久しぶりのフレンチフルコース 美味しいけれどこたえたよ  銀座「シジエム・サンス」

パリ・トウールダルジャンからホテルニューオータニ大阪総料理長を歴任したドミニク・コルビー氏の店。店名は”第6感”という意味。一階からずっと部屋の周りはワインセラーが壁一面に展開される。山本容子のデザイン。俺などはちょっと・・メンテが大変だろうな、とか金かかったんじゃ?とか無粋なことを考える。2年ほど前にできて評判の店らしい。俺は知らなかったが。今日は2階奥の特別室で、ちょっとVIP気分で。専用の厨房がついていてシエフは我々と会話しながらつくってくれる。

まず、株の、なんて書くとライブドアみたいだ カブのブラマンジエ、真鯛などを使ったアミューズブーシュ
つぎは比内鶏とセップ茸のガトー仕立て 貝類のオリーブオイルムース和え(写真を撮ったけれど携帯ではうまくいかないので省略)
久しぶりのフレンチフルコース 美味しいけれどこたえたよ  銀座「シジエム・サンス」_e0016828_2017870.jpg久しぶりのフレンチフルコース 美味しいけれどこたえたよ  銀座「シジエム・サンス」_e0016828_20172561.jpg













左上・ヴァンデ産鴨フオアグラのポアレ パンデビスのフレンチトーストとジロール茸、トマトエピス風味のモヤシとともに  エピス(香辛料)を12,3種類も使っている まさに”ともに”で、全てを一緒に食べると口中広がる玄妙な味のシンフオニーがたまらない
右上・真ダラのアリゴ(フレッシュチーズ、マッシュポテト、バター、生クリームでつくる)仕立て 当たり前だがタラがいいものだ
久しぶりのフレンチフルコース 美味しいけれどこたえたよ  銀座「シジエム・サンス」_e0016828_20313311.jpg久しぶりのフレンチフルコース 美味しいけれどこたえたよ  銀座「シジエム・サンス」_e0016828_20305120.jpg













左上・シャラン産鴨胸肉のロースト カシスソース カブのフアルシ(詰め物というのかな)とともに カシスのコルネが可愛い
右上・3種類のコーンフアルシ 三種のムースとグラスとともに

最後に小菓子とカフエ
俺はフレンチはあまり得意じゃない 嫌いというわけではないが、まずフランス語が分からないし、何となくバターやクリームが身体に悪いような気がして(お財布問題もあるが)
しかし、前の仕事のときに半分義務みたいにして食べてみると昔ほどしつこくない(それを嘆く人もいるが)
そもそもイナカッペいの貧乏人にはフレンチ=洋食でフルコースといえばステーキとサラダとスープにお魚 こんなにいろんな調理法があるなんて全くもって想定外だった

すっかりお任せしたワインがそれぞれ美味しい ワーキャー言っているうちに全て食べつくした
某中華の有名料理長やフレンチレストランのオーナーシエフ、料理研究家などと一緒
皆さん満足げだった
でもやはりこたえるなあ ところが専門家は「ちょっと軽めでしたね」だと しかも二次会がスパイシーな料理の店 再びしっかり食べているのだ わしゃかなわんよ
(この後三日間毎日酒抜き、うどんとか野菜スープの食事で暮らしました。落語じゃあるまいし、夜飲まないで昼飲んだんじゃないよ)
Commented by so-cute at 2006-01-27 05:02 x
たいてい、フレンチが重いとかこたえるとか言う人って、パンにバター塗って食べてます。パンはアイスクリームに添えてあるウエハースみたいな物。お口直しか皿に残ったソースを付けて食べる物。フレンチは料理にバターを使っているので、更にパンにバター塗って食べると途中でギブアップになりますよ。と言っても今はバターの変わりや半々でオリーブオイルをつかったりしてだいぶ軽めに仕上げてあるので、時々塗りたくなりますが。その後3日間うどんに野菜スープですって!?ご愁傷様です。代わりに食べてあげたかったです。でも、二次会でまたしっかり食べた方っていったいどんな胃袋なんでしょうね。私だったらフレンチの後、お鮨を2~3個食べたくなります。
Commented by 夢八 at 2006-01-27 07:57 x
素晴らしいフレンチですね。鴨肉のお料理くらいまでは、
味が想像できますが、後のものは、微妙ですね。
フレンチも、日本食や、イタリア料理の影響で、様変わりしていますが、
テクニックは健在のようですね。
相変わらず、美味しいものとの遭遇で、うらやましいです。
Commented by saheizi-inokori at 2006-01-27 10:07
so-cute さん、おそろしい!私めはバターはホンの一口味を見るためになめただけでござりました。そうですねお寿司なら私も。フオアグラ状態でも食べます。ああ、誰か口の中に突っ込んでくれないかな。
Commented by saheizi-inokori at 2006-01-27 10:08
夢八さん、どういたしまして。そちらこそ毎日味の極楽探訪!裏山でござりまする。
Commented by 髭彦 at 2006-01-27 18:08 x
佐平次さん

という訳だったんですか!

畳鰯の文字を見た途端に、あの香ばしい匂いと冷の純米酒がありありと浮かんだのですが、悪い歌を詠んでしまいましたね。
どうぞ飲みすぎませんように。

拙歌に共感していただけてうれしいです。
ありがとうございました。
Commented by そら at 2006-01-27 21:16 x
フレンチですかぁ。。。味の想像ができないけれど(爆)おいしそう♪
私、最近、油っぽいものがダメになってきた。。。
イタリアンも(といってもただのパスタ屋さんだれど)オリーブオイルたっぷりだと、そのときおいしくいただけても、後でダメ。。。
「そのときおいしくいただける」今のうちに食べておこうと思っている食いしん坊です。
「専門家」の方々は、胃腸も丈夫なのかしらね。

Commented by saheizi-inokori at 2006-01-28 09:01
そらさん、専門家は恐ろしいですよ。胃腸が丈夫だから専門家になったのか専門だから頑張っているのか。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2006-01-26 21:00 | 気になる店・ひと皿 | Trackback | Comments(7)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31