イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜

9日から11日まで、わずか二泊三日の旅ともいえないほどの旅だったが、温度差が20度近くあったり、永平寺、原発、茶屋町に古刹と多彩な旅だったから、振り返ると長い旅だったかのように感じられる。
そのなかでも初日に行ったイタリアンレストラン、港町敦賀の真ん中だけど路地裏に忽然と現れる楽しくもうまい店、これがそもそもの旅の目的だった。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_1057263.jpg
二階は、「リストランテ ポルコロッソ」、今は特別なときしか開かない、今日は一階の「トラットリア アンティカカーサ」。
「時代屋」という意味だそうで、なるほど店内は壁と言わず棚と言わず、視線の先には皿や人形、玩具、置物などが飾られて、それを見ているだけで楽しい。

こんど誘ってくれた秋田の友人の奥さまの弟夫妻の城なのだ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_1162231.jpg
ヴェネツイアで修業したシエフが得意なものはエミリア=ロマーニャの郷土料理。
気取らず、食材の良さでずんずん食べさせてくれる。
それにはシエフの腕もさることながら奥さまとスタッフの明るく爽やかなサービスも貢献度大だ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_1242521.jpg
良く冷えたスプマンテ(スパークリングワイン)が、暑かった日中の永平寺参りで乾いた喉を通り過ぎていく快感。
キャビアのカナッペの塩味とあいまってこれから始まる饗宴への期待をかきたてる。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11163648.jpg
ドラゴンフルーツを包んでいるのは「ジベッロ村のクラテッロ」、幻の生ハム。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11193925.jpg
白アスパラに乗っかったポーチドエッグにトリュフを惜しげもなく削って下さる。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11213516.jpg
その都度シエフがニコニコと自信に満ちてワインの名前や料理の説明をしてくださったのだが、メモを取らなかったから忘却の彼方だ。
覚えているのは、グビグビと行儀悪く飲み、ぱくぱくと食らい、ぺちゃくちゃと語り、ワハハと笑っていたということばかり。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11253111.jpg
ポルチーノのパスタ。
香ばしく独特の親しみを感じさせる一品。
イタリア料理は和に通じるのだろうか。
前に群馬県の山の中をドライブしていて見つけたキノコ(ああ、名前を思い出せない、グヤジイ)のラーメン、そのスープの味を思い出したのだ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11311677.jpg
福井だから蟹にしようかと迷った挙句にエビにしたとシエフが語ったが、ど~んと力強いオマール君、それに負けないしっかりしたスープで最高でやんしたよ。
このあたり、感動のあまり、酔いもまわってピンボケではないか。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11351687.jpg
華やかな香りでありながらすっきりした赤ワインの二本目あたりで、骨付きラム君の登場だ。
粒辛子、バルサミコのソースが良く合う。
タイちゃんがいたら喜ぶだろうなあ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11385513.jpg
デザートの前に、グラッパが出るとすでにはちきれそうになっていた(そうそう、パンを食べていたんだ)腹に隙間が出来るのがいつものことながら不思議だ。
いや不思議でもなんでもない、単に食いしん坊というだけ。
それでシエフの「チーズはどうしますか」の問いに渡りに船と飛び乗った。
蜂蜜をかけたチーズも、グラッパに合うのだなあ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11423310.jpg
ゼリーの何かが入っていたコップの絵がカワイイでしょ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11511716.jpg
コーヒーカップも。
たっぷりのフルコース、会話もフルコース。
イタリアンは敦賀に限る。
食事後、二階の店の中も案内していただき帰途に就いた。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_1158651.jpg
終業後、片付けや仕込などをして休むのは朝になることが多いそうだ。
夫婦のチームワークが良くなくては三日と続かないのではなかろうか。
俺たちは単にウマイ料理を食っただけではなくて、仲睦まじいお二人の精進をいただいたのだ。
イタリアンは敦賀に限る 「トラットリア アンティカカーサ」の愉快な一夜_e0016828_11503237.jpg
駅前通りには「銀河鉄道999」の登場人物があちらこちらで見送ってくれた。
Commented by kuukau at 2013-03-13 12:28
こちらにも美味しい店が多いよ。新鮮な素材と確かな舌を持ってるシェフがやってるので予約も取りづらいほど流行ってます。
都会では考えられないほど安いしね。
こういうお店は地元民が大切に守って欲しいね。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 12:34
空子さん、そうかあ、イタリアンは海のある地方に限る!ですね。
Commented by LiberaJoy at 2013-03-13 15:10
昔、仕事で清水市に行った時。海の見える場所で、地中海料理だか、スペイン料理だか失念したが(もちろん名前も)、めちゃくちゃ美味しいお店に入りました。行けば、思い出すはず。
当時、エスパルスの外国人選手が来ていて、騒いでいた。
はい、安かったです。
静岡放送の方に教わった。
あッ、今は静岡市清水区か。
Commented by tona at 2013-03-13 15:46 x
凄い御馳走ですね。
びっくりです。
ところでこれだけの量を少しは残されたのですか?
銀河鉄道999は何かこの地に関係あるのですか?
Commented by marsha at 2013-03-13 17:03 x
新鮮な魚介類を使ったイタリアン、そりゃー美味しいでしょう。増して、シェフは本場で修行された方とか。ポーチドエッグにトリュフを惜しげもなくタップリ削って載せてくれる、凄いサーヴィスですね。 オイルでも塩でもトリュフの香り付きというだけで、信じられない程のお値段がつくのですから。 
どのお料理も嫌いな物は1つも見当たりません。
敦賀にそんな良いお店があるなら行ってみたいです。
もう久しく小浜にも行っていません。
若い頃はちょくちょく行きましたが、その頃は原発建設中だったんですね。物凄い工事でした。 
Commented by poirier_AAA at 2013-03-13 19:25
美味しそう〜。
いかんいかん、一時帰国のときはまず和食です^^。
Commented by yukiwaa at 2013-03-13 20:08
う~~ん。美味そうって当たり前かな。日本海の海の幸のイタリアン
自由になったら行けるんやろうか?
母親の里は福井です。敦賀も永平寺も小浜も息子達が小さい時に行ったきりです。
皆で川で魚を槍で突いてとっていたら、川の流がきつくなり、主人が日本海に流されそうになりました。今は「懐かしい思い出」です。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 20:49
LiberaJoyさん、素材が良くて海の傍という環境が良くて志のあるシエフがいたら、うまくもなりますね^^。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 20:51
tona さん、残すなんて、もったいない!
きれいに舐めるようにいただきました。
銀河鉄道と戦艦ヤマトの像がたくさんあったのですが、どうやら敦賀が鉄道と港の町ということ以外には接点はなさそうです。
Commented by 豆ママ at 2013-03-13 20:52 x
昨年クリスマスに福井に行ってました。(法事で・・・)
折角なので、あちこち寄りたいと思ったものの、年末の予定はあるし、天候が悪かったりで、結局とんぼ帰りでした・・・。
いつか敦賀も行ってみたいです。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 20:54
marsha さん、そうです、機会を作ってぜひどうぞ。
原発も見に行きました。
美浜ですね、敦賀市の中心から10キロちょっと位、危ないですね。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 20:54
poirierさん、ふぐ料理に寿司も食べましたよ^^。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 20:56
yukiwaaさん、越前は古来豊かなところだったようですね。
こういうところで子供を育てるのはいいですね。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-13 20:57
豆ママさん、敦賀もいいですが小浜もお薦めです。
古い由緒あるお寺をゆっくりめぐってください。
夜は海の幸です。
Commented by みい at 2013-03-13 21:24 x
こんばんは
 わあ~すごいどれも美味しそうですねえ。
コーヒーカップ、ステキですね。こんなの欲しいです(笑)
いい旅できてよかったですね!
Commented by keiko_52 at 2013-03-13 22:08
ご馳走様でした。
おいしそうですね~
楽しい旅でよかったですね。
Commented by at 2013-03-13 22:41 x
ちょっと、至福やんか、それって・・・・、ええなぁ、
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-14 10:09
みい さん、カップにお皿も良いものが使われて料理の味を引き立てていました。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-14 10:11
keiko_52さん、居酒屋専門になった私でもたまにはこういうチャンスが訪れるのです。
まだまだ、生きていなきゃ^^。
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-14 10:12
蛸さん、小浜の仏たちも至福でしたよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2013-03-13 11:59 | 気になる店・ひと皿 | Trackback | Comments(20)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori