「放射線管理区域」の意味を知らない官僚が学校の放射線量基準を決めている!

福島県川俣町の農家の主婦・佐藤さんが地元の話をする。
30年間農業をやって来て築いた生活が一日で消えてしまった。
今、福島では家庭崩壊まで起きています。
教育も何もない私たちに分かるように説明してください。

彼女は二人の息子を山形に疎開させたけれど、そういうことが出来ない人もいるし、したくない人もいるという。
「放射線管理区域」の意味を知らない官僚が学校の放射線量基準を決めている!_e0016828_184259.jpg

最初一台もなかったガイガーカウンターをやっと買って貰ったのが県内1500校に対してたった20台。
それで3日間で測る。校庭の真ん中一か所だけ。ホットスポットがまだらにあるのに。
それでも75.9パーセントの学校が「放射線管理区域」(放射線量が一定以上ある場所を明確に区域し人の不必要な立ち入りを防止するために設けられる区域。放射線管理区域では18歳未満は就労させることは労働基準法で禁じられている。)の基準を超えて20.4パーセントはその上の「個別被曝管理」が必要なレベルに達していた。
「放射線管理区域」の意味を知らない官僚が学校の放射線量基準を決めている!_e0016828_1872055.jpg
(法律ではこの標識を掲示しなければならないことになっている)

その「放射線管理区域」というのは0.60μシーベルト/時間=5.2mシーベルト/年。
そして19日に文科省は福島県の小中学校、幼稚園、保育園の子どもたちは20mシーベルトまで被爆してもいいと言う考え方で県・教育委員会を指導したのだ。
誰が考えても20は5.2より大きい。
18歳未満の人が労働してはいけないところで子どもたちを学ばせて良いのか!?
政府交渉に現れたのは安全委員会1人、文科省3人。
こちらは100人くらいかな。
「放射線管理区域」の意味を知らない官僚が学校の放射線量基準を決めている!_e0016828_1810088.jpg

まず、上に書いたことの事実を知っているかどうか尋ねると
(あらかじめ貰った)質問事項にないから、、
じゃあ、もしこれが事実だとしたらどう思うか
・・・
ところで、あなたは「放射線管理区域」の意味をご存知ですか
知らない、、個人としては知らなくても文科省という組織で知らないかどうかは、、
反原発の人から見るとICRPというのは困った組織なのだが、その困った組織ですら「1~20mシーベルト/年を暫定的な考え方を示しているのに、なぜその最高値を採用するのか、と今度は安全委員会に質問すると、答えが出来ない。
業を煮やして、安全委員会が20ミリでいいという答えを出した経緯は?と訊く人に対して
19日の14時頃政府から助言要請を受けて、事前に文科省と十分に打ち合わせもして方向付けも出来ていたので、16時に政府の考え方でいいと安全委員会の総意で答えを出しました。
安全委員会は開いたのですか?
開いていないと思います。
委員会も開かないで5人の委員の意向をどのように確かめたのですか。
(13日の安全委員会の会見で代谷誠治委員は、「校庭で土壌から巻き上げられた放射性物質を吸い込み、内部被ばくする場合のあることを考慮すべきだ、少なくとも大人の半分をめざすべきだ」と述べて、その後「これは個人の見解で委員会の意見ではない」とした経緯があるのだ。)
子どもの命に関わる決定をどういう根拠で、誰がどういう意見を云って20mという決定をしたのか?議事録を示して欲しい。
答えに詰まって
助言をしたのは委員会だけど決めて実行するのは文科省だから、、
などとつぶやくから、会場は騒然、涙ながらに
おめさんたち、子供で人体実験する気かい!
と怒る母親、女性参加者の多くが涙ぐんでいた。

内部被曝のことは考慮していない。それはそういうシュミレーション結果だったと問題発言があり、じゃあどんなシュミレーションをやったのかと問い返されてひとことも言えない。
政府の積算線量が23日以降しか発表がないことを訊かれるとモニタリングしてなかったと答え「虚偽答弁だ!12日からあるはずだ」と会場からの声に「あります」。
「放射線管理区域」の意味を知らない官僚が学校の放射線量基準を決めている!_e0016828_18174777.jpg

大人と子供を同一基準で、しかも最大値(最も危険)で決めた理由を答えることも当然出来ない。

2時間弱、質問のほとんどに答えられず、空しく「持ち帰って、、」、すべてが宿題となったが、そうしている間にも福島では子どもたちが歓声をあげて校庭をかけ回ったり転んだりして砂埃を吸いこんでいる。
文科省っていったいなんだ?
安全委員会って、
文科省にそういう決定をさせた民主党政府って!?

この交渉のYouTube↓
http://www.youtube.com/watch?v=L1ocUT17Axc

東北関東大震災 緊急支援クリック募金
トラックバックURL : https://pinhukuro.exblog.jp/tb/14645607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三保小次郎 at 2011-04-21 18:36 x
東大、東工大の「先生」が母乳の母乳の放射性物質を心配ない量だと。
母乳に出ること自体が問題なのに、火消し、水をかけることに躍起です。彼らの顔を見ていると、ひやっと冷たいものが背中に走ります。
Commented by naou7 at 2011-04-21 19:28
少子化対策とは名ばかりなんですね。。。
愕然としました。
Commented by mama at 2011-04-21 19:41 x
何だこれは!読みながら涙が出てきました。読み飛ばしたのかと思って、冷静になろうと努めながら読み直して、怒りで震えてきました。この国は、私たちを守ってはくれないのだ・・・子どもさえ守ろうとしないのだ。
未曾有とか前例がないとかいうのじゃなくて、常日頃から、役人たちがどんな気持ちで自分の仕事に当たってきたのかが、こういった時に表れるのだと思うのです・・・なあなあで決まったことを伝えるだけで高いお給料をもらってきたんだろう。こんな時こそ「自分の子どもだったら」とがむしゃらになれよ!!必死に勉強しろよ!!と、涙が出ます。
Commented by cocomerita at 2011-04-21 20:16
Ciao saheiziさん
まさにチェルノブイリの二の舞のような気がしてきた...
しかし、省と名のつく期間は昔から大嫌いだったけど
いやはや、ここまで腑抜けとは
この人たち、真剣になるという能力に欠けている
子供たちの、そして人々の健康の安全について、この表面的な対応
将来の発病率に関わってくるのです
いい加減に、じゃあ20くらいにしとく?なんて決めないでほしい
しかし、何とも腹の立つ
手が出なかっただけ、みんな偉いね
Commented by 小言幸兵衛 at 2011-04-21 20:50 x
チェルノブイリにおける“当局”の連中は、分かっていて確信犯で、ある意味で堂々と悪さをしていましたが、日本の当局の姿ときたら・・・・・・。
こんなアホどもに使われてきた血税を返してもらいたものです。
落語でいう「丸太ん棒」とは、こういう血も涙も、そして頭もない連中のことでしょう。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 21:10
三保小次郎さん、一番大切なことが抜けていますね。
自分が間違えないこと、ミスらないだけを大事にしている。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 21:12
naou7 さん、まったくだ。
どんなきれいごとを云ってもそれは仕事の建前でしかないのですね。
心から、ということがない。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 21:14
mama さんと同じことを思いました。
あなた方は官僚である前に人間だろう。そうしたらそういう言い方になるのか?!と。
同じ趣旨のことを発言した人もいましたが顔色一つ変わらなかったなあ。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 21:15
cocomerita さん、時に大きな声も出ましたが、驚くくらい紳士的でしたよ。ハラワタは煮えくりかえっていましたが。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 21:17
小言幸兵衛 さん、丸太ん棒じゃなくて板っきれですかね。
情けない話です。
Commented by hanarenge at 2011-04-21 22:36
原子力安全委員会?だったか、班目氏(こんな字でいいのかどうか)が、割り切らなきゃ原発など作れないと言ったんですよね。
割り切るとはこう言う事ですか。
そして、誰も責任を取らずに必死の運動はたらい回し!
もう、関係ないと感じている(わたしもそうだった)日本人は、これを我が身の事に置き換えて考えないといけないのです。
saheiziさんいつも貴重なアップを有り難うございます。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 23:34
hanarenge さん、それにしても福島の子どもたち、可哀そうです。
この運動の要求が通れば集団疎開とか授業中止もありうるのです。
もちろん除染などの要求もしていますが。
Commented by kaorise at 2011-04-22 00:20
この仕打ち、人間ではありませんね。
こういうのを本物の冷酷というんです。
福島の子供を持つ親御さん達は、きちんと政府が安全な対応をするまで結束して子供の通学ボイコットしてもいい。
みんなで束になって何かをやって、社会的に大きな問題にしないと、連中はのらりくらりだと思います。
やつらの言うことを真面目にきいて子供達で人体実験されてはなりませんよ、、、!
Commented by kanafr at 2011-04-22 06:14
こういう会で、今、こういう質問を受けるだろうと予測はついた筈です。一応エリートなら...。
然しながらその準備もなく答えられないというのは、「来たくなかったけれど、とりあえず上司が行っとけ。そうしないとうるさいから」って言われたから?
それとも文科省の役人様に対し、安全委員会のメンバー様に対して、そんじょそこらの一般庶民からこういう質問されるとは思ってもみなかった?
人をバカにするももいい加減にして欲しい!
その一般庶民からの税金で頂いている給料分の仕事位ちゃんとやれ!ですよね。
ホント殴らなかった皆様偉いです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-22 09:56
kaorise さん、避難するところもない、したくない。家族が離れ離れになりたくない。
そういう心を逆手に取って安易に“仕事”を進める文部行政、本当は官邸サイドからそうせよと言われても身体を張って子どもたちの健康を守るべきなのに!
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-22 09:59
kanafr さん、レントゲン一回分とかいうのなら放射線管理区域のことなどイロハのイです。
質問される以前にわれわれ素人に教えてくれる立場の仕事をしているのですよ。
医師免許もない執刀経験もない医者に心臓手術をして貰っているような気がしました。
Commented by antsuan at 2011-04-22 10:35
わざわざ専門学校に通って診療放射線技師の国家資格を取ったのは何だったのか。 もうこんな国家資格は不要ですね。
Commented by 小言幸兵衛 at 2011-04-22 10:53 x
本日の私のブログでリンクさせてもらうつもりですので、ご了解の程を!
Commented by みい at 2011-04-22 10:59 x
怖いですね~こういう人たちが!
記事読んでると涙出そうです!
子供たちどうなってしまうんだろう。
どうすればいいんでしょうか。
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-22 11:16
antsuan 、驚くほかはないですね。
ここまで菅の、官の空洞化というか劣化が進んでいるとは!
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-22 11:17
小言幸兵衛さん、どうぞ。これからはお互いにいちいち断りなしにリンクすることにしませんか?
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-22 11:19
みい さん、母乳から放射能が検出されても「ただちには影響がない」と表情一つ変えずに言う枝野!
人間の血が流れているのかと思います。
Commented by 小言幸兵衛 at 2011-04-22 11:41 x
お言葉に甘えさせていただきます。
私のブログも、どうぞご自由にリンクしてください。
Commented by at 2011-04-22 12:13 x
日本とゆう島の中の頭が狂って・・・・、
いかん、過激に走りそうやからこっちの頭冷やしてからコメント入れます。;;
Commented by Veem at 2011-05-01 17:27 x
そろそろ、もみくちゃの取っ組み合いをしてもいいと思う。
死の淵を垣間見せないと、本気で仕事出来ないのだから。
言ってもわからないのだから、もう実力行使しかないのではないか。
大体、科学者の安全ていうのは、今、一時的な意味合いだけを話している。20年こういう状態だとどうなるか聞いてあげないと。計算しかできない、気の利かない人たちが多いのだから。

次は、長靴投げてください。お願いします。
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-01 20:34
蛸さん、シーベルト星人に冒されてます。
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-01 20:36
Veem さん、私は長靴って持ってないんですよ^^。
空手チョップといきますか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2011-04-21 18:18 | 原発はいらない | Trackback | Comments(27)

ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・


by saheizi-inokori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31