寒くなると亡き親たちを想う

きょうはマクラなしで祖母の歌から。
この秋はこがらし早くこぞめでしさくらもみじは見ず過ぎにけり
テレビもない頃、祖母にとって桜や紅葉を見る楽しみはいかほどだったろう。
今なら、連れていってあげるのに。
寒くなると亡き親たちを想う_e0016828_09362117.jpg
(けさの散歩で撮った写真、動く花がピンボケだ)

母の句。
学生ら秋陰まとふ喫茶店
秋陰、しゅういん、秋の曇った天候。
母が自ら喫茶店に行くことはなかったから、俳句の仲間あたりとの会合でもあったか。
青春の懊悩を抱えた学生が入ってきたか。

ちょっとした光景、こういうことを話し相手になってやれればよかったと思う。
寒くなると亡き親たちを想う_e0016828_09370554.jpg
(「しろいし」にある盃、黙っているとこれが出てくる)

The winter is just around the corner!

Commented by そらぽん at 2019-11-11 21:47 x
学生ら秋陰まとふ喫茶店
 
 若い学生らへ優しい眼差しの女性がいた喫茶店
 秋陰とよまれたお母さま 
 なんでかな 涙がでそうになりました 
Commented by ikuohasegawa at 2019-11-12 05:53
これからますます寒くなるのですね。
燗酒がうまくなります。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-11-12 06:13
笑っちゃって、
こぼしそうです。
Commented by saheizi-inokori at 2019-11-12 06:43
> そらぽんさん、さりげない一場面にちよっとドラマを感じました。
Commented by saheizi-inokori at 2019-11-12 06:44
> ikuohasegawaさん、きのうの「はじめ」はうまかったです。
Commented by saheizi-inokori at 2019-11-12 06:45
> j-garden-hirasatoさん、こぼす?はて?
Commented by saheizi-inokori at 2019-11-12 06:47
> j-garden-hirasatoさん、わかりました、杯のことですね。私はあまり笑わない、むしろしみじみと眺めます。
Commented by hanamomo60 at 2019-11-12 11:11
>テレビもない頃、祖母にとって桜や紅葉を見る楽しみはいかほどだったろう。
今なら、連れていってあげるのに。
>ちょっとした光景、こういうことを話し相手になってやれればよかったと思う。
そんなふうに思うお孫さん、息子さんに育てたおばあさまとお母様は温かな方たちだったのでしょうね。
しみじみと二つの歌と句が心にしみます。
Commented by saheizi-inokori at 2019-11-12 13:48
> hanamomo60さん、やっとこの年になってそんな気持ちになりました。
Commented by tona at 2019-11-12 18:37 x

祖父母や父母の時代の苦労の上に今の自分があります。
してあげたかったほどが山積みです。


祖父母や父母の時代の苦労の上に今の自分があります。
してあげたかったほどが山積みです。

祖父母や父母の時代の苦労の上に今の自分があります。
してあげたかっことが山積みですがすでに遅しです。










Commented by saheizi-inokori at 2019-11-12 19:05
> tonaさん、それでいてやるべきでなかったことや言うべきでなかったこともたくさんあるのですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2019-11-11 09:57 | わが母と祖母の遺したまいしうた | Trackback | Comments(11)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori