命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」

夕方からの映画の前にどこかでランチしようと思ったが、小雨もよいだし、サンチがまとわりつくし、なんとなくグダグダしていた。
小腹が空いたのでアッタメごはんに納豆と生卵、生醤油、うまいのだ。
命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」_e0016828_10040535.jpg
ニュースをやってないかと見たテレビで野村克也のことをやっていた。
ダメ虎を再生する、昔のホームランバッターの夢を忘れられない野手に、「まだやれるのだから」と短距離バッターへの転身を諭す、そのあたりからみたら、面白くて終わりまで見てしまった。
命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」_e0016828_10035141.jpg
その選手の身になって諭す。
脚光を浴びるスター選手とは違っておどおどしながら、でも野球を愛してがんばる若手にかつての自分の姿を重ねて、かわいくてしょうがない。
捕手時代の「囁き戦術」、「そりゃ、張本にさあこい、と構えられたらたいていの投手は敵うわけがない」そこで「おい、ハリ!フォ―ム変えたのか?」「さいきん奥さんとうまくいってないんと違うか」、ソリャ気になるよ。
頭にきた選手が、一発かました、ブイッ、屁だ。
野村、少しも騒がずミットで払う。
「こっちの勝ちですね、もう集中できるはずがないもん」
マラソンの会に入っていた頃、ウルトラマラソンなどにチャレンジする主流派に対して、僕たちは「月見草」という分派を作って、遊んでいたものよ。
命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」_e0016828_10025524.jpg
切符を取ってしまったから、二子玉川まで出かけて、バスを降りると霧雨に煙る景色がしっとりして、気持ちがよい。
命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」_e0016828_10031843.jpg
蔦屋の書棚を見て、多和田葉子の文庫を一冊手に取ると、おなじ多和田のもう一冊、中村哲、、かつての「一冊買う気になると」症候群の再発で、困ったものだと思っても、止まらない。
掻くとよくないと知りながら、最初はおずおずと、ついには掻きむしる快感に似ている。
五冊ほど手にしてレジに並んだのだが、4人くらいの行列を一人で捌いていて、なんか難しいことをいう客がいるのか、列が進まない。
上映時間が迫る。
二時間越えの映画だからトイレをちゃんとしておかないと!
たまりかねて、しまっているレジの前に五冊の本を置いて「買う時間がなくなってしまったから、お願い」と店を出た。



全編ワンカット、降りられないジエットコースターに乗ったような気分で見終えた。
兵士たちの友情、戦場の無惨と田園(それが荒らされていても)の美しさ、とくに桜。
それにしても、死ぬ可能性の方が高い戦争で、前線に(たとえ項垂れていても)歩み続ける兵士たちの覚悟って、やはり凄いと思う。
いまも世界中でこういう戦いを闘っている人たちがいるのだと思うと、いまさらながら慄然とする。
途中で登場する俳優たちのなかに、とても存在感のある人が何人かいた。
名前は知らないけれど、知る人ぞ知る俳優なのだろう。

桜新町から、小雨のなかを傘もささずに歩いて帰った。
兵士たちの、汚れまくった、ポケットがいくつも付いた重ね着、歩く収納でもあるのだ。
僕が歩いたのは、それを考えたわけではなく、バスが行ったばかりだったのと、傘をもって行かなかったからだ。
命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」_e0016828_10023529.jpg
朝、ストレッチをしながら見た衛星放送で、20歳のときから26年間、ハイチの感染症対策などの医療活動や灌漑、農業振興などに尽している医師・小澤幸子さんのことを知った。
クレオール語の絵本で、手洗いの必要性を子どもたちに教えている。
命をかけないグータラ日曜日 映画「1917 命をかけた伝令」_e0016828_10020505.jpg
買い損ねた中村さんの本を買おうと思った。
Commented by tsunojirushi at 2020-02-17 12:10
ノムさんの、おんなじ放映を観ました。
お書きになった部分、心に残りました私も。
人間には自分でも分かっていない可能性が無限にある、固定観念はいけない、思い込んではいけないという言葉が心に残りました。
全てがそう上手くいくとは思わないけれど
自分が自分を信じることでできなかったことができたりする、そういうことはあるだろうなと思います。
Commented by tona at 2020-02-17 14:08 x
ハイチの医師、そして亡き中村医師、本当に頭が下がる方たちです。
若い頃からこういう方たちのことを知らないできた自分に、今頃驚いている次第です。全く井の中の蛙でした。今も大いにその気味ありです。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 17:33
> tsunojirushiさん、自分が気がつかない長所を見つけて、育ててくれる人は、もうひとつの自分の親みたいな存在ですね。
運動神経のスーパーヒーローより、こういう人を尊敬します。
Commented by そらぽん at 2020-02-17 17:37 x
アッタメごはん?? 
一瞬新しいレシピかと思いました 食いしん坊です

「正確な情報発信は極めて重要」と大嘘のアベ
病院の感染対策マニュアルの不徹底で起こった過誤を
院内感染とマッフルする大坪が会見の監督庁

アベノパンデミック! アベのせいだー 
国民が智恵を絞り自律的に乗り越えるが最善策ですね  
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 17:39
> tonaさん、小澤さんのことでググってみたら、ほかにもそういう日本人が一人ならずいることを知りました。
アベたちが、グローバル社会で活躍する人材を育てるといって英語教育を強化しようとしていますが、変な試験をやるよりこういう活動の支援をすべきだと思います。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 17:41
> そらぽんさん、桜を見る会でまた新事実、いよいよアベも隔離しなければ!
Commented by urontei at 2020-02-17 18:06
レジの進みが遅いと、つい、イライラしてしまいますよね。
キャッシュレス決済に慣れていない人が、スマホ片手にアタフタしてるのを見ていると、「現金でやれ、現金で」とヤジを飛ばしたくなります。

いかんいかん、アベノウィルスがうつったかしら (^^;
Commented by そらぽん at 2020-02-17 19:59 x
アベは隔離ですね 作り直しないと国民が潰れる

 仕事場: 風邪ぐらいじゃ休めん 休んだら回らない
 病院:  医師不足 過労働 安給料 ハケン掛持ち 

加藤「風邪症状なら休むように」 。。。ねごと  
Commented by k_hankichi at 2020-02-17 20:21
この映画、観てみたいと思っています。ジェットコースターなのですね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 21:09
> uronteiさん、なんせジェツトコースターの発車時刻が迫っていましたからね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 21:10
> そらぽんさん、先手先手ですから!
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 21:12
> k_hankichiさん、下る一方、かな。
人中にでて見て損はないです。
Commented by hanamomo60 at 2020-02-17 21:32
おばんです。
今日の朝ごはんは私も納豆と卵ご飯でした。
美味しいですよね。

本を買うときの気持ち。
>掻くとよくないと知りながら、最初はおずおずと、ついには掻きむしる快感に似ている。
なんとうまい表現なのでしょう。
我が家にもそういう男が一人おります。
という私も。。。。。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-17 21:46
> hanamomo60さん、きようは四冊買ってしまいました。
「疫病の世界史」なんてちゃんと読めるのかどうか、でも手が勝手に取り上げていました。
Commented by ikuohasegawa at 2020-02-18 06:27
アッタメごはんに納豆と生卵、生醤油。好物です。
アッタメは、これでもかというくらい熱々にするのが流儀です。
温かいご飯でもレンジにかけます。
Commented by at 2020-02-18 06:35 x
野村克也とかけまして、小林秀雄とときます、ほしゅの極みです(汗!
Commented by j-garden-hirasato at 2020-02-18 06:51
野村克也さん、
いろいろな面で、
スゴい人だったんですね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-18 10:25
> ikuohasegawaさん、ふっつふッ、いいながら食べるのですね、よいなあ。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-18 10:26
> 福さん、ほ~!しゅぐれた謎かけです。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-18 10:27
> j-garden-hirasatoさん、この人とか衣笠とか苦労したスターは味がありますね。
Commented by Deko at 2020-02-18 19:12 x
野村克也さんは愛妻家?奥様の後を追うようにして逝ってしまわれましたね。名監督で選手に慕われていたのでしょうね。お父さまが戦死されて苦労して育ったという事を徹子の部屋で話されていました。其処に根付いて海外でで活躍されている素晴らしい人たちがいるのですね。日本の誇りですね。
Commented by saheizi-inokori at 2020-02-18 20:58
> Dekoさん、愛妻家ですよ。
彼女の欠点も含めて受け入れていたようです。
政治家はだめ、日本の恥です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2020-02-17 11:31 | 映画 | Comments(22)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori