とても幸せから少し幸せになった昨日のこと

きのうは病院の定期診断、といっても血圧を測って特に異常がないかと訊かれて、ものの3分で終了する。
「居残りさんは、自分でも70代だとは思ってないでしょう」、医者って患者にお世辞いうのか。
でも気持ちよくないわけがない、そのまま砧公園へ。
爽やかそのものの秋晴れ、歩きながら、いい先生だ、そういえば昨日のパン屋のおばさん、僕が行くとわざわざ奥から出てくる(店が出来たときにいろいろアドバイスしたのを徳としてくれる)八百屋のお姉さん、サンチと歩いていると声をかけてくれる近所の奥さんたち、「居残りさんのオジサンだ」と歓声をあげる上のタケちゃん、、「俺っていい人ばかりに囲まれているなあ」などと多幸感、子供みたいだ。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09521689.jpg
やはりここも桜の紅葉がイマイチぱっとしない。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09515293.jpg
近所の桜並木も数年前までは、うっとりするような光景を見せてくれたのに、ことしも見るところなく散っていく。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09505389.jpg
はらはらはら、、風もないのに落ち葉が散るよ、ハミングしたくなる。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09502420.jpg
いい人ばかりって、僕がお金を払う人たちだったり、とくに人畜無害ゆえの普通の社交なのだ。
人生ってそんなに甘いものじゃない、風向きが変われば「いやな人ばかり」になるのかもしれない。
それは分っている、分かっているから、今の「シヤヤセ気分」を喜んでいたい。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09495833.jpg
用賀駅に向かう道で変わった色のバラをみつけた。
「ブラック・ティ」というらしい。
僕はほんとは道ばたの野菊ファンなんだけど。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09492102.jpg
カフェに入ってサンドイッチと香り高いキリマンジャロで昼飯。
隣席に昼休みの男たちが7人ほど、よくしゃべる男の話し方がうまいせいか、残りの連中の笑いや同意の声が絶えない。
話の内容はというと、取引先の男たちのファッションなど、他愛もない噂話。
みんなが帰ってから、マスターに「あの人たち、前にも来てたけれど、、」と水を向けると、外資系の会社の営業マンたちだという。
今の人たちはああいう風にみんなでコミュニケーション取らない、ああやってさりげなくお互いの気持ちや情報交換するって大事じゃないでしょうか
とシンパシイがある。
そして、一人できてスマホばかり見ている人たちについて、やや否定的なニュアンスでコメントしたかと思うと
男はああやって人の話を聞くからいいですよ。
女性たちはひどい、大勢で来ていてバラバラに話していると思うと、耳に入った人の会話に平気で割って入って自分のことなど話しだす。

勘定を終えて外に出ても、いつまでも延々と話している。
そして道いっぱいに広がって歩いて行く。

社会的マナー教育ができてないんです。
と、物静かな外見からは、びっくりするような断定的・感情的発言。
はじめは、そうそう、なんて相槌を打っていたけれど、ちょっと引けてしまった。
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_09513161.jpg
空気が抜けた風船玉のように、さっきまでの多幸感も醒めて、かといって気持ちの好い天気には変わりがないので、バスで恵比寿に出て来週の松本行の切符を買ったり、学芸大・五本木あたりをぶらついて、
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと_e0016828_11165833.jpg
見知らぬチーズ屋で「カルヴァドス」という高級な奴を張り込んでみたり、「眼鏡の愛眼」で「ブルーカットのパソコン用・中近眼鏡」を作ったりして帰宅したのであります。


トラックバックURL : https://pinhukuro.exblog.jp/tb/26161450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 作文 at 2022-01-09 00:30
タイトル : 作文
とても幸せから少し幸せになった昨日のこと : 梟通信~ホンの戯言... more
Commented by そらぽん at 2017-11-08 13:55 x
体調もすこぶるで 美しい光の中の散策。
チーズのお味は如何でしたか   
勝手に、後ろを歩かせて頂きました。
来週は松本。楽しみにしています

    
 
 



Commented by jarippe at 2017-11-08 17:17
秋の柔らかく優しい日差しの中で
いろんな人がいろんな仕事をして生活している
雑然とした中にゆったりしたものが見えて
平和だなー ・・・・・
来週ですか 来週私は義父母の法事です
岐阜33回忌 義母17回忌合同です
お互いにお天気のいいといいですね
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-08 17:19
> そらぽんさん、チーズは「日本酒に合うのを」と言って選んだのですが、濃厚で沖縄のなんとかいうのに似てましたよ。
松本は一泊だけ、お試しツアー、サンチとカミさんも一緒です。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-08 17:21
> jarippeさん、こんな平和なのに、ぶっ壊そうとする連中、許しがたいです。
長期天気予報ではあまり好天ではなさそうで、ちょっと心配しています。
Commented by wawa38 at 2017-11-08 18:34
わたくし、数人の友人「おばさん連」で行動することがあります。
>女性たちはひどい
と思われているのでしょうか。周囲に迷惑かけないよう注意を払っているのですが、少し心配。
でも、おばさんを一束にして評価していただきたくな~い、気持ちです(^^
Commented by kogotokoubei at 2017-11-08 18:38
カフェのマスターのお話、言い分は共感する点もありますが、果たして客にそういうことを長々と話すというのは、接客商売として、どうなのでしょうね。それも、シラフでしょう^^

松本には奥さんもサンチもご一緒ですか。
天気が良くなることを、私も祈っています。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-08 19:16
> wawa38さん、そうですよね、男だってマナーのよくない連中は腐るほどいますし。
なんかあったのか、特殊事情かもしれない。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-08 19:17
> kogotokoubeiさん、だからちょっと引いてしまいました。
なんか天気予報はよくないんですね。
私の一人旅はよく晴れるんだがなあ。
Commented by hanamomo08 at 2017-11-08 23:11
カフェのマスターの話、そうなんですね。
でも客商売の人がお客のことを言うのは、どうなんでしょう。
saheiziさんを信頼しての発言だったのかも。

多幸感を味わうって素敵な事!
そう思えない高齢な方が多い気がします。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-11-09 06:17
幸せ気分で、
楽しい一日でしたね。
そういう日々、
送りたいです。
Commented by haru_rara at 2017-11-09 07:53
うふふ、そういうおばさんたちが案外まっとうな考え方をしているやもしれませんのに。
どこかの受け売りですが、井戸端会議的に勝手に自分のことしゃべって満足している、っていうのはいいことだそうですね。

佐平次さんが幸せなお顔で散策していらっしゃるところを勝手に想像してニッコリしました。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-09 10:51
> hanamomo08さん、「一時間以上いる人にはお代わりをお願いしてます」とか「どうせ誰もこないんだから遅く店を開きました」、いままでにもちょっと変わっている人だなあ、でもそれが面白いと思っていましたが、、偏屈も過ぎるとね。
省みて自戒しました。
ブログでコメントを頂けるのも幸せ感の土台になってます^^。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-09 10:52
> j-garden-hirasatoさん、いいことに目をやる、そういうことも大事だと思うように、やっと今ごろ、、。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-09 10:55
> haru_raraさん、今読んでいる「吉里吉里人」、吉里吉里国の国会は愚人会議、ぐるぐる回るバスの中が国会議事堂、国民は誰でも「愚人○○」という名札をつけて乗り込み、井戸端会議的に脱線脱線又脱線、それでまともな答えを出しています。
背筋をしゃんとして、顎を引いて歩きましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2017-11-08 11:22 | よしなしごと | Trackback(1) | Comments(14)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori