山本太郎、大ピンチ!

きのうはコロナ引きこもり以来、初めて外食した。
昼飯時をわずかに外したからか、並ばずに座れた。
久しぶりにカミさんもいっしょなので、少しはうまそうなものをと、フカヒレの店に入ったのだが、いざとなるとフカヒレはしつこそうで食指が動かない。
カミさんは担々麵定食、僕は高菜チャーハンにした。
盛りがよくて味も悪くなかったが、どうもおちつかないのだ。
入り口で手の消毒と検温をし、スタッフはマスクをしてサービスする。
それは安全安心のためなのだろうが、臨戦態勢という感じは否めない。
料理を出す時など上から話をするのだが、マスクから何かが漏れてきそうな恐ろしさを拭いきれない。
カフェでマスク姿のサービスを受けてもそれほど違和感はないのだが、食堂だと生々しい。
もう少しなれれば気にならなくなるのか。
山本太郎、大ピンチ!_e0016828_11421012.jpg
山本太郎がピンチだ。
れいわ新選組の幹部(なんだろうな)の大西つねき氏が、自らのYouTubeで「命の選別をするのが政治。老人から逝ってもらう」と発言したという。
僕は、その動画を見ていないが、その後の騒然としたツイートの数々は見ている。
大西発言の翌日、山本は、「(大西発言は)立党の精神に反するもので看過できない」としながらも、「命について真摯に向き合うチャンスを与えたい。人は変われる」と大西氏の除名には否定的だった。

ところが、こんどは大西だけでなく山本発言に対しても非難轟々、共産党の志位委員長は「言語道断。公党としてのけじめが求められる」とコメント、僕も優生思想を公にした大人の政治家をそのまま抱え込むことはれいわ新選組の姿勢も疑問視されると思った。

10日、山本太郎が、事務所の外の路上で記者会見をして「大西発言は一発アウト。私の一存では決められないので総会に諮る」と述べたという。

→ 田中龍作ジャーナル

れいわ新選組は、山本太郎一人の「魅力」でここまでやってきた。
熱烈な信者も多いようだ。
その山本がずっこけるとれいわ新選組もずっこける。

僕は山本の声涙下る弁舌にひかれつつも、この人が自分で総理大臣になるというのをそのまま、それが望ましいとは思えなかった。
どこか危ういものを感じた。
未熟ということもあるが、本気で考えていることは何か、いささか得体のしれないものを感じた。
それでもアベ一強を倒すのには、なりふり構わない突進力が必要だと思い、山本太郎に期待をしていた。

だから都知事選に出たのは心底がかっかりした。
宇都宮を応援してほしかったのだ。
だが、がっかりしたあと、山本が「自分は宇都宮の票は食わない。小池の票を崩す」といったのを考えているうちに、あんがいこれは本音なのではないかとも思った。
それは、山本は自分を宇都宮・リベラルとは一線を画すと思っているのではないか、むしろ小池に近い何かを感じているのではないかということだ。
政治思想というのではなく、政治手法であり体質的な何かだ。
きちんとした論拠があって言ってるのではない、感じの問題だ。
山本太郎、大ピンチ!_e0016828_11423846.jpg

野党の諸君、何をしているのだ。
もう一刻も猶予はならない、アベがこれ以上日本を壊すのを止めよ。
Commented by テイク25 at 2020-07-11 14:06 x
大西発言の動画をリンクしたツイッターを見た時には驚きました。命の選別をしなきゃだめだと思いますよという発言は、れいわの掲げている旗に背くじゃないかと思いました。

山本太郎ピンチ、れいわピンチですね。今までも危うく見えるところはありました。次の総選挙で100人候補者を立てると言っていますが、意見・考え方がれいわの政策理念と一致する候補者を立てられるのかどうか疑わしくなります。一緒に参議院選を戦った大西つねき氏が今回の様な発言をしてしまう訳ですから。

「山本は自分を宇都宮・リベラルとは一線を画すと思っているのではないか、むしろ小池に近い何かを感じているのではないか」と言う推察は、必ずしも間違いとは言えないでしょう。

他野党のまとまりの無さも目に余りますね。
Commented by cocomerita at 2020-07-11 18:17
Ciao saheiziさん
元々山本太郎さんってどこか解せないところがあって、好きではなかったので、いよいよ化けの皮が剥がれて来たなと言う感じ
あの人の野望はどこか臭います。
れいわ新撰組なんてへんてこりんなダサイ名前の党もどこか胡散臭くて大っ嫌いなんだけど、、。
れいわの皆さんって、ファナテイックでちょっと間違うととんでもない方向に(つまりサイコパス)傾いて行ってしまいそうな危ない人が多いように感じていました。
「ああ言う思想」の人って付き合っているとわかるものだけど、それでもここまで庇おうとしたと言う事は、どこかに互いに惹き合うものがあるのでしょうが
、お間違い甚だしい人間を政界に引っ張り出そうとした、もうそれだけでアウトで、ましてや救おうとした?再びダブルにアウトです。何考えてんの? 山本さん
「人は変われる」??宗教家じゃないんだから、大事な国政の場を彼の成長の場になどして欲しくないし、「ああ言う人」の変化成長など待っている時間も思いもない。
「ああ言う人」は何度生まれ変わっても、自分で相当酷い目に遭わないと学ばないと思いますから、。

ところで、近々鹿児島知事選がありますが、私のブログの友人を通して、
横山ふみ子医師の出馬を知り、横山先生の人となりもあり応援しています。鹿児島は自民が強いようなので、苦戦を強いられると思いますが、反原発( 彼女は前知事のように当選してから、公約をひっくり返す事などしないと思います 苦笑) 反憲法改正です。
Saheiziさんのブログは、訪ねる方が多いので、もし鹿児島の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いしたいと追記します。

高菜炒飯美味しそうです。
定食だから当然スープも付いてるんですよね
ああ、羨ましい、、
Commented by saheizi-inokori at 2020-07-11 22:12
> テイク25さん、メディアの取り上げ方次第でリベラルになったり、差別主義者になったりしますね。
注意深く見て判断しないと危ない。
Commented by saheizi-inokori at 2020-07-11 22:22
> cocomeritaさん、アベを倒さなければならないのに、代わる人がいないという閉塞感、焦燥感のなかでメディアを手玉にとる小池とか吉村、そして山本などに救いを求める人をどのように味方につけるか、それが野党の課題だと思います。
横山さん、頭にいれておきますが力にはなれそうもないなあ。
高菜のチャーハン、小鉢のスープもうまかったですよ。
Commented by okanouegurasi at 2020-07-12 04:20
日本の政治のことは、新聞ブログその他で知る程度で
何も的を得た発言はで来ませんが
れいわ新鮮組という名前に最初から違和感を覚えています。
とにかく胡散臭い。ココメリタさんが的確に詳しく書いていらっしゃるのでワタシがグタグタいう必要もなし、だけれど。
山本太郎氏の事も詳しく知りませんが、信頼感がわきません。ファンがいるそうですが、気運をつかもうという野心だけが見えてしまう。
多くの良識ある人たちは、溺れる者は藁をも...の心境なのでしょうか。
鹿児島知事選、苦戦を予想されても出ようという人がいるだけ、まだ日本も捨てたもんじゃない。そう思いましたが...

Commented by j-garden-hirasato at 2020-07-12 07:47
老人から逝ってもらう
こういうことを平気に言えてしまうのが、
怖いです。
Commented by saheizi-inokori at 2020-07-12 10:02
> okanouegurasiさん、そうですね、れいわ新選組、たしかに違和感のある名前です。
あまり知性を感じさせませんね。
鹿児島県にお知り合いがいらしたらよろしくお願いします。
Commented by saheizi-inokori at 2020-07-12 10:03
> j-garden-hirasatoさん、そして内心そうだと思う人も多いような世の中が怖いです。
Commented by cocomerita at 2020-07-12 16:08
Ciao saheiziさん
ご心配なく、笑
Saheiziさんのブログはアクセスが多いので、もしかして鹿児島の人がいたら、もしくは鹿児島に友人とか知人とかが居たら、そういう方の目に留まって、お知り合いの方とかに話してくれたら、とそういう気持ちでコメント欄に付け加えさせて頂いたのです。
森山先生が出馬していることなど知らない人もいるのでしょうから、、。

都民であろうが、県民であろうが、今は今の政府を良しとしない人は、全国に目を配って、遠い県でも少しづつ改革していくしか術はないと考えています。
そして鹿児島は危ない原発がありますから、今回の県知事選は日本全国のために重要です。

よろしくお願いします。
Commented by saheizi-inokori at 2020-07-12 19:06
> cocomeritaさん、了解!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2020-07-11 12:38 | 梟のゴタク | Comments(10)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori