが家の義母は来月95歳、今夜はマーボー豆腐、昨夜は餃子、「コロッケが食べたい」とよくおっしゃいます。
元気な方は肉を召し上がっていらっしゃる印象があります。
毎晩お茶漬けで十分、という私のほうが心配かもしれません^^;

オリンピックもやる前提、生活保護を受ける当事者の気持ちにまったく想像力の及ばない人々の答弁にいらいらしながらテレビを見ていました。
実に冷たい人たちです。
Commented by doremi730 at 2021-01-28 23:53
わ!これを完璧に守る食事は無理、、、
慌てて、健康診断の結果みたら、総コレステロールは201もあったし(^^;
肉や魚、ナッツ、乳製品は3ヶ月位ならなんとか我慢できても、
お料理に使うオイルがダメは無理かしら?
Commented by at 2021-01-29 06:46 x
火鉢でかきもちを焼いて醤油につけて「ジュッ!」
熱いうちに・・・ハフハフ。
我が至高のグルメです。
Commented by rinrin1345 at 2021-01-29 08:15
私は寮には入らなかったけど従兄弟たちの寮暮らしは帰省の度に聞いて、それがのちにTVで特集するとあーこの事だと思うぐらいわかりました。メチャクチャが出来る時でしょうかクスッ
Commented by saheizi-inokori at 2021-01-29 09:45
> haru_raraさん、肉を食べたから長生きしたのか、長生きの人は肉を食べても元気なのか。
節制していたら肉ロス気味です。
アスリートが利用されているような気がします。
Commented by saheizi-inokori at 2021-01-29 09:47
> doremi730さん、完璧に守ると油をとりたくなくなるそうです。
ビーガンは増えていますね。
Commented by saheizi-inokori at 2021-01-29 09:49
> 福さん、子供の頃は、それに砂糖を入れてもらうのが嬉しかったです。
あれは炭火でなくちゃね。
Commented by saheizi-inokori at 2021-01-29 09:51
> rinrin1345さん、屋上のへりから大きいのをやる猛者もいました。それで三階から落っこちて平気だったとか。
Commented by ikuohasegawa at 2021-01-29 17:13
私のいた学生寮は火気厳禁。
机に向かうときは正座、本は正座して読めとうるさい先輩がいました。
Commented by saheizi-inokori at 2021-01-29 19:23
> ikuohasegawaさん、わあっ!一日たりとも無理だなあ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2021-01-28 10:58 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Comments(10)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori