アベ院政の始まりにあたって非「国民」我の心すべきこと

「国民のために働く内閣」、これをキャッチフレーズにするのだから、「働かない内閣」とか「国民以外の何か」のために働く内閣というのも彼らの頭の中には存在するらしい。
財界、10%富裕層、アメリカなど外国、後援会、上司、自分自身、、いろいろあるだろうが、それをひっくるめて「コクミン」と言ったのか、天皇という人もいるのだろうか。
いずれにしても、その「国民」には以下同文的庶民ならびに弱者は入っていなそうだ。
アベ院政の始まりにあたって非「国民」我の心すべきこと_e0016828_11370153.jpg
コロナ禍における失政と無能無策を見せつけて当然閣僚からは外されると思われた、上から目線の、菅的アベ的ごはん論法の加藤がこともあろうに(アベ菅からいえば当然にも)官房長官に抜擢され、公文書改竄の麻生がそのままNO2に残り、世界に恥ずべきデジタル化の現状を正すべきポストに、今まで党内のIT担当責任者を歴任した(つまり無能であった)平井ナニガシ(電通出身、四国新聞の御曹司・世襲議員)が就く、アベの実弟・台湾ロビーが防衛相で敵基地攻撃の仕上げに、出てくるたびに死刑を執行しまくる上川法相、記者の質問を無視しまくった河野が菅の期待を担って役人たちに睨みをきかせる忖度担当に沖縄も担当して意地の悪いことをするのだろう、、官邸の和泉、北村、杉田はそのまま。

アベの院政の、もしくは日本会議の政権乗っとりの完成。
たんなる院政にとどまらず、アベないしは「アベ的なもの」を信仰対象とする結社が表に出て来たような感じがする。
アベ院政の始まりにあたって非「国民」我の心すべきこと_e0016828_11381619.jpg
嬉しそうに、神の詔を伝えるのは田崎スシローだ。
嬉しさのあまり、口を滑らせて、「役人が仕事に集中できないのは野党がする(くだらない)質問への対応のせいだ」とか「政権は理念とか正義ではなく権力闘争だから(石破がつぶれるのは当然)」だなどと、民主主義の神が聞いたら罰があたりそうなことをほざく。
それをまた、メデイアが囃し立てて、アベ神話を作りそうなアンバイだ。

じつに恐ろしい世の中になったものだ。
アベ院政の始まりにあたって非「国民」我の心すべきこと_e0016828_10520633.jpg
図書館に返す前に、引いておこう。
父は言った。人生でどんな挫折に直面しても、次々に明らかになる出来事がいかに厄介で気の滅入るものでも、朝起きて、最初のコーヒーを待ち望む気持ちがある限り、自分は乗り越えられるといつもわかっていたと。
父が一片の助言をしてくれていたのだと気づいたのは、ずっとあとのことだ。
不屈の決意と永遠の真実の探求は、志の高い若い心にはセックスアピールにも等しい魅力を持っている。でも、平凡な日常に楽しみを見出す能力―玄関の階段の上での一服とか、バスタブに浸かってジンジャークッキーをぱくつくとか―を失ったら、人は無益な危険に身をさらすことになる。自身の歩んできた道の終わりに近づいていた父がわたしに伝えようとしたのは、その危険を軽々しく扱ってはならないということだった。人は単純な楽しみのために戦い、品とか蘊蓄とかいった、華やかな誘惑の陰にひそむありとあらゆるものから、そうした楽しみを守る用意を怠ってはならないのだ。
僕にとっては、こういう小説を読むことが朝一番のコーヒーのようだ。

Commented by eblo at 2020-09-17 12:17
こんな怖ろしい時代が目に見えるところまで来ているのに、笛に操られてついて行く子供集団みたいな人が多い日本。
見ざる聞かざる言わざるに徹すれば良いと思いながら、そんなことをしたら死の直前にジタバタする人間になってしまうことが分かっている。
どうしたらよいんでしょうね、今出る言葉はこればかりです。
Commented by tsunojirushi at 2020-09-17 12:37
冒頭の一文に共感します。
言わずもがななことがスローガンとは。

引いてくださった本の部分、胸に染みます。この本、先日から感じていますが装丁もとても綺麗ですよね。
色々なこと、教えてくださってありがとうございます。
溶け出してるわんこ、可愛いですね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 12:42
> ebloさん、にっちもさっちも!
そんな感じですね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 12:44
> tsunojirushiさん、恨めしそうに見るのですよ。でも近づくのはこわい。
Commented by jyariko-2 at 2020-09-17 14:18
我が国はいったいどうなっちゃうのでしょう
なんだか疲れてしまいました
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 14:21
> jyariko-2さん、疲れて、もういいや、というのを待っているのでしょうね。
Commented by stanislowski at 2020-09-17 15:56
私は佐平次さんの毎日の記事を読むことが、それこそ、誘惑に負けまい、気の滅入ることに負けまいと、心奮い立たせる素になっています。読書して深く洞察を練ることが無い毎日です。自らの鍛錬のを怠り師から口承で教えてもらっているようで反省。
いかにコロナ感染のリスクを軽減しようか?車で子どもの送迎をするようになりました。ママタクシーで忙しいデス。
Commented by テイク25 at 2020-09-17 16:50 x
ゲッ、防衛大臣はアベの実弟ですか。確かに岸信夫という名がそのものですね。あのカトウ(今日からこれもカタカナで)が官房長官。アベ政治を引継ぐスガ内閣。日本会議所属議員が多数を占めるなんてアベ内閣に引き続き絶望的です。見るのも聞くのも嫌な顔ぶれ。次の選挙で自民党をやっつけないでどうする、ですよね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 17:36
> stanislowskiさん、そんなことを言われたら、、、ありがとう。
子供やお年寄りの面倒をみている人は大変ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 17:36
> テイク25さん、やっつましょう!
Commented by りんご at 2020-09-17 17:57 x
やっつけましょうー!

バスタブでジンジャークッキ―は 技術がいりそう
私の場合は カフェに座ってヒューマンウオッチングか
縁もゆかりもない人が愛おしいです   
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 18:36
りんごさん、私もカフェで本を読むのが贅沢な楽しみになっています。
カフェだと、ちゃんと座って集中できるのは不思議です。
Commented by miyabiflower at 2020-09-17 18:50
「国民のために働く内閣」って
こんな当たり前のことを掲げるのですね、驚きました。
つまりは今まではそうではなかった・・・?
この国は大丈夫なのでしょうか。
「安倍さんのいない安倍内閣」とは言い得て妙ですね。
Commented by rinrin1345 at 2020-09-17 18:53
saheiziさん本をお読みになるのが早いから朝のコーヒー前に読んでしまわれるのでは?
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 19:00
> miyabiflowerさん、「アベのいない国民のために働かないアベ内閣」になりそうです。
北村前地方再生大臣が引き継ぎで「地方でほらふいてきた」だって。
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 19:02
> rinrin1345さん、コーヒー飲みながらブログを書いて、それからベッドで本をよみます。
Commented by okanouegurasi at 2020-09-17 21:52
単純な楽しみを若いうちは馬鹿にしますね。
歳月を経て、暮らしの細々したことがわかってきて、しみじみと平凡な日々の有難さが身にしみるころには、幕切れになるんですね。
頑張らないけれど諦めない、精神で行きましょうか
Commented by saheizi-inokori at 2020-09-17 22:51
> okanouegurasiさん、しなやかな抵抗、とでもいいますか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2020-09-17 11:53 | 梟のゴタク | Comments(18)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31