ホン、映画・寄席・芝居、食べ物、旅、悲憤慷慨、よしなしごと・・
by saheizi-inokori
カレンダー
最新のコメント
> 豆ママさん、丸くなっ..
by saheizi-inokori at 00:01
> ぺりかんさん、ありが..
by saheizi-inokori at 23:59
> jarippeさん、..
by saheizi-inokori at 23:54
> テイク25さん、今、..
by saheizi-inokori at 23:53
豆太も「一大事!!」って..
by 豆ママ at 21:43
いつも読ませて頂いており..
by ぺりかん at 20:19
どこか変 どころかみんな..
by jarippe at 20:04
佐平次さんが全てを言って..
by テイク25 at 17:09
> j-garden-h..
by saheizi-inokori at 08:48
> ginsuisenさ..
by saheizi-inokori at 08:46
どの国でも、 いろいろ..
by j-garden-hirasato at 06:24
こういう喫茶店・・最近な..
by ginsuisen at 23:10
> k_hankichi..
by saheizi-inokori at 21:16
> k_hankichi..
by saheizi-inokori at 21:15
> そらぽんさん、そうな..
by saheizi-inokori at 21:13
> takoomeさん、..
by saheizi-inokori at 21:12
横浜の銭湯、知りませんで..
by k_hankichi at 20:39
アップルと教文館の狭間か..
by k_hankichi at 20:38
サンチくん 涙でましたー..
by そらぽん at 17:36
和多志の親友はシリア難民..
by takoome at 10:38
梟仲間
「む一ちょ写真日記」
生きる詩
掬ってみれば無数の刹那
Pushpin Diar...
いまだ天命を知らず
アセンス書店日記
酔流亭日乗
江戸川土手を歩く
まさかり半島日記
三千綱ブログ
あぱかば・ブログ篇
HOME★9(ほめ・く)別館
あんつぁんの風の吹くまま
楽餓鬼
心の万華鏡  
あじさい通信・ブログ版
Tangled with...
うろうろ、ごそごそ。
響の言葉
猫額洞の日々
断想
空の下 歩けば
mitsukiのお気楽大作戦
季節の窓  Seaso...
八十代万歳!  (旧 七...
REIKO GOGO日記
書をつま弾く、そして歌う。
流木民
日本庭園的生活
新・クラシック音楽と本さ...
八王子便り
カラシニッキ
気ままな読書ノート、絵手...
私たちは20世紀に生まれた
無言歌      ...
Quel temps f...
維摩と語る
飛んでも八分歩いて十分・・
三百六十五連休(一)
イーハトーブ・ガーデン
ふくよかさんがゆく
隊長ブログ
なすびの花は無だばかり
楽なログ
渋谷のつま先
長坂道子「ときどき日記」
楽・遊・学・ビバ人生!!
明日晴れるかな
+nao日記+
胡乱亭
幸せごっこ
芙蓉のひとりごと
easy-writer
黒い森の白いくまさん
絵文字や顔文字は苦手です。
EL PAJARO
好都合な虚構
..., and trips
BOOKS WANDE...
私がローマで独りで始めたわけ 
飛んでも五分歩いても五分
一茶、二茶、三茶。
- Une phrase -
フランクフルトのロッテン...
新・はんきちのつぶやき
手製本工房 O塾
台湾出稼ぎ、ぼっち放浪記
dezire_photo...
梨の木日記
ハッピー・リタイア・ライフ
喫茶はるねこ
BEAUTIFUL THING
時のしっぽ
かるぺ・でぃえむ
ゆるりんのポレポレ日記
吾亦紅の晴れ時々くもり
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
ゆっくり生きる
酒彩・食彩・たまに旅
ブロ友パソコン相談室
老人専用住宅の床下から
だるまさんが転んだ♪
趣味燦燦
四季折々に
山歩路通信―さんぽみちつ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
quelque chose
言の葉遊び
とことこお散歩
一人の時間を大切に
絵日記日和
赤いガーベラつれづれの記
光を求めて・パチリ
続・八曜社
時流れるままに
気がつけば50代
花の時 風便り
日々是あれやこれや
徘徊する修道女
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
アメリカからニュージーランドへ
唐古呂春夢 ♯1
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
世に倦む日日
野ウサギの足跡
65歳専業主婦の生活♪
霧島の森よりキルトととも...
シークレット・エージェン...
風のとおる家から
ほぼ独り暮らしの日々。 ...
噺の話
今が一番
春のよき日に vol.3
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
SFX巨人伝説ライン
ないものを あるもので
rin時日報3
最新のトラックバック
「ブラック・ベルベット」..
from 粋な提案
遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
慰安婦強制連行は産経新聞..
from 普通の日本人がネトウヨを論破..
シェイクスピアに、プロコ..
from dezire_photo &..
カテゴリ
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
2016年 06月 05日

孫の運動会から懐かしい井の頭公園に

帰国したサエが転校した中学の運動会に行った。
午前中は天気が崩れる前にと洗濯やら何やらやって午後から参加。
久我山でユイの高校願書を出しに行ったときにカツ丼を食った蕎麦屋でお礼参りに「冷やしタヌキ」を食う。
人見街道、井の頭に住んでいた頃、夜遅くに車で帰宅した道、運転手泣かせの道、いろんなことが沸いて出るように思い出されてくる。
e0016828_11411397.jpg
応援ポスター、サエも参加して作った由、優秀賞に選ばれた。
e0016828_11395455.jpg
パンクイ競争、縄跳び、徒競走、、あまり競技種目は多くない。
強風に黄塵万丈。
騎馬戦とか棒倒し向きの天候だけどそういうのはやらない。
e0016828_11365029.jpg
サエは100メートルは一位だったそうだが午前中なので見られず、「台風の目」という5人6脚でポールをまわって帰る競技は何位だったか、二年生全員リレー、選抜リレーとあり、選抜の方は先頭走者として二位でバトンタッチしたが結果は三位。
どれもボケ爺さんが撮るからピンボケ。
ブラスバンド部ではサックス、表彰式の「勇者は帰りぬ」などを演奏していた。
e0016828_13242919.jpg
我が中学時代の運動会に比べると規模も小さく大人しい運動会だった。
中学と高校、同じ三年間、あっという間に過ぎてしまう。
ましてサエのように二年生からの途中入学だと慣れたと思ったら受験勉強が始まるし、高校受験の勉強などしなかった俺の頃と比べて可哀想な気もする。
その代わり、なんてたって外国で暮らしたんだもの、羨ましくもある。
e0016828_11280542.jpg
新居を見せてもらって、あとは一人でぶらぶら井の頭公園をめざす。
10分も歩かないで、あ!ここ!記憶に残っている道に出る。
ふっと腰が抜けそうな感覚。
亡き妻、子供たち3人と、5人そろった最後の日々を送った家の近くなのだ。
妻亡きあと、なんどか井の頭公園に来ることがあっても、吉祥寺駅側を歩くのみで、その反対側の家のあった方には足を踏み出せなかった23年間。
e0016828_11272131.jpg
ここで↑毎朝自己流の気功をした。
一時間もやって帰宅すると味噌汁のいい香りがした。
土日の夕方は公園のなかをアちたりコちたり、10キロ近くジョギングした。
買い出しから片付けまで晩飯を作ったこともある。
e0016828_11261894.jpg
子供たちと遊んだ水辺。
家のあったあたりは開発されて、さいしょはどこだったかわからなかったが、大きな欅の木でわかった。
病妻の背中をさすりながら見あげた窓の外の木、そのそよぎを見あげながら「命を連れていかないで」と願った。
e0016828_11265027.jpg
井の頭公園口駅前は昔の面影を残している。
井の頭線に乗って、ふと思いついて新代田で降りる。
新寿湯に入るのは数年ぶりかな。
e0016828_11223776.jpg
熱くて気持ちのいい湯で砂埃をきれいにして、しばらく汗を鎮める。
テレビ「報道特集」で安倍の厚顔無恥な嘘つきぶり、無責任ぶりを暴いている。
結論がわかっていても自民党税調で議論をして決めるという不文律をまったく無視した。
財務省役人が作ったサミット向けの文書を闇に葬って、信じられないような論理を展開した。
リーマン級の危機という言い訳も利かないと、「新しい判断で」とうそぶく。
国のためとかではなく自己保身のために、都合が悪くなればどんどんいうことを変えて押し通す。
まるで駄々っ子、こういう子を育てた親(母)の顔がみた、、くもない。
e0016828_11221279.jpg
風呂を出て環七の面白くもない道を下りだからと言うだけでダラダラと若林まで歩くと世田谷線の電車が見えたので飛び乗る。
三茶から半蔵門線で桜新町に帰り、「はじめ」。
e0016828_11214929.jpg
今夜も久しぶりの人に会えて嬉しい花いちもんめ。
隣り合わせた人たちと高校時代の思い出話などしていたら、俺が一回り年上なのことが分かって「キョウシュク」された。
若く見られていたって、悪いことじゃないのに。
17000歩、歩いたのだから、まあそれほど年寄りでもないのか。

by saheizi-inokori | 2016-06-05 13:04 | こんなところがあったよ | Trackback | Comments(14)
2016年 06月 04日

がんばんのはおらだぢ 木村友祐「イサの氾濫」@「文学2012」

こったらに震災ど原発で痛(いだ)めつけられでよ。家は追んだされるし、風評被害だべ。「風評」つっても、実際に土も海も汚染されでるがら、余計厄介なんだけどな。そったら被害こうむって、まっと苦しさを訴えだり、なぁしておらんどがこったら思いすんだって暴れでもいいのさ(に)、東北人ずのぁ耐えるのよ。取材に来た相手さ(あいでに)も、気遣いかげたぐねぇがら、無理して前向ぎなごと言うのよ。新聞もテレビも、喜んでそういう部分ばり伝える。
e0016828_15564444.jpg
2011年に発表された代表的短編集(日本文藝家協会編)。
e0016828_15562612.jpg
SFまがい、自己喪失、不条理、エンタメみたいな作品が並ぶ前半。
冒頭の引用は、最後の木村友佑「イサの氾濫」、これを読みたくて図書館に予約したのだった。
e0016828_15571906.jpg
将司は、東京にいて不思議だった。震災後は、誰もが急に善良な人になっていた。テレビCMを筆頭にいきなりみんな「日本人」意識にめざめて連帯を口にし、これまで東北のことなど見向きもしなかったくせに、罪滅ぼしのつもりなのか熱いエールを送りはじめた。ホントかよと言いたかった。でもそれをできない空気が満ちていた。
「がんばれ」、遠くからそういってりゃ本人は気が済むかもしれないががんばんのはおらだぢ。
「がんばれ」ずのぁ、相手(あいで)のごども知らねぇのさ(に)、気安ぐ使えばわがねぇ(ダメな)言葉なんだよ。
八戸出身の将司ですら、地元が犠牲者一人という情報で被害を軽くみていて帰省してはじめて惨状をみて「体がザワリと鳥肌立つのをおぼえた」。
結局、東北がどうなろうと、そったらに困る人、いねぇんじゃねえが。
e0016828_18432296.jpg
東北人は、無言の民せ。蝦夷(えみし)征伐で負げで、ヤマトの植民地(しょぐみんち)さなって。もどもど米づくりさ適さ(てぎさ)ねぇ土地(とぢ)なのさ、稲作ば主体どずる西の社会ど同じように、米、ムリクリつぐるごどになって。そのせいで人は大勢飢え死にするし、いづまでたっても貧しさに苦しめられでな。はじめで東北全域が手を結んで、薩長の維新政府軍ど戦(ただが)った戊辰戦争でも負げで。つまり、西さ負げつづげで。勝った薩長のやづらがら「白河以北(いほぐ)、一山百文」なんて馬鹿(ばが)にされで、暗くて寒くて貧しいど思われながら、自分だぢもそう思いながら、黙々(もぐもぐ)と暮らしてきたべ。、、、
したんども、ハァ、その重い口を開いでもいいんでねぇが。
e0016828_18442753.jpg
ほかの作者の作品もそれぞれ面白かった。
とくに、
小中学校時代の女友達が、自殺未遂をして入院していると噂に聞いたので、興味本位で見舞いに行くことにした。
という書き出しの残酷なユーモアに満ちた、綿矢の「憤死」は、笑わせながら若者の内面をあぶりだすし、これもユーモラスな赤染「難破」のヤカンの登場は喜多八の「やかんなめ」を想起させたし、森内「梨の花咲く町で」は鳴門が舞台で土牛「鳴門」の名も出てきて嬉しかった。
e0016828_18462615.jpg
しかし、最後に控えた、俺にとっては初めての作家・木村のストレートな叫びは人間存在が抱える暗い大きな穴が東北と言う空洞と重なり合うかのようで圧倒的な力を感じた。
by saheizi-inokori | 2016-06-04 10:32 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Trackback | Comments(10)
2016年 06月 03日

腐った豆腐を食わせるor不思議な声の義太夫を聴かせるor知ったかぶりをする、どの旦那がいい? 国立演芸場6月上席

今さらとは思うけど、カルト安倍の大嘘、舌足らずのくせに上から目線で御託をならべる画像にむしゃくしゃがおさまらない。
こんなときは落語に限る。
東京かわら版をあたると、あるじゃないか小満んが国立でトリだ。
シニア1300円、六分の入り。
e0016828_10313800.jpg
八ゑ馬「天狗刺し」

上方落語、カラス天狗を生け捕って天スキ、すき焼きにしたら売れるやろな。
天狗はどこで獲れるんやろか?
鞍馬に行って、修行中のぼんさんを天狗と間違えて鳥刺しならぬ天狗刺し、、。
あのぼんさん、どないなるんやろ。
e0016828_10324558.jpg
小せん「千早ふる」

持ち味の軽さ、とぼけた味が生きてきた、浪曲入りが楽しい。
竜田川が千早に振られる理由は醜男、相撲取りだからじやない。

ひびきわたる・キセル漫談

ギャグの連発、「沖縄でおみくじ引いたらキチばかり」「やってほしい大売出し、医者が注射打ち放題・薬飲み放題」「鶴の恩返しの鶴が機織りをしてないので覗いたら携帯でオレオレ、あ、サギになった」、、あまり受けない。
キセルで赤ん坊、雌鶏、オットセイ、アザラシ、トドの泣き声、ペーソスを感じた。
e0016828_09552030.jpg
さん生「替り目」

長い酒呑み談義、せっかく国立に来たんだから、帰りはぜひチエーン店じゃなくて、小料理屋に行くべし。
理想の小料理屋、肉がついてきて、でも後ろから見た肩あたりに、まだ私、女捨ててないのと宣言している未亡人のママ、家に居場所のない60代後半男が「こんどデズニ―シ―に行こう」なんて言うのを「ママは俺に気があるのに」と冷たく眺める50代男、嵐の日にこんな時行くのがモテる秘訣と出かけてみたら鼻下長男で超満員、、まあ、妄想の小料理屋だね。
e0016828_12171341.jpg
小燕枝「ちりとてちん」

「酢豆腐」と似た噺だが、「酢豆腐」の方が好きだ。
「ちりとてちん」は、旦那が目下の金さんにいたずらをしかける。
「酢豆腐」は町の若い衆が、きざな若旦那にいたずらをしかける。
どっちも身から出た錆なのだが。

腐った豆腐を口の中に流し込んだ金さんの表情が面白かった。

ホンキートンク・漫才

蛇を題材にしてぬるっと滑りまくり。
e0016828_10301645.jpg
(平河八幡宮)

圓太郎「馬の田楽」

大声で笑う客、についてのちょっとした噺、大声で笑ってみせながら客をつかむのはさすが。
大声を出すのは仕事柄だと船頭と馬方の話をしてネタに入る。

馬方の多十は馬に、子供に、権じいに、つんぼの婆さんに、大声の出しっぱなし。
それでか後半のいたずらっ子、虎十、土手の男とのやりとりはカット。
婆さんが変な色気を(しつこく)出すのはいかがなものか。
e0016828_10311064.jpg
(終演後、前座たちと喫茶店に入ろうとする小満ん)

アサダ二世・奇術

「今日はちゃんとやりますよ」「こうですよ、どんなもんだ、参ったか」健在。

小満ん「寝床」

藤村の羊羹はめいめいに、料理番は職人三人、えらく評判がいいようだから二十人足して七十人前にして、ほんとに人の好い自信に満ちあふれた大家だ。
「この人にしてこの病あり」、その通り。

頭が来ないと聞いて「本当ならイの一番にきて先頭に立って騒いでくれるのがカシラだろう」、御意。

義太熱、節々が痛む。
中トロについてきたワサビの利くこと!板さんが気ィ利かして義太夫じゃ泣けないだろうから。
店の者たちの欠席事由に「うつ病」、「胃痙攣」で注射を打った、脚気、いろいろ考えるなあ。
アベノタタリ、なんてのもあるかも。
e0016828_10294375.jpg
平河八幡様に参って、銭湯に入って、「はじめ」によって帰る。
はんぺんのグラタンを食って鹿角のSさんたちと笑ったらアベノタタリが少しく軽快した。
あそこに見えるのは火星だろうか。
e0016828_10292411.jpg


by saheizi-inokori | 2016-06-03 11:55 | 落語・寄席 | Trackback | Comments(14)
2016年 06月 02日

俗臭芬々たる現代の政治的宗教 長谷川宏「日本精神史」その15平等院鳳凰堂

「世界経済が大きなリスクに直面している」との認識でサミットは一致した、と真っ赤な嘘をつき、内需喚起を考慮しているかの如き今さらの理由付け。
総理自ら危機を煽って内需喚起もないもんだ。
「二年半後には今度こそ絶対にやる」、信用できるもんか、税金が増える話の約束なんか聞きたくもないけれど、それよりそんなに首相をやらせてなるものか。
e0016828_09563215.jpg
(夕方の駒沢公園)

末世まぢかと信じた平安中期の人々は、仏を念じることで極楽往生できるという浄土思想によって不安からぬけ出そうとした。
アメリカやフランスの洪水、銃乱射事件のやまない、にもかかわらず銃を持っていることがテロの発生を防ぐなどというトランプが大統領になってしまいそうな(クリントンよりもマシ?)アメリカ、シリアなどの難民をよそにEU離脱の是非を論議するイギリス、政権定まらぬスペイン、、など”先進国”のニュースに接するたびに世界の終末を感じ、ひょっとしたら日本はまだましか、などと無理に思い込むのだが、フクシマ、熊本、、そしてアベ、それを操る得体のしれないカルト集団のことを思えば、いけね、日本がいちばんアブネエ。
だから宗教が力を得て国を牛耳るのだろうか。
e0016828_09565439.jpg
してみれば、宗教法人の豪華絢爛な本部建物、寺院こそ平安の浄土思想の平成版か。
e0016828_10574392.jpg
長谷川宏「日本精神史」は、こういう。
美がなにより五感に訴え、五感の受けとめるものだとすれば、極楽往生を願う人びとが鳳凰堂で阿弥陀仏を拝んだり、庭園を散策したり、外から庭や建物をながめたりするとき、みずからの感受する美しさを、それこそ極楽浄土の美しさだと思うのは不自然なことではない。
そしてその極楽とは
庭と建物の施主であり持主である頼道は、父・道長と同様、政治権力の絶頂をきわめた人物だが、池とその周辺には特権的な座が設定されてはいない。贅を尽したその造作からして、頼道が権力とは無縁の衆生としてこの場に身を置いたとはとうてい思えないが、極楽はやはりこの世とまっすぐはつながらず、世俗の権力がそのまま通用するのではないことは、権力者といえども認めざるをえなかったのだ。池のほとりには松や桜を初めとする樹々が配されるが、水と土と木の織りなす清浄な空間は権力性の希薄な美的空間だ。
「権力性が希薄」、ここだよな、平成の権力者の浄土思想との違いは。


by saheizi-inokori | 2016-06-02 11:10 | 今週の1冊、又は2・3冊 | Trackback | Comments(10)