多くの問いを含んだ世界がそこに描かれる 映画「瞳の奥の秘密」

最愛の妻を暴行殺害された男の人生。
彼にとっての復讐とはなんだったのか。
その復讐は彼に何をもたらしたのか。

犯人を追う刑事裁判所判事、高卒、正義感は強い。
エリート上司を慕うが高峰の花。
判事を支えるアル中同僚が面白くも哀しい。
多くの問いを含んだ世界がそこに描かれる 映画「瞳の奥の秘密」_e0016828_9412564.jpg

虐殺事件から25年、判事は事件を題材に小説を書こうとする。
事件(副次的な殺人もある)の謎解きを中心に二つ、いや三つか、の愛が描かれる。
喪われた妻を愛しつづける愛、目の前にいる女にもう一歩進めない愛、アル中の夫を持てあます愛。
それぞれの愛憎が25年間の軌跡を辿るのちに過去の物語ではなく現在の物語として蘇る。
回想が過去の物語に終わるのではなく再生の物語に成る。
それが観終わった後、いつまでも心に語りかけてくる、この映画の秘密だ。

背景は70年代のアルゼンチン・ブエノスアイレスの政治。
町の雑音が効果的に捉えられてBGMは切ない。
多くの問いを含んだ世界がそこに描かれる 映画「瞳の奥の秘密」_e0016828_9414974.jpg
(初物)
言葉では書き表しにくい独特の雰囲気・表現(リアリテイ)を持った映画だ。
映画らしい映画と言った方が良いかもしれない。
重厚に精密に塗り込められた油絵のような映画だ。
それでいながらふっと無常感が漂っているところは墨絵が下絵にあるのかもしれない。
多くの問いを含んだ世界がそこに描かれる 映画「瞳の奥の秘密」_e0016828_9421916.jpg
(尾山台フエステバル)

公式サイトはここ
Commented by junko at 2010-10-19 16:59 x
生牡蠣―
あー――生牡蠣ーーー
うまそーーー
ああ―もみじおろしまで添えてあるのですね
たまらない―――

あーーすみません
映画の話がーーできませーーーん
Commented by naou7 at 2010-10-19 17:57
おっ!気になる映画!生牡蠣もひじょうに気になる!
Commented by kaorise at 2010-10-19 22:16
大きな銅のやかん!
最近銅の調理器具に妙に魅かれてます。
うちにある古い銅のやかんが仲間を欲しがっているのかなあ〜
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-19 22:34
junkoさん、三茶の店でローマの人を羨ましがらせるんだと写真を撮ったのです。
あはは!いい気分。
いつも指くわえてるの仕返し^^。
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-19 22:35
naou7 さん、映画を見て牡蠣を食うのが正解ではないでしょうか。
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-19 22:36
kaorise さん、小鍋とかいろいろ見ているところで打ち出していました。
どんなお茶が淹れられるのでしょうね。
Commented by cocomerita at 2010-10-19 22:57
いつも指くわえてるのはあたしだけどーーーー!!
Commented by maru33340 at 2010-10-19 23:09
映画ご覧になったのですね。いろいろ考えさせられる骨太の傑作ですが、どうも牡蠣の魅力には勝てないようで…(確かに旨そうだ)
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-19 23:31
maru33340 さん、お薦めいただいてありがとう。
観て良かったです。牡蠣もうまかったけれど。
Commented by fukuyoka at 2010-10-20 00:18 x
ワー、なんて大らかなヤカンのプレゼント、ありがとう!!!!!何かこれからの良い事がイッパイ詰まってますね。 ホント、、そんな感じがするうれしいヤカンプレゼントです。
Commented by k_hankichi at 2010-10-20 06:02
生涯ベスト3に入る映画です。

牡蠣は、何かの暗喩ですか?
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-20 09:01
fukuyoka さん、持ちあげてみればよかったと、今写真をみていて思います。さぞかしどしっと持ち応えがあったことでしょう。
fukuyoka さんのこれからの人生もどっしりと、しかも美しい人生でありますように。
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-20 09:03
k_hankichi さん、ベスト3、しかも生涯の?もう一度見なおなきゃいかんかな。ちょっと字幕についていけないところがありましたから。
牡蠣はたまたまです^^。
Commented by c-khan7 at 2010-10-20 12:14
重そうですね。。映画も、ヤカンも。。
ずっしり。。
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-20 12:38
c-khan7 さん、でも味わい深い?
Commented by HOOP at 2010-10-20 19:17
うむむ、またもや「観たい映画リスト」に加えるべき作品が、、、
いつか観る日が来ることを祈りつつ。
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-20 21:35
HOOP さん、いつか、は無いでしょうね。もうすぐ終わりです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by saheizi-inokori | 2010-10-19 09:46 | 映画 | Trackback | Comments(17)

ホン、よしなしごと、食べ物、散歩・・


by saheizi-inokori